説明

バイエル・ファルマ・アクチェンゲゼルシャフトにより出願された特許

101 - 110 / 141


本発明は、新規置換オキサゾリジノン類、それらの製造方法、疾患の処置および/または予防のためのそれらの使用、並びに疾患、特に血栓塞栓性障害の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。

(もっと読む)


本発明は、新規置換オキサゾリジノン類、それらの製造方法、疾患の処置および/または予防のためのそれらの使用、並びに疾患、特に血栓塞栓性障害の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。

(もっと読む)


本発明は、聴覚障害、即ち、難聴および耳鳴りの処置用の、PDE−5阻害剤を含む医薬組成物を提供する。本発明は、また、聴覚障害、即ち、難聴および耳鳴りの処置用の医薬の製造において使用するための、そのようなPDE−5阻害剤のスクリーニング方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、ヒトまたは動物の臓器、臓器の一部、組織または組織の一部の灌流および保存に適する溶液に関する。当該溶液は、NOに依存しない可溶性グアニル酸シクラーゼの刺激剤および活性化剤を含む群から選択される少なくとも1種の活性物質を含有する。本発明は、さらに、本発明による溶液の製造方法、および、様々な医療処置における、特に移植医療の分野における、当該溶液の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、新規ヘテロアリール置換ピラゾール化合物、そのような化合物を含有する医薬組成物、並びに、過剰増殖および/または血管新生障害の処置のための、単剤としての、または、他の有効成分または治療手段と組み合わせた、これらの化合物または組成物の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、肺高血圧の処置および/または予防のための、Xa因子阻害剤、特に式(I)のオキサゾリジノン類の使用、並びに、肺高血圧の処置および/または予防用の医薬の製造のためのそれらの使用に関する。

(もっと読む)


本発明は、疾患の処置に使用される、対象の細胞においてコードされたタンパク質または核酸治療分子を制御発現させるための、改良された発現系を提供する。特に本発明は、改良された制御遺伝子発現系、ならびに疾患を処置するためのその医薬組成物およびその使用を提供する。
(もっと読む)


本発明は、新規のラクタム置換ジカルボン酸誘導体、それらの製造方法、疾患の処置および/または予防におけるそれらの使用に関する。本発明は、また、疾患の処置および/または予防用の、特に心血管障害の処置および/または予防用の医薬の製造における該物質の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、新規の式(I)の置換二安息香酸誘導体(式中、Aは式(II)または(III)の基を表す)、それらの製造方法、並びに、疾患の処置および/または予防におけるそれらの使用に関する。本発明はまた、疾患の処置および/または予防用の、特に心血管疾患の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。

(もっと読む)


本発明は、置換イミダゾピリミジン類およびトリアゾロピリミジン類、それらの製造方法、並びに、疾患の、特に血液疾患の、好ましくは白血球減少症および好中球減少症の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


101 - 110 / 141