説明

バイエル・ヘルスケア・エルエルシーにより出願された特許

1 - 10 / 33


【課題】容器に保存された複数の試験センサを用いた、分析対象物の濃度測定結果のバラツキが小さいバイオセンサシステムを提供する。
【解決手段】バイオセンサシステムは、密封された乾燥剤及び複数の試験センサを保存する容器を含む。この容器で保存された試験センサは、容器を50℃の温度で二週間貯蔵した後に、容器から試験センサを取り出し、計測装置において分析対象物の濃度を測定した結果、複数のサンプルが、50mg/dL〜600mg/dLの範囲にわたる濃度を有し、各測定される分析対象物の濃度のバイアスは±10mg/dL又は±10%の範囲内であり、分析対象物の濃度の変動係数は最大で2.5%である性能を有する。 (もっと読む)


サンプル中の分析対象物の濃度を測定するためのバイオセンサシステムは、複数の試験センサを含み、乾燥剤を含む容器を含む。複数の試験センサが、容器中に50℃の温度で二週間密封されたのち容器から取り出され、その後、各試験センサが、少なくとも二つの導体を介して計測装置に接続されたのち分析対象物を含む複数のサンプルの一つの接触し、複数のサンプルが、10mg/dL〜600mg/dLの範囲にわたる分析対象物濃度を有し、各サンプル中の分析対象物濃度が試験センサ及び計測装置によって計測される場合、各計測される分析対象物濃度のバイアスは±10mg/dL又は±10%の範囲内である。
(もっと読む)


診断システムは検査の処置においてテストセンサを受容するように構成されるメータを含む。診断システムはメータに接続される演算処理装置もまた含む。テストセンサは検査の処置において液サンプルを受容する。メータは液サンプル中の被分析物の濃度の測定値を判定する測定システムを含む。演算処理装置はメータからの測定値を受信しそして処理する。演算処理装置は、特に異常又は例外的な状況が発生したときに診断システムをどのように操作するかに関する、視覚的及び/又は聴覚的な指示を提供する強化された処理及び提示の能力を有する。
(もっと読む)


バイオセンサシステムは、被分析物のレドックス反応から生成された出力信号から、被分析物濃度を判定する。バイオセンサシステムは、出力信号から抽出されるか、ゲートアンペロメトリのさらなる複合指数関数により、出力信号から被分析物濃度を判定するための相関を調整する。指数値(R)は、中間出力電流(i)の比率として計算される。複合指数関数(f(C Index))は、重み係数(a)が多変数回帰からの結果である、重み付けされた指数値(a.R)の線形の組み合わせである。複合指数関数は、傾き偏差値&デルタ;Sを判定する。被分析物濃度と出力信号との間の傾き調整された相関を使用し、バイアスに帰すことができる構成要素を包含する出力信号から、改善された正確性および/または精度を有する被分析物濃度を判定する。
(もっと読む)


被分析物のレドックス反応を選択的に実施するための反応手段と、被分析物のレドックス反応の速度を測定するための測定手段とを包含する、試料中の被分析物の濃度を判定するためのバイオセンサシステムが開示される。反応手段は、バインダと、緩衝塩と、最高20%(w/w)の無機非遷移金属塩を包含するメディエータと、酵素系とを包含する。測定手段は、少なくとも二つの導体を包含する。測定手段により、反応手段に試料を導入してから最長7秒以内の最大動的性能において、試料中の被分析物の濃度に対応する、反応手段からの出力信号値を測定し、測定手段が少なくとも一つの誤差パラメータに対応する、少なくとも一つのΔS値を判定する。測定手段がさらに、少なくとも一つの参照相関と少なくとも一つのΔS値と最低でも0.5のR値とを包含する補正式から、試料中の被分析物濃度を判定する。
(もっと読む)


液体試料中の検体を試験するための試験システム(10)は、健康データの測定に関する情報を表示するための表示装置(22)を含むユーザー・インターフェース(20)及び健康データに関する情報をユーザーから受け取るための入力機器(24)を含む。試験システムはさらに、コントロール液の試験が、液体試料の試験から識別可能な、コントロール液の試験結果を識別することに適合した自動マーキング機能を含む。コントロール液の試験結果は、ユーザー・インターフェース経由でユーザーに表示される健康データの測定に関する情報の中には含まれない。
(もっと読む)


バイオセンサシステムは、被分析物の光識別可能な種またはレドックス反応から生成された出力信号から、被分析物濃度を判定する。バイオセンサシステムは、出力信号から抽出された1つ以上の指数関数で、出力信号から被分析物濃度を判定するために、相関関係を調整する。指数関数は、1つ以上のエラーパラメータからの、少なくとも1つの勾配偏差値ΔSまたは正規化勾配偏差を決定する。被分析物濃度と出力信号との間の勾配調整された相関関係は、バイアスに起因する成分を含む出力信号から、改善された確度および/または精度を有する被分析物濃度を判定するために使用されてもよい。
(もっと読む)


半導体材料を含む基板を含む分析対象物センサーを供給する。実施形態は、導電性の材料の芯と半導体材料のクラッディングとを含むことができ、クラッディングは、分析対象物センサーの作動電極の為の導電パスの少なくとも一部を形成し得る。多数の他の態様と同様に、分析対象物センサーの製造および使用方法が記載される。
(もっと読む)


流体サンプルの分析対象物に関する情報を判定するための一体型の測定システムが、ハウジングを包含するメータと、複数の試験用センサとを包含する。複数の試験用センサの各々が、貫通部材、検査部分、およびチャネルを包含する。チャネルが、流体サンプルを受け入れるように構成される。試験用センサは、ハウジング内に取り外し可能に配置される。試験用センサのうちの少なくとも1つが、隣の試験用センサへと取り外し可能に接続される。さらに、一体型の測定システムは、試験用センサを前進させるように構成された試験用センサ送り機構を包含する。
(もっと読む)


分析対象物に関連する情報を決定するように適合される、電気化学的試験センサ上に試薬を被着させる方法は、ベースの提供および該ベース上への電極パターンの形成を含む。この方法は、試薬分配システムを用いて、少なくとも該電極パターン上に試薬を被着させることをさらに含む。試薬分配システムは、少なくとも該電極パターン上に湿潤試薬液滴を提供することを支援するために、試薬分配システム内の試薬に機械的力を加える。
(もっと読む)


1 - 10 / 33