スペクトラム ファーマシューティカルズ インコーポレイテッドにより出願された特許

1 - 8 / 8


【課題】様々な浸透特性を備えた膀胱癌を治療する薬学的製剤の使用を提供する。
【解決手段】本明細書では、様々な膀胱癌の治療および方法を開示する。本開示は、膀胱癌を個別に標的とする治療を行うために、膀胱のヒト移行上皮癌におけるプロピレングリコール濃度および/またはNAD(P)H:キノン酸化還元酵素−1(NQO1)、チトクロームP450酸化還元酵素(P450R)およびグルコース輸送体(Glut−1)タンパク質発現を利用することができる。本発明には、薬学的製剤も含まれる。具体的に、本発明による一実施形態には、PG約30%vol/vol、PG約20%vol/volおよびPG約10%vol/volからなる群から選択されたプロピレングリコール(PG)濃度の溶液中にEO9を含む薬学的製剤が含まれる。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】プロピレングリコール濃縮物および/またはヒトの膀胱の移行上皮癌におけるNAD(P)H:キノンオキシドレダクターゼ−1(NQO1)、シトクロムP450オキシドレダクターゼ(P450R)およびグルコーストランスポーター1(Glut−1)タンパク質の発現を利用して、個々に標的化した膀胱癌処置を提供すること。
【解決手段】膀胱癌を処置する方法であって、腫瘍内の少なくとも1つの酵素のレベルを決定する工程;該少なくとも1つの酵素のレベルに基づいて処置を選択する工程;および該処置を投与する工程であって、該処置は、キノンに基づく生体内還元性薬剤を、単独で、または別の処置と組み合わせてのいずれかで含む、工程を包含する、方法。 (もっと読む)


ETアゴニストIRL1620などのエンドセリンアゴニストの投与によって放射線療法に腫瘍細胞を感作させるための方法が提供される。本発明は、エンドセリンアゴニストの投与による放射線療法への腫瘍細胞の感作を提供する。エンドセリンアゴニストは、腫瘍への血液供給(および結果として生じる酸素供給)を選択的に増大させ、それによって腫瘍細胞を放射線療法に感作させることによって、この利益を提供する。エンドセリンアゴニストは、腫瘍組織の特殊化した脈管構造とこれらの化合物の相互作用によって、腫瘍細胞への血流を選択的に増大させることが可能である。
(もっと読む)


固形腫瘍を含めた癌の治療に寄与する方法、組成物および製造物品を開示する。前記方法、組成物および製造物品は、化学療法薬の送達とそれによる効果を向上させるためにエンドセリンB作動薬(ETB)を使用することができる。腫瘍は、結合時に血管拡張を引き起こす増加したET受容体を含む特有の血管系を有する。ET受容体は血管拡張剤であることから、ET受容体作動薬は、化学療法薬と組み合わせると、乳癌で見られるような固形腫瘍の治療に有用である。ET受容体作動薬は、化学療法薬をより効果的に腫瘍に送達して、治療を向上させることができる。
(もっと読む)


本発明は、化学療法誘発神経障害の治療に寄与するための、レテプリニム懸濁液を使用する方法および医薬製剤を開示する。本発明による一実施形態は、レテプリニム(SPI−082)を患者に投与して、それにより化学療法誘発神経障害の治療に寄与することを含む方法を含む。本発明による別の一実施形態は、レテプリニム(SPI−082)を患者に投与して、それによりシスプラチン誘発神経障害の治療に寄与することを含む方法を含む。
(もっと読む)


本明細書では、様々な膀胱癌の治療および方法を開示する。本開示は、膀胱癌を個別に標的とする治療を行うために、膀胱のヒト移行上皮癌におけるプロピレングリコール濃度および/またはNAD(P)H:キノン酸化還元酵素−1(NQO1)、チトクロームP450酸化還元酵素(P450R)およびグルコース輸送体(Glut−1)タンパク質発現を利用することができる。本発明には、薬学的製剤も含まれる。具体的に、本発明による一実施形態には、PG約30%vol/vol、PG約20%vol/volおよびPG約10%vol/volからなる群から選択されたプロピレングリコール(PG)濃度の溶液中にEO9を含む薬学的製剤が含まれる。
(もっと読む)


様々な膀胱癌処置および方法が本明細書中で開示される。本開示は、プロピレングリコール濃度および/またはヒトの膀胱の移行上皮癌におけるNAD(P)H:キノンオキシドレダクターゼ−1(NQO1)、シトクロムP450オキシドレダクターゼ(P450R)、およびグルコーストランスポーター1(Glut−1)タンパク質発現を、個々に標的化した膀胱癌処置を提供するために利用し得る。例えば、膀胱癌を処置する方法であって、腫瘍内の少なくとも1つの酵素のレベルを決定する工程;該少なくとも1つの酵素のレベルに基づいて処置を選択する工程;および該処置を投与する工程であって、該処置は、キノンに基づく生体内還元性薬剤を、単独で、または別の処置と組み合わせてのいずれかで含む、工程を包含する、方法が提供される。
(もっと読む)


1 - 8 / 8