説明

エーザイ・アール・アンド・ディー・マネジメント株式会社により出願された特許

211 - 215 / 215


本発明は、式(I)の化合物を提供し、さらに、それを合成する方法、および癌の治療でそれを使用する方法を提供する:


ここで、R〜R、X、X、R、Q、およびnは、本明細書中で定義したとおりである。ヘミアステルリンの新規誘導体、およびこの種のペプチド一般の生物活性にアクセスしさらに探索する必要性を認識して、本発明は、新規ペプチド化合物(これらは、抗癌活性を示す)を提供する。それゆえ、本発明の化合物、およびそれらの薬学的組成物は、癌を治療するのに有用である。
(もっと読む)


光透過性を有する容器2に液体3を充填した被検査体1を検査するシステム20であって,被検査体1を保持し,保持した被検査体1を傾斜もしくは倒立させて再び元の姿勢に戻す反転装置51と,前記反転装置51によって傾斜もしくは倒立させて再び元の姿勢に戻した直後の被検査体1を撮像する撮像装置91〜96と,前記撮像装置91〜96による画像を処理して被検査体1の良否を判定する撮像処理装置100とを備える。前記反転装置51は,被検査体1の上端部を保持するチャック55と,前記チャック55を水平方向の回転中心軸O2を中心として回転させるチャック回転機構56を備える。 (もっと読む)


ダウン症候群は、根本的な治療がなく、最終目標である社会へ参画するために、先天的な精神運動発達遅滞を改善し、日常生活の行動や社会性の改善を促す治療薬や治療方法を提供する。本発明は、アセチルコリンエステラーゼ阻害剤を含有するダウン症候群治療剤、またはダウン症候群における精神発達遅滞改善剤、または日常生活改善剤である。具体的には、アセチルコリンエステラーゼ阻害剤は、塩酸ドネペジルである。より具体的には、ダウン症候群を患っている患者の知能指数が48以下、及び/または患者の年齢が36歳以下であるダウン症候群治療剤、あるいはダウン症候群における精神発達遅滞改善剤、または日常生活改善剤である。 (もっと読む)


粉末X線回折において、回折角度(2θ±0.2°)19.1°に回折ピークを有する、N−(3−シアノ−4−メチル−1H−インドール−7−イル)−3−シアノベンゼンスルホンアミドの結晶。 (もっと読む)



【化1】


(式中、RおよびRはそれぞれ独立して水素原子、C1−4アルキル基などを意味する。)で表わされる化合物(3a)と、式A−SOCl(式中、Aはシアノフェニル基などを意味する。)で表わされる化合物と、を塩基存在下、水および酢酸C1−6アルキルエステルの混合溶媒中で反応させることを特徴とする、式
【化2】


(式中、A、RおよびRは前記定義と同意義である。)で表わされる化合物(5a)の製造方法。 (もっと読む)


211 - 215 / 215