説明

バイエル・ファルマ・アクチェンゲゼルシャフトにより出願された特許

21 - 30 / 141


本発明は、電磁放射線手段による、医療用ヒル抽出物におけるウイルスおよび/または細菌の不活性化法を提供する。
(もっと読む)


本発明は、タンパク質チロシンキナーゼ阻害活性を有する新規フッ化2,6−ジアルキル−3,5−ジシアノ−4−(1H−インダゾール−5−イル)−1,4−ジヒドロピリジン誘導体、それらの製造方法、並びに、c−Metに媒介される疾患またはc−Metに媒介される症状、特に癌および他の増殖性障害の処置のためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、タンパク質チロシンキナーゼ阻害活性を有する新規フルオロ置換3,5−ジシアノ−4−(1H−インダゾール−5−イル)−2,6−ジメチル−1,4−ジヒドロピリジン誘導体、それらの製造方法、並びに、c−Metに媒介される疾患またはc−Metに媒介される症状、特に癌および他の増殖性障害の処置のためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


本願発明は、本願明細書に記載および定義される一般式(I)で示される置換された(ヘテロアリールメチル)チオヒダントイン化合物に、その製造方法に、障害の治療および/または予防における使用に、および障害、特に前立腺癌の治療および/または予防用の医薬の製造における使用に関する。

(もっと読む)


本願発明は、子宮平滑筋腫、平滑筋腫としても知られている、子宮筋腫を治癒および/または防止するための、アンドロゲン受容体アンタゴニストの使用に言及する。特に、本願発明は、子宮筋腫を治療するための、以下の群:酢酸サイプロテロン、オキセンドロン、酢酸クロルマジノン、スピロノラクトン、酢酸オサテロン、ジエノゲスト、フルタミド、ヒドロキシフルタミド、ニルタミド、ビカルタミド、RU58841、LGD−2226、MDV3100、BMS−641988、BMS−779333または4−(3−{[6−(2−ヒドロキシ−2−メチルプロポキシ)ピリジン−3−イル]メチル}−4,4−ジメチル−5−オキソ−2−チオキソイミダゾリジン−1−イル)−2−(トリフルオロメチル)ベンゾニトリル(チオキソイミダゾリジン誘導体)のいずれか1つの化合物である、アンドロゲン受容体アンタゴニストの使用に言及する。 (もっと読む)


本発明は、一般式 (I) :


(式中、


(II)、R、R、R、R、R、nおよびmは明細書および特許請求の範囲に記載したとおりである)の置換アミノキノキサリン化合物、該化合物の製造方法、該化合物を含む医薬組成物および組合せ、疾患の処置または予防のための医薬組成物を製造するための該化合物の使用、ならびに該化合物の製造において有用な中間体化合物に関する。
(もっと読む)


本発明は、新規の、複素環で置換された1−カルボニルメチル−3−アリール−1,2,4−トリアゾール−5−オン、その製造方法、疾患の治療および/または予防のためのその単独使用または併用使用、および疾患の治療および/または予防のための、特に心血管障害の治療および/または予防のための薬剤の製造のためのその使用に関する。本化合物はバソプレシン受容体拮抗薬である。
(もっと読む)


本願発明は蛋白チロシンキナーゼ阻害活性を有する新規な4−(インダゾール−5−イル)−4,7−ジヒドロイソオキサゾロ[5,4−b]ピリジン誘導体、その製法、およびc−Met介在疾患またはc−Met介在症状、特に癌および他の増殖性障害を治療するためのその使用に関する。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、疾患、特に心血管および血液の疾患の処置に用いることができる新規化合物を提供することである。
【解決手段】式(I)のジヒドロピラゾロン誘導体、それらの製造方法、疾患の処置および/または予防のためのそれらの使用、および、疾患、特に、心血管および血液疾患、腎臓疾患の処置および/または予防用、および、創傷治癒の促進用の医薬を製造するためのそれらの使用を提供する。この化合物は、HIFプロリル4−ヒドロキシラーゼの特異的阻害剤として作用し、この特異的作用メカニズムを基礎として、非経腸または経口投与の後に、インビボで、例えばエリスロポエチンなどのHIF標的遺伝子の誘導、並びに、例えば赤血球新生などのそれに起因する生物学的過程をもたらす。
(もっと読む)


本発明は、新規の置換ピペリジン、その製造方法、疾患の処置および/または予防のためのその使用ならびに疾患、特に、心血管障害および腫瘍性障害の処置および/または予防のための医薬を製造するためのその使用に関する。
(もっと読む)


21 - 30 / 141