説明

バイエル・ファルマ・アクチェンゲゼルシャフトにより出願された特許

31 - 40 / 141


本発明は、新規の置換ピペリジン、その製造方法、疾患の処置および/または予防のためのその使用ならびに疾患、特に、心血管障害および腫瘍性障害の処置および/または予防のための医薬を製造するためのその使用に関する。
(もっと読む)


本発明は、細胞傷害剤、例えばマイタンシンもしくはその融合体と複合化され、そして/または1種以上のさらなる抗がん剤と共に投与されるかもしくは製剤されている、メソテリンと結合する抗体、例えばモノクローナル抗体またはその抗体フラグメントからなる免疫複合体を提供する。本発明の免疫複合体は、がん、例えば固形主要を処置および/または診断および/またはモニターする本発明の方法に使用できる。本免疫複合体は、膵臓および卵巣腫瘍、中皮腫および肺がん細胞のような様々な主要において過剰発現されている、40 kDaの膜係留メソテリンポリペプチドに特異的である、抗体および抗原結合領域を含む機能的フラグメントを含む。 (もっと読む)


本発明は、新規スルホン酸アミドまたはスルホキシイミン−置換1,4−ジアリールジヒドロピリミジン−2−オン誘導体、それらの製造方法、疾患の治療および/または予防(特に、肺および心血管系の障害の治療および/または予防)のためのそれらの単独使用または併用使用、ならびに疾患の治療および/または予防(特に、肺および心血管系の障害の治療および/または予防)のための薬剤の製造のためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、新規の置換ピペリジン誘導体、その製造方法、疾患の処置および/または予防のためのその使用ならびに疾患、特に、心血管疾患および腫瘍性疾患の処置および/または予防のための医薬を製造するためのその使用に関する。
(もっと読む)


本願発明は、新規な置換フェニルアラニン誘導体に、その製造方法に、疾患の治療および/または予防のためのその単独でのまたは併用での使用に、また疾患の治療および/または予防のための、さらに詳細には心血管障害の治療および/または予防のための医薬の製造におけるその使用に関する。 (もっと読む)


本願発明は、新規な置換2−アセトアミド−5−アリール−1,2,4−トリアゾロンに、その製造方法に、疾患の治療および/または予防のためのその単独でのまたは併用での使用に、また疾患の治療および/または予防のための、さらに詳細には心血管障害の治療および/または予防のための医薬の製造におけるその使用に関する。
(もっと読む)


本願は、オキソ置換のアザ複素環部分構造を有する新規なカルカルボン酸に、その疾患の処置および/または予防における使用に、およびその疾患の処置および/または予防用の、特に心血管障害の処置および/または予防用の医薬の製造における使用に関する。
(もっと読む)


本発明は、タンパク質チロシンキナーゼ阻害活性を有する新規二および三環式インダゾール置換1,4−ジヒドロピリジン誘導体、それらの製造方法、並びに、c−Metに媒介される疾患またはc−Metに媒介される症状、特に癌および他の増殖性障害の処置のためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、新規6−アルキルアミノ置換ジシアノピリジン類、それらのアミノ酸エステルプロドラッグ、それらの製造方法、疾患の処置および/または予防のためのそれらの使用、並びに、疾患の処置および/または予防用、好ましくは心血管障害の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。

(もっと読む)


【課題】消化管で長時間にわたり活性成分の放出プロファイルを有する薬物製剤の提供。
【解決手段】下記(a)、(b)及び(c)の構成を有する、活性成分の放出を制御するマトリックスシステム薬物製剤であって、2時間で80%、16時間で80%の活性成分の平均放出を有し、放出の最初の時間で活性成分の60%以下の初期放出を有する製剤:(a)1−シクロプロピル−7−([S,S]−2,8−ジアザビシクロ[4.3.0]ノン−8−イル)−6−フルオロ−1,4−ジヒドロ−8−メトキシ−4−オキソ−3−キノロンカルボン酸又はその薬学的に許容される塩及び/又はその水和物から選ばれる30から77.3重量%の活性成分、(b)少なくとも15mPa.sの粘度(20℃で2%強度の水溶液として測定)を有する19.3から50重量%の水膨潤性ポリマー、及び(c)0から50重量%の薬学的に許容される助剤又はキャリアーを含有する。 (もっと読む)


31 - 40 / 141