説明

バイエル・ファルマ・アクチェンゲゼルシャフトにより出願された特許

61 - 70 / 141


本発明は、心不全および/またはそれに関連する疾患を処置、予防または管理するための、少なくとも1種のジアリールウレア化合物を、場合により少なくとも1種のさらなる治療剤と組み合わせて含む、医薬組成物に関する。有用な組合せには、例えば、ジアリールウレア化合物としてのBAY43−9006が含まれる。 (もっと読む)


本発明は、タンパク質チロシンキナーゼ阻害活性を有する新規アネレート化4−(インダゾリル)−1,4−ジヒドロピリジン誘導体、それらの製造方法、並びに、c−Metに媒介される疾患またはc−Metに媒介される症状、特に癌および他の増殖性障害の処置のためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、タンパク質チロシンキナーゼ阻害活性を有する新規4−(インダゾリル)−1,4−ジヒドロピリジン誘導体、それらの製造方法、並びに、c−Metに媒介される疾患またはc−Metに媒介される症状、特に癌および他の増殖性障害の処置のためのそれらの使用に関する。

(もっと読む)


本発明は、5−クロロ−N−({(5S)−2−オキソ−3−[4−(3−オキソ−4−モルホリニル)フェニル]−1,3−オキサゾリジン−5−イル}メチル)−2−チオフェンカルボキサミド(リバロキサバン)とマロン酸の新規共結晶化合物、その製造方法、それを含む医薬および闘病におけるその使用に関する。 (もっと読む)


本願は、新規2−アルコキシ置換ジシアノピリジン類、それらの製造方法、疾患の処置および/または予防のためのそれらの使用、並びに、疾患の処置および/または予防用、好ましくは心血管障害の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


式Ia


の化合物:
本発明は、新規インダゾリル誘導体、かかる誘導体を含む医薬組成物、かかる新規誘導体の製造方法およびかかる誘導体の医薬としての使用に関する。
(もっと読む)


式Ia


の化合物:
本発明は、新規インダゾリル誘導体、かかる誘導体を含む医薬組成物、かかる新規誘導体の製造方法および医薬としてのかかる誘導体の使用に関する。
(もっと読む)


本発明は、聴覚障害、即ち、難聴および耳鳴りの処置用の、可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)の刺激剤または活性化剤を単独または組合せで含む医薬組成物を提供する。 (もっと読む)


本発明は、置換イミダゾ−およびトリアゾロピリミジン類、イミダゾ−およびピラゾロピラジン類およびイミダゾトリアジン類、およびそれらの製造方法、並びに、疾患の、特に血液疾患の、好ましくは白血球減少症および好中球減少症の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。式(I)、式中、Aは式(II)、(III)、(IV)、(V)または(VI)の基(式中、#は、Rにより置換されている複素環への結合点を表し、#は、R13が結合している炭素原子への結合点を表し、
は、Rが結合している炭素原子への結合点を表す)を表す。

(もっと読む)


本発明は、新規1,4−ジアリールピリミド[4,5−d]ピリダジン−2,5−ジオン誘導体、それらの製造方法、疾患の処置および/または予防のための、単独での、または組み合わせてのそれらの使用、並びに、疾患の処置および/または予防用、特に肺および心血管系の障害の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


61 - 70 / 141