説明

バイエル・ファルマ・アクチェンゲゼルシャフトにより出願された特許

41 - 50 / 141


本発明は、可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)およびホスホジエステラーゼ(PDE)並びにsGC刺激剤、sGC活性化剤およびPDE阻害剤の薬理に関する。より具体的には、本発明は、男性の勃起不全(MED)の処置、特に処置が困難な患者、および、PDE5阻害剤に応答しないか、完全には応答しない患者のMED処置用の医薬を製造するための、PDE5阻害剤と組み合わせたsGC刺激剤およびsGC活性化剤の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、新規な脂肪族置換のピラゾロピリジンに、その調製方法に、疾患の治療および/または予防のための、単独でのまたは併用でのその使用に、および疾患の治療および/または予防のための、特に心血管障害の治療および/または予防のための医薬を調製するためのその使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、新規の複素環と縮合したジアリールジヒドロピリミジン誘導体、それらの製造方法、疾患の処置および/または予防のための、単独での、または組み合わせてのそれらの使用、並びに、疾患の処置および/または予防用、特に肺および心血管系の疾患の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、4−({(4−カルボキシブチル)[2−(2−{[4−(2−フェニルエチル)ベンジル]オキシ}フェニル)エチル]アミノ}メチル)安息香酸の新しい形態、特に変態I、それらの製造方法、それらを含む医薬および闘病のためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、4−({(4−カルボキシブチル)[2−(2−{[4−(2−フェニルエチル)ベンジル]オキシ}フェニル)エチル]アミノ}メチル)安息香酸の新規な形態に、特にフォームAの一水和物に、その調製方法に、該化合物を含む医薬に、および疾患に対処するためのその使用に関する。
(もっと読む)


本発明は、式(I){式中、Rは水素またはメチルであり、RPDは式(II)または(III)の基であり、ここで、#は各々のO原子を有する結合部位である}の2−アミノ−6−({[2−(4−クロロフェニル)−1,3−オキサゾール−4−イル]メチル}スルファニル)−4−(4−{[2,3−ジヒドロキシプロピル]オキシ}フェニル)ピリジン−3,5−ジカルボニトリル類のアミノ酸エステルのプロドラッグ誘導体、それらの製造方法、疾患の処置および/または予防のためのそれらの使用、並びに、疾患、特に心血管障害の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。

(もっと読む)


本発明は、式(I){式中、RPDは式(Ia)、(Ib)、(Ic)または(Id)の基であり、ここで、#は各々のO原子への結合部位を意味する}のジペプチド様プロドラッグ誘導体、それらの製造方法、疾患の処置および/または予防のためのそれらの使用、並びに、疾患、特に心血管障害の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。

(もっと読む)


【課題】本発明の課題は、改善されたバイオアベイラビリティーを有するアデノシン受容体リガンドを見出し、または製造することである。
【解決手段】置換2−チオ−3,5−ジシアノ−4−フェニル−6−アミノピリジン化合物、それらの製造方法、および医薬としてのそれらの使用を提供する。本発明の化合物は、価値ある薬理学的な活性スペクトルを示し、従って、疾患の予防および/または処置に特に適切である。また、先行技術と比較して、本発明の化合物は、優れた薬物動態学的性質を有し、特に経口投与によって優れたバイオアベイラビリティーを有する。 (もっと読む)


本発明は、新規置換ベンジル−1,2,4−トリアゾロン類およびフェニルスルホニル−1,2,4−トリアゾロン類、それらの製造方法、疾患の治療および/または予防のためのそれらの単独使用または併用使用、ならびに疾患、特に、心血管障害の治療および/または予防に使用される薬剤の製造のためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、ニフェジピンまたはニソルジピンおよび少なくとも1種のアンジオテンシンIIアンタゴニストおよび/または少なくとも1種の利尿剤の有効成分の組み合わせを含む医薬投与形であって、ニフェジピンまたはニソルジピンが体内で制御(修飾)された方法で放出され、アンジオテンシンIIアンタゴニストおよび/または利尿剤が速く放出される(即時放出(IR))ことを特徴とする医薬投与形、ならびに、その製造方法、医薬としてのその使用、ならびに障害の予防、二次予防または処置のためのその使用に関する。 (もっと読む)


41 - 50 / 141