説明

バイエル・ファルマ・アクチェンゲゼルシャフトにより出願された特許

11 - 20 / 141


本発明は、いくつかの腫瘍、例えば肺がん、結腸直腸がん、膵がん、前立腺がん、腎がんおよび乳がんにおいて過剰発現する膜固定型29kDa C4.4aポリペプチドに特異的な、組換え抗原結合領域ならびにそのような抗原結合領域を含有する抗体および機能的フラグメントを提供する。したがって、これらの抗体は、これらの障害および他の障害を処置するために使用することができる。また、本発明の抗体は、診断薬分野において使用することができ、がんに関連する障害の進行におけるC4.4aの役割をさらに調査するためにも使用することができる。本発明は、前記の抗体をコードする核酸配列、それを含有するベクター、医薬組成物、および使用説明書を含むキットも提供する。 (もっと読む)


本願発明は、ヨウ素で標識するのに適する、または既にヨウ素で標識されているヨウ素標識のホモグルタミン酸およびグルタミン酸ならびにそのアナログ、かかる化合物の製造法、かかる化合物を含む組成物、かかる化合物または組成物を含むキット、およびかかる化合物、組成物またはキットの診断撮影または放射線療法のための使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、プロテインチロシンキナーゼ阻害活性を有する新規4−(フロ[3,2−c]ピリジン−2−イル)−1,4−ジヒドロピリジン誘導体に、その製造方法に、及びc−Met媒介性の疾病もしくはc−Met媒介性の状態、特に癌および他の増殖性疾患の処置用のその使用に関する。 (もっと読む)


本願発明は、F−18標識のグルタミン酸誘導体へのアクセスを提供する方法に関する。 (もっと読む)


本願発明は、18Fまたは19Fで標識するのに適する、または既に18Fまたは19Fで標識されているホモグルタミン酸誘導体、かかる化合物の製造法、かかる化合物を含む組成物、かかる化合物または組成物を含むキット、およびかかる化合物、組成物またはキットの診断撮影のための使用に関する。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、点滴液剤またはこれらの点滴液剤を産生するための濃縮液として適する、(−)−(R)−3−(2−ヒドロキシメチル−インダニル−4−オキシ)−フェニル−4,4,4−トリフルオロブタン−1−スルホネート含有水性製剤を提供することである。
【解決手段】(−)−(R)−3−(2−ヒドロキシメチルインダニル−4−オキシ)フェニル4,4,4−トリフルオロブタン−1−スルホネート(I)およびシクロデキストリンを含む水性製剤により、上記の課題を解決する。 (もっと読む)


本発明は、純粋なガドリニウム錯体(ガドブトロール)から開始する、カルコブトロールとしても知られる10-(2,3-ジヒドロキシ-1-(ヒドロキシメチル)プロピル)-1,4,7,10-テトラアザシクロデカン-1,4,7-三酢酸のカルシウム錯体の製造方法に関する。さらに、本発明は、これまでには知られていない純度レベルを有するカルコブトロールに関する。 (もっと読む)


本願は、新規な3−フェニルプロピオン酸に、疾患の処置および/または予防におけるその使用に、および疾患の処置および/または予防用の、特に心血管障害の処置および/または予防用の医薬の製造におけるその使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、一般式(I):


(I)
[式中:R1、R2、R3、R4、R5およびAは、特許請求の範囲に定義のとおりである]
で示される置換されたベンゾスルホンアミド化合物、該化合物の調製方法、該化合物を含む医薬組成物および組み合わせ物ならびに単独の物質としてまたは他の活性成分と組み合わせて、疾患、特に、過剰増殖性疾患および/または血管新生疾患の処置または予防のための医薬組成物の製造における該化合物の使用に関する。
(もっと読む)


本発明は、一般式(I):


(I)
[式中:R、R、R、R3a、R、R、R、R、R、R、およびXは、特許請求の範囲に定義のとおりである]
で示される置換されたハロフェノキシベンズアミド誘導体化合物、該化合物の調製方法、該化合物を含む組成物および組み合わせ物ならびに単独の物質としてまたは他の活性成分と組み合わせて、疾患、特に、過剰増殖性疾患および/または血管新生疾患の処置または予防のための医薬組成物の製造における該化合物の使用に関する。
(もっと読む)


11 - 20 / 141