説明

シージーアイ ファーマシューティカルズ,インコーポレイティドにより出願された特許

1 - 7 / 7


Btkを阻害する式Iの化合物を本明細書に記載する。式I:
【化1】


の少なくとも1つの化合物、並びに担体、アジュバント及び賦形剤から選択される少なくとも1つの薬学的に許容されるビヒクルを含む医薬組成物を記載する。Btk活性及び/又はB-細胞活性の阻害に反応するある疾患に罹患した患者を治療する方法を記載する。試料中のBtkの存在を決定する方法を記載する。
(もっと読む)


Btkを阻害する式Iの化合物を本明細書に記載する。少なくとも1つの式Iの化合物を、担体、アジュバント、及び賦形剤から選択される医薬的に許容される媒体の少なくとも1つと共に含んでなる医薬組成物を開示する。Btk活性及び/又はB細胞活性の阻害に応答する疾患に罹患する患者を治療する方法を開示する。サンプルにおけるBtkの存在を決定するための方法を開示する。
(もっと読む)


BTKのY551のリン酸化を阻害することによりBTK活性を阻害する方法、BTKのY551のリン酸化を阻害してBTK活性を阻害することにより患者を治療する方法、BTKに結合する化学実体および阻害錯体が提供されている。 (もっと読む)


式1:


で表される化合物、及び医薬的に受容されるその塩、溶媒和物、キレート、非共有結合錯体、プロドラッグ、及びそれらの混合物から選ばれる少なくとも一つの化学物質が本明細書に記載される。少なくとも一つの式1の化合物を、キャリア、アジュバント、及び賦型剤から選ばれる少なくとも一つの医薬的に受容されるビヒクルと共に含む医薬組成物が記載される。Btk活性及び/又はB細胞活性の阻害に応答するいくつかの疾病に苦しむ患者を治療する方法が記載される。あるサンプルにおけるBtkの存在を判定する方法が記載される。
(もっと読む)


式(1)の化合物ならびにその製薬上許容可能な塩、溶媒和物、キレート化合物、非共有結合複合体、プロドラッグおよび混合物から選択される少なくとも1つの化学物質が、本明細書中に記載される。本発明の少なくとも1つの化学物質を、担体、アジュバントおよび賦形剤から選択される少なくとも1つの製薬上許容可能なビヒクルと一緒に含む製剤組成物が記載される。Btk活性および/またはB細胞活性の抑制に応答するある種の疾患に罹患している患者の治療方法が記載される。試料中のBtkの存在を確定するための方法が記載される。
(もっと読む)


式1の化合物、並びにその医薬的に許容される塩、溶媒和物、キレート、非共有結合複合体、プロドラッグ、及び混合物から選択された少なくとも1種の化学物質が記載されている。担体、アジュバント、及び賦形剤から選択された少なくとも1種の医薬的に許容される媒体と一緒に、本発明の少なくとも1種の化学物質を含む、医薬組成物が記載されている。Btk活性/B細胞活性の阻害に対して応答する或る疾患の患者を治療する方法が記載されている。試料中のBtkの存在を判定する方法が記載されている。
(もっと読む)


構造式(2)の化合物及びその薬学的に受容可能な塩、溶媒和物、キレート、プロドラッグ及び混合物の中から選択された少なくとも1つの化学物質が本書で記述されている。該発明の少なくとも1つの化学物質を担体、アジュバント及び賦形剤の中から選択された少なくとも1つの薬学的に受容可能なビヒクルと共含む薬学組成物が記述されている。Btk活性及び/又はB細胞活性の阻害に対して応答性をもつ一部の疾病を患う患者の治療方法が記述されている。試料中のBtkの存在を決定するための方法が記述されている。
(もっと読む)


1 - 7 / 7