説明

ルノー エス.ア.エス.により出願された特許

1 - 10 / 281


【課題】システム要求によるエンジン始動シーンにおいて、エンジン始動音により乗員に与える違和感を低減すること。
【解決手段】FFハイブリッド車両の制御装置は、エンジン1と、スターターモーター6と、モーター/ジェネレータ3と、統合コントローラと、を備える。スターターモーター6は、エンジン1を始動させる。モーター/ジェネレータ3は、エンジン1と左右前輪12,12に対しモータートルクが伝達可能である。統合コントローラは、モーター/ジェネレータ3を駆動源とするEVモード選択中、駆動力要求があるとき、スターターモーター6を用いてエンジン始動を行い、システム要求があるとき、モーター/ジェネレータ3を用いてエンジン始動を行う始動モーター使い分け制御を行う。 (もっと読む)


【課題】製造コストや環境負荷を大きくすることなく、遷移金属による貴金属粒子の活性向上効果を維持する。
【解決手段】本発明の内燃機関用排気ガス浄化システムは、内燃機関の排気系に装着された排気ガス浄化用触媒を備える。当該排気ガス浄化用触媒は、触媒粉末と、触媒粉末を保持するハニカム担体とを備える。そして触媒粉末は、触媒活性を有する貴金属粒子と、貴金属粒子と接触して貴金属粒子の移動を抑制する化合物としてのアンカー材と、貴金属粒子とアンカー材との複合粒子の単体又は集合体を内包する化合物としての包接材と、からなるユニットを複数有する。包接材は、アンカー材が包接材により隔てられた区画を超えて他のユニットのアンカー材と接触するのを抑制する。また、貴金属粒子及びアンカー材からなる複合粒子のサイズDaと、前記包接材の平均細孔径Dbとが、Db<Daである。 (もっと読む)


【課題】熱耐久性に優れた排ガス浄化触媒を提供する。
【解決手段】本発明の排ガス浄化触媒は、ロジウム粒子(1)と、前記ロジウム粒子(1)を担持し、かつ、その周囲を囲み、さらに主成分がZrを含む酸化物である複数の化合物粒子(2)と、を有するクラスター(10)を備える。さらに、前記クラスター(10)の周囲に形成され、かつ、その周囲を囲み、当該化合物粒子(2)の凝集を抑制する複数の酸化物(3)の粒子を備える。 (もっと読む)


【課題】制振支持装置をコンパクトにし、軽量化し、平衡状態に置く。
【解決手段】2つのリジッドな部材4、5の間の緩衝及び連結のために設けられる液体制振支持装置1であって、連結するべき2つのリジッドな部材4,5にそれぞれ連結されるための第1の骨組2と第2の骨組3との2つの骨組2、3と、第1の骨組2と第2の骨組3とを相互に連結する連結部材8と、液体で満たされ、連結部材8によって範囲を限定された作動室Aと、液体で満たされ、柔軟な壁面11によって範囲を限定された少なくとも1つの補償室Bと、作動室Aを補償室Bと連通させる液体で満たされた液体通路Cと、デカップリング装置13とを含む液体制振支持装置に関する。本発明は、液体通路Cと、補償室Bと、第2の骨組3が液体制振支持装置の構成要素であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】エンジンの排気ラインに処理装置と後処理装置を有する場合に、排気ラインに追加のセンサを配置することなく後処理装置入口における温度を推定する方法を提供する。
【解決手段】処理装置10と後処理装置12はパイプ11を介して接続され、処理装置10は、直列に接続されたn個の仮想基本反応器Rの集合であるとみなされ、全数nは処理装置10の容積に応じて決められ、仮想基本反応器Rに、n番目の仮想基本反応器Rがガスが処理装置10から出る前に通過する最後の上記仮想基本反応器であるようにガスが流れる方向に1からnの番号が付けられ、後処理装置12の入口におけるガスの温度Tは、最後の仮想基本反応器Rの中の温度Tから計算される。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】
【解決手段】本発明は、専用の環状ボンド磁石(11)からなる磁気回路を有する可動コイルを備えた動電型変換器の磁気モータ装置(10)に関し、前記 専用の環状ボンド磁石は、中空環状構造を備え、該中空環状構造は、前記可動コイルの第1巻線(17)を可動とする第1空隙を形成する第1環状溝(15)によって該中空環状構造の外表面(14)の頂部(13)に接続される環状空隙(12)を備えることを特徴とする磁気モータ装置(10)。 (もっと読む)


自動車車両駆動モータの電源バッテリの鎖錠および/または解錠を操作するためのツールボックス装置において、複数の異なるモジュール(2)を支える支持構造(1)を備え、それぞれのモジュール(2)が、バッテリ鎖錠/解錠機構の少なくとも1つの把持システム(6)と少なくとも1つの操作手段とを有しており、操作手段の数は、バッテリの鎖錠/解錠を実行するために行う動作の数に関係することを特徴とするツールボックス装置。
(もっと読む)


前車軸及び後車軸の各車輪(6、9)に瞬間速度センサを含む自動車車両(1)の経路追跡システム。本発明によれば、システムは、同じ車軸(Aav及びAar)の車輪間の速度偏差を計算する手段(200及び201)と、各車軸の速度偏差間の差を計算する手段(202)と、この差を記憶された閾値(ε)と比較する手段(203)とを含む。本発明は、次の:各前車軸及び後車軸(Aav及びAar)の車輪の速度偏差を計算するステップと、各前車軸及び後車軸(Aav及びAar)間の速度偏差の差を計算するステップと、速度偏差の差を記憶された閾値(ε)と比較するステップとを含む自動車車両の経路追跡方法にも関する。
(もっと読む)


本発明は、自動車の駆動モータまたはエンジンに供給するエネルギーの容器の取り付けまたは取り外し用工具(11;31)に関し、容器は、ロック部(2)を用いてピストン(5)によりこのロック部(2)に荷重をかけることで自動車に固定するものである。工具は、少なくとも1つの工具固定手段(17;37)と、ピストン(5)に作用することでロック部(2)にかかる荷重を解放する手段(33)と、バッテリを係止および/または係止解除する手段(18;38)とを備えることを特徴とする。
(もっと読む)


1 - 10 / 281