説明

メタウォーター株式会社により出願された特許

141 - 150 / 277


【課題】複数送信元のうちの任意の送信元に係るデータの変化に影響を受ける他の送信元に係るデータを、全送信元に係るデータの中から効率的に検索できる装置等を提供する。
【解決手段】当該装置は、(A)データを送信元毎に記録するデータ記録部と、(B)一の送信元からのデータ値の変化に応じて変化する他の送信元からのデータが現れる確率(出現率)の時間推移モデルを生成する出現率モデル生成部と、(C)出現率の時間推移モデルと、データ記録部の各送信元からのデータとに基づいて、各送信元からのデータに係る重み付け値を算出する重み付け算出部と、(D)重み付け値が最も大きいものから降順に所定の数の送信元を検索し記録する送信元検索選択部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】メタン発酵槽内に発生した泡を効率よく消泡できるメタン発酵処理方法及びメタン発酵処理装置を提供する。
【解決手段】メタン発酵槽1と、メタン発酵槽1内の発酵液温度を所定範囲に調整する熱水を流通させるボイラー3と、メタン発酵槽1上部に発生したバイオガスを利用するバイオガス利用装置5とを備え、ボイラー3からの熱水及び/又はバイオガス利用装置5の排熱により加熱された流体によって、メタン発酵槽1の液面に発生する泡を加熱する加熱手段が設けられているメタン発酵処理装置を用いてメタン発酵処理を行う。 (もっと読む)


【課題】プロセスデータの予測値を精度高く行うことができるプロセス監視装置およびプロセス監視方法を提供すること。
【解決手段】取得されたプロセスデータDVのうち、現時点から一定時間前のプロセスデータ群をもとに近似式を最小二乗法によって算出する近似式算出部5と、この近似式をもとに所定時間後のプロセスデータの予測値を算出する予測値算出部6と、この予測値および傾向予測を出力するとともに、この予測値が所定範囲を越えた場合に警報を出力する出力処理部を備える。なお、近似式のもとになる基準式は、1次式に限らず、高次式が適用可能であり、プロセスデータに応じて最適なものを適用することが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、集塵機におけるセラミックフィルタのろ過能力をリアルタイムに監視し、正確な寿命を予測できる寿命予測システムを提供することを目的としている。
【解決手段】 汚泥焼却システムの集塵装置に装備され排ガスが通過するフィルタの寿命予測システムであって、前記フィルタの通気差圧を実測する差圧計と、前記フィルタの通気差圧を実測した時の前記排ガスのろ過流速と粘度とに基づいて、前記通気差圧から補正通気差圧を算出する算出部と、前記補正通気差圧に基づいて、前記フィルタの寿命を予測する寿命予測部と、を備えることを特徴とするフィルタの寿命予測システム。 (もっと読む)


【課題】2系統以上の給電入力が可能であり、1の給電が停止しても、他の給電に切り替えて、電圧降下の少ない効率的な給電を継続できる回路、および装置を提供する。
【解決手段】当該回路は、(A)第1給電入力とシステム内部電源との間に、システム内部電源側が陰極側となるように接続されたダイオードと、(B)第1給電入力にドレイン、システム内部電源側にソースをつないで接続したFETであって、そのゲートは第2給電入力に接続され、かつ、抵抗を介して接地された、FETと、(C)第2給電入力とシステム内部電源との間に、システム内部電源側が陰極側となるように接続されたダイオードと、(D)第2給電入力にドレイン、システム内部電源側にソースをつないで接続したFETであって、そのゲートは第1給電入力に接続され、かつ、抵抗を介して接地された、FETと、を備える。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、下水処理施設において排出量の多いCOやN2Oなどの温室効果ガスを対象として、所定期間の排出量を予測できる排出量予測システムおよび方法を提供することを目的とする。
【解決手段】 下水処理施設における温室効果ガスの排出予測システムであって、下水処理施設に設けられたネットワークに接続された監視端末と、監視端末に装備され、下水処理施設の処理設備から汚水処理情報を収集するインターフェースユニットと、下水処理施設で所定期間内に処理される汚水量の変動パターンを記憶するメモリと、インターフェースユニットを介して収集した汚水処理情報に基づいて、汚水の単位処理量当たりの温室効果ガスの排出原単位を算出し、さらに、該排出原単位とメモリに記憶された汚水量の変動パターンに基づいて、所定期間内の温室効果ガスの予測排出量を算出する情報処理ユニットと、を備えることを特徴とする温室効果ガスの排出予測システム。 (もっと読む)


【課題】省スペースで設置可能であり、且つ、メンテナンスが容易で目詰まりによりろ過不能になることがない、合流式下水越流水の処理システムを提供する。
【解決手段】第1の縦穴110と、合流下水管11と第1の縦穴110とを接続する越流水流路120と、ろ材からなるろ材層132と、ろ材を支持するスクリーン131と、ろ材層132より下部に設置された集水装置133と、ろ材層132より上部に設けられたろ過水放流管134とを備える第2の縦穴130と、第1の縦穴110と第2の縦穴130とを接続する連結流路140と、集水装置133に接続した逆洗用ポンプ160とを具え、合流下水管11と越流水流路120との接続部および第1の縦穴110と越流水流路120との接続部の少なくとも一方がろ過水放流管134より上方に位置し、第2の縦穴130と連結流路140との接続部がろ材層132より下方に位置している、越流水処理システム100である。 (もっと読む)


【課題】破袋率を顕著に向上させ、破袋後の包装材内部への内容物残りを減少させて包装材と内容物との選別を確実に行うことができ、また、異物処理の作業軽減や巻き付き防止において大きな効果を発揮する破袋装置を提供すること。
【解決手段】この破袋装置Sは、廃棄物Gを投入する投入口2と、軸部材14と送りブレード16とを有して投入口2の下方に配置された送りローター4と、送りローター4の斜め上方に、回転軌跡R2が回転軌跡R1と部分的に重複するように配置され、包装材G2を破断する破袋ローター8と、送りローター4の斜め下方に、回転軌跡R3が回転軌跡R1と部分的に重複するように配置され、包装材G2から内容物G1を取り出す取り出しローター10と、ガイドプレート6と、ローター4,8,10を回転駆動する駆動モータMとを有している。 (もっと読む)


【課題】破袋機能と選別機能とを併せ持つことにより、廃棄物を簡単かつ効率的に処理することのできる廃棄物処理システムを提案すること。
【解決手段】この廃棄物処理システムSは、内容物を包装材で内包して構成される廃棄物の包装材を破断し、内容物PBを包装材PCから外部に取り出す破袋ユニットS1と、破袋ユニットS1による破袋後の廃棄物PAを、複数の搬送ローター212が配列されたローラーコンベア202による傾斜搬送を利用して軽量物P1、重量物P2及び細粒物P3に選別する選別ユニットS2とを備えており、破袋ユニットS1は、案内ローター104と破袋ローター108と取り出しローター110とを有して構成され、かつ選別ユニットS2は、廃棄物PAを選別するローラーコンベア202における傾斜上部側Uの搬送ローター212と傾斜下部側Dの搬送ローター212とを異なる回転速度で回転駆動するモータ204有している。 (もっと読む)


【課題】高い次元で処理速度の向上と選別信頼性の向上との両立を実現することのできる選別装置を提供すること。
【解決手段】この選別装置Sは、廃棄物Pを投入する投入口1と、廃棄物Pを搬送するローラーコンベア2と、ローターディスク12を回転駆動するモータ4と、ローラーコンベア2を傾斜保持するシリンダ6とを有し、廃棄物Pを、軽量物P1と、重量物P2と、細粒物P3とに選別する選別装置Sであって、ローラーコンベア2は、ローターディスク12が複数配置されたローター軸10を、傾斜下部側Dから傾斜上部側Uにかけて複数平行配置して構成され、かつ、モータ4が、傾斜上部側Uのローターディスク12と傾斜下部側Dのローターディスク12とを異なる回転速度で回転駆動している。 (もっと読む)


141 - 150 / 277