ザイジェン エス.アー.により出願された特許

1 - 10 / 17


【課題】c−Junアミノ末端キナーゼ(JNK)タンパク質の有効なインヒビターである、JNKタンパク質に結合し、JNK発現細胞においてJNK媒介効果を阻害する細胞透過性ペプチドを提供すること。
【解決手段】本発明は、細胞におけるJNKの活性化と関連する病態生理学を処置する方法を含む。例えば、標的細胞は、例えば、培養動物細胞、ヒト細胞または微生物であり得る。送達は、キメラペプチドが、診断目的、予防目的または治療目的に使用され個体にキメラペプチドを投与することによりインビボで行われ得る。 (もっと読む)


【課題】JNKのシグナル伝達経路に関する新しい種類の阻害剤を提供する。
【解決手段】本発明は、タンパク質キナーゼ阻害剤に関し、より具体的にはタンパク質キナーゼc‐Junアミノ末端キナーゼの阻害剤に関する。さらに、本発明は、JNK阻害剤配列、キメラペプチド、およびそれらをコードする核酸、ならびにJNKのシグナル伝達に関連する病態生理を治療するための薬理学的組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】c−Junアミノ末端キナーゼ(JNK)タンパク質の有効なインヒビターである、JNKタンパク質に結合し、JNK発現細胞においてJNK媒介効果を阻害する細胞透過性ペプチドを提供すること。
【解決手段】本発明は、細胞におけるJNKの活性化と関連する病態生理学を処置する方法を含む。例えば、標的細胞は、例えば、培養動物細胞、ヒト細胞または微生物であり得る。送達は、キメラペプチドが、診断目的、予防目的または治療目的に使用され個体にキメラペプチドを投与することによりインビボで行われ得る。 (もっと読む)


本発明は、対象物質(積荷分子)を白血球に輸送するための特定の輸送体−積荷コンジュゲート分子の使用に関する。前記輸送体−積荷コンジュゲート分子は、白血球が関与する疾患及び/又は障害の治療、予防、減衰、及び/又は回復のために用いることができる。また、本発明は、前記輸送体−積荷コンジュゲート分子の製造、対象物質(積荷分子)を白血球に輸送する方法、及び前記輸送体−積荷コンジュゲート分子又はその断片を含む白血球に関する。 (もっと読む)


本発明は、一般式(I)DLLL(LLLで表される新規輸送体コンストラクト及びその変異体に関する。また、本発明は、輸送体−積荷コンジュゲート分子、特に、例えば、タンパク質又はペプチド、核酸、細胞毒性剤、有機分子などの積荷部分を有する新規輸送体コンストラクトのコンジュゲートに関する。本発明は、更に、これらコンジュゲートを含む(医薬)組成物、かかる輸送体コンストラクトを用いる治療方法、及びかかる輸送体コンストラクトの使用を開示する。 (もっと読む)


【課題】新規のJNK阻害剤ペプチド(「JNKIペプチド」)、ならびにそれが存在しているペプチドを所望の細胞位置に向けるために用いることができる輸送ペプチドと結合したJNKペプチド阻害剤などのキメラペプチドを提供すること。
【解決手段】新規のJNK阻害剤ペプチド(「JNKIペプチド」)、ならびにそれが存在しているペプチドを所望の細胞位置に向けるために用いることができる輸送ペプチドと結合したJNKペプチド阻害剤などのキメラペプチド。 (もっと読む)


【課題】エフェクターの生体膜を通した移送を容易にすることができるアミノ酸配列を
提供することを課題とする。
【解決手段】上記課題は、多量体トランスポーターペプチドを提供することによって、
解決された。この多量体トランスポーターペプチドは、[P]−[スペーサー]−コ
ア−[リンカー]−[レポーター]の式を有し、ここでPは、(XRXRX)、
(XRRRX)、(XRRXRX)および(XRXRRX)からなる群から選
ばれる少なくとも1種のアミノ酸配列を含むトランスポーターペプチド、Xは非塩基性アミノ酸、mは0〜14の整数、nはmとは独立に0と14との間の整数、oはmおよびnとは独立に0と5との間の整数、vは2〜8の整数、x、yおよびzは独立に0または1、各Pは同じでも異なっていてもよい。 (もっと読む)


本発明は、JNKシグナル伝達に強く関連する種々な疾患または障害を治療するための、プロテインキナーゼ阻害剤の使用に関し、特に、プロテインキナーゼc−Junアミノ末端キナーゼの阻害剤、JNK阻害剤配列、キメラペプチド、または、これをコードする核酸、およびこれを含有する薬剤組成物の使用に関する。ここで、上記疾患または障害は、自己免疫疾患、心疾患、癌疾患、糖尿病(1型または2型糖尿病を含む)、炎症性疾患、脱毛症(円形脱毛症を含む)、肺の疾患、神経疾患または神経変性疾患、肝臓の疾患、脊椎の疾患、子宮の疾患、ウイルス感染症、および鬱病から選択される。 (もっと読む)


本発明は、大腸炎などの非慢性または慢性の炎症性消化器疾患を治療するための、プロテインキナーゼ阻害剤の使用に関し、より詳細には、プロテインキナーゼc−Junアミノ末端キナーゼの阻害剤の、JNK阻害剤配列の、キメラペプチドの、または、これをコードする核酸の、およびこれを含有する薬剤組成物の使用に関する。大腸炎には、例えば、潰瘍性大腸炎、クローン大腸炎、空置大腸炎、虚血性大腸炎、感染性大腸炎、激症大腸炎、化学的大腸炎、顕微鏡的大腸炎、リンパ球性大腸炎、および、非定型大腸炎などが含まれる。 (もっと読む)


【課題】以下のアミノ酸配列:a)(XRXRX);b)(XRRRX);c)(XRRXRX);およびd)(XRXRRX)、からなる群より選択される、少なくとも一つのアミノ酸配列を含む輸送体ペプチドであって、ここで、Xは非塩基性アミノ酸であり、mは、0から14の整数であり、nは、mとは独立した、0と14の間の整数であり、oは、mおよびnとは独立した、0と5の間の整数であり、ここで該輸送体ペプチドは、生物学的膜を横切って移動することが可能である、輸送体ペプチドを提供すること。
【解決手段】明細書中に記載される輸送体ペプチドに対してファージライブラリーをスクリーニングする方法。 (もっと読む)


1 - 10 / 17