ディジタルジェノミクスインコーポレーションにより出願された特許

1 - 3 / 3


【課題】急性骨髄性白血病(AML)患者の抗癌治療反応性を予測することが可能なマーカー遺伝子の使用を提供する。
【解決手段】急性骨髄性白血病患者から得られた生物学的試料を、AML患者の抗癌剤治療反応性を予測するためのマーカー遺伝子を使用することにより、その遺伝子発現パターンを測定し、AML患者の抗癌剤治療に対する反応性を予め予測する。よって、AML患者に適切な抗癌剤処方を提供することにより、抗癌剤治療効果を倍加させ且つ患者の苦痛および費用を軽減することができる。 (もっと読む)


急性骨髄性白血病(AML)患者の抗癌治療反応性を予測することが可能なマーカーを開示する。また、本発明は、急性骨髄性白血病患者の抗癌剤に対する反応性を予測することが可能な、遺伝子の発現を測定する製剤を含む抗癌剤治療反応性予測用キット、およびこの遺伝子の発現値から急性骨髄性白血病患者の抗癌剤治療以後の反応性を予測する方法を提供する。本発明によれば、急性骨髄性白血病患者から得られた生物学的試料を、本発明に係るAML患者の抗癌剤治療反応性を予測するためのマーカー遺伝子を含むキットに適用させてその遺伝子発現パターンを測定し、AML患者の抗癌剤治療に対する反応性を予め予測することができる。よって、本発明によれば、AML患者に適切な抗癌剤処方を提供することにより、抗癌剤治療効果を倍加させ且つ患者の苦痛および費用を軽減することができる。
(もっと読む)


本発明は、肺癌に特異的な診断マーカーに関する。また、前記マーカーの存在を測定する製剤を含む組成物、キット及びこれを用いて肺癌を診断する方法に関する。
(もっと読む)


1 - 3 / 3