一般社団法人ファルマバレープロジェクト支援機構により出願された特許

1 - 9 / 9


【課題】Aggrusを標的とし、3−フェノキシクロモン化合物を有効成分とする血小板凝集抑制剤や、かかる血小板凝集抑制剤を含む血小板凝集抑制やがん腫の予防及び/又は治療のための医薬組成物の提供。
【解決手段】Aggrus依存的な血小板凝集を阻害し、かつAggrusと結合し、CLEC−2との相互作用を阻害する低分子化合物をスクリーニングし、3−フェノキシクロモン化合物群で、特に7位にカルボキシアルキレンオキシ基を有する3−フェノキシクロモン化合物が優れた作用を有することを見出した。該化合物を有効成分として含有する血小板凝集抑制剤や、かかる血小板凝集抑制剤を含む、血小板凝集抑制やがん腫の予防及び/又は治療のための医薬組成物。 (もっと読む)


【課題】カルバゾール誘導体、カルボリン誘導体等を有効成分として含有するEg5阻害剤の提供。
【解決手段】式(I)で表される多環性含窒素複素環化合物又はその薬理学的に許容される塩。


(式中、Q〜Qは、窒素又は−C(X)=を表す) (もっと読む)


【課題】キナゾリン化合物を有効成分として含有する、がん等の細胞増殖阻害剤として有用な医薬組成物を提供すること。
【解決手段】下記式(I)で表されるキナゾリン化合物又はその薬理学的に許容される塩を有効成分として含有する医薬組成物。[式中、Rは、水素原子又は各種置換基を表し、R及びRは、一方の基が、−C(OH)(Ar)R(式中、Arは、アリール基又は芳香族複素環基を表し、Rは、水素原子、アルキル基、アリール基等を表す)を表し、他方の基は、Rと同義である]
【化1】
(もっと読む)


【課題】置換基としてシクロヘキシル基、シクロヘキセニル基またはピペリジノ基を有する非縮合二環性化合物を有効成分として含有するEg5阻害剤を提供する。
【解決手段】式(I)


(式中、XおよびXの片方が、−SONH、−NHSONH、−NHCONH、−NHCSNH等を、他方がRまたはRを表し、RおよびRは、アルキル、ハロゲン等を表し、Rは、水素、ハロゲン等を表し、Zは、窒素または炭素等を表す)で表される非縮合二環性化合物またはその薬理学的に許容される塩を有効成分として含有するEg5阻害剤。 (もっと読む)


【課題】癌細胞の栄養飢餓耐性を阻害する、新規抗癌剤の提供。
【解決手段】式(I)〜(III)で表される化合物の少なくとも一種を有効成分として含有する医薬組成物。
(もっと読む)


【課題】インフルエンザ等に有効な抗ウイルス剤を提供する。
【解決手段】式(I)で表されるピロール誘導体を含有する抗ウイルス剤。


(式中、R、R、RおよびRは、同一または異なって、水素原子、アルキル基、アリール基等を表し、Xは、水素原子、置換アルキル基等を表すか、または、XとR、RとRまたはRとRは、それぞれ、一緒になって環を形成してもよい) (もっと読む)


【課題】ある特定の置換基を有するビアリール誘導体または少なくとも一つの環が芳香族複素環基であるビアリール誘導体を含有してなる抗癌剤を提供する。
【解決手段】式(I)で表されるビアリール誘導体またはそれらの薬理学的に許容される塩を含有してなる抗癌剤。
【化1】


[式中、Xは、アリール基または芳香族複素環基を表し、Z、Z、Z、ZおよびZは、窒素原子、C−R(式中、Rは、水素原子、アルキル、アリール等を表す)であるか、または、隣接する任意の二つが一緒になって−N(R20)−(式中、R20は、水素原子、アルキル、アリール等を表す)、−O−、−S−もしくは−Se−を表し、他は、C−Rを表す] (もっと読む)


【課題】ナフタレン−2,3−ジオール誘導体を含有してなる抗癌剤の提供。
【解決手段】下式で表される誘導体またはそれらの薬理学的に許容される塩。


(式中、X〜Xは、アルキル、アルケニル、アリール、アラルキル、芳香族複素環基等を表し、R〜Rは、水素原子、アルキル基等を表す) (もっと読む)


【課題】優れた抗癌作用を有する新規ピリジニウム誘導体および医薬品の提供。
【解決手段】下式で表されるピリジニウム誘導体を含有してなる医薬を使用する。またピリジニウム環がナフタレン環の2位で結合した新規ピリジニウム誘導体を得た。


(式中、Qは、アリール、芳香族複素環基を、RおよびRは、水素原子、アルキル、アリール等を、mは0〜4を、nは0〜7を、Xは、薬理学的に許容されるアニオンを表す) (もっと読む)


1 - 9 / 9