説明

ユニバーシティ オブ フロリダ リサーチ ファンデーション インコーポレーティッドにより出願された特許

11 - 20 / 38


人工呼吸器フローパターンを変更することなく、コンプライアンス、抵抗およびプラトー圧を含むがこれらに限定されない患者の肺メカニクスの正確な推定値を算出するシステムおよび方法を提供する。該患者に取り付けられた気道内圧センサーおよびフローセンサーから、新規の数学的モデルを用いて肺メカニクスの正確な推定値を得る。これらの肺メカニクス(呼吸器系のコンプライアンスおよび抵抗)の推定値は、機械的人工呼吸中に患者の治療効果をモニタリングするため、ならびに、特に拘束性肺疾患患者において、肺胞が過剰に膨張しないようにして気圧障害および/または容量障害を確実に回避するために重要である。これらの肺メカニクスの正確な推定値を算出する本方法は、上記のセンサーから得られた複数のパラメータを用いた線形計算または非線形計算に基づく。 (もっと読む)


本発明は、アナバセイン化合物、例えば3-(2,4-ジメトキシベンジリデン)-アナバセイン(DMXBAまたはGTS-21としても公知)、または薬学的に許容できるその塩の、制御放出剤形、使用方法、および制御放出剤形を生産する方法に関する。 (もっと読む)


本発明の態様は、交互ドナー−アクセプター(DA)ポリマーに関し、該ポリマーは、可溶性で、中性状態では青色または緑色を示し、酸化により透過状態となり、エレクトロクロミックポリマーとして使用できる。D単位は、3,4−ジオキシチオフェン、3,6−ジアルコキシチオフェン[3,2−b]チオフェンまたは3,5−ジアルコキシ−ジチエノ[3,2−b:2’,3’−d]チオフェン環を有する。本発明の態様は、求核性アクセプター単量体と求電子性ドナー単量体のクロス縮合による、DAポリマーの交互DAポリマー配列の製造方法に関する。
(もっと読む)


高い電荷キャリア移動度を有するドナー−アクセプター(DA)型π共役ポリマーは複数のD1AD1部分を含み、kは1または2であり、D1は独立に少なくとも1種の可溶性側鎖を有するドナー単位であり、Aはアクセプター単位であり、および該DA型π共役ポリマーは複数のD2スペーサー列を含み、該複数のD2スペーサー列は該複数のD1AD1部分の間に位置し、mは1〜6であり、D2は独立に第2のドナー単位であり、該第2のドナー単位が、少なくとも一つの構造において該第2のドナー単位のすべての原子が同一平面上にある構造を有する。該DA型π共役ポリマーは、青色がかった緑色、深い緑色、または黄色がかった緑色を反射する。該DA型π共役ポリマーは、少なくとも1×10−6cm−1−1の空間電荷制限(SCL)ゼロ場ホール移動度を有する。 (もっと読む)


本発明は、再生可能な生物学的供給原料からコハク酸及び/又は他の産物を効率的に生産するための生物触媒に関する。その生物触媒は、遺伝的操作及び代謝進化の両者の結果として、糖質供給原料からの、成長とカップリングしたコハク酸及び/又は他の産物の生産について非常に高い効率を有する。さらに具体的には、本発明のある種の生物触媒は、外因性遺伝物質の添加なしに、pHコントロールされた単純なバッチ発酵の間に無機塩培地において高い力価及び収量でコハク酸を生産する。本発明の遺伝的操作は、コハク酸生産経路以外の代替NADH酸化経路の排除とカップリングしたエネルギー保存戦略に関する。その生物触媒は、遺伝的改変によって抑制解除されたグルコース抑制型糖新生性ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ(pck)及び遺伝的に不活性化されたホスホトランスフェラーゼ系を有する。コハク酸生産の効率の点から見て、本発明の生物触媒は、Actinobacillus succinogens及びMannheimia succiniproducensなどのコハク酸生産ルーメン細菌と機能的に等価であるが、ルーメン細菌によるコハク酸生産のために肥沃な培地が必要なこととは対照的に、その生物触媒は、糖質を有する最少塩培地中でこの高レベルのコハク酸生産を達成可能であるという一つの違いがある。 (もっと読む)


一つの実施態様においては、外科装置は、ステントと、拡張器と、外科装置から延出又は退避が選択的に可能な切開要素とを有するステント展開装置を有している。幾つかの実施態様においては、患者の自然孔を通して外科装置を通し、外科装置を用いて腹腔にアクセスし、外科装置を用いて小腸内腔に経管腔的にアクセスし、外科装置を用いてステント展開装置を内腔に通し、外科装置を用いてステント内腔の中でステントを拡張することで患者にステントをインプラントするために外科装置が使用できる。他の実施態様においては、外科装置は、すい臓仮性嚢胞の排膿の経管腔内視鏡手術を行うために使用できる。
(もっと読む)


一実施形態において、内視鏡は、本体と、本体から延びて先端部で終わる細長シャフトと、細長シャフトに固定される第1の繋留装置と、細長シャフトから延出可能な第2の繋留装置とを備える。一実施形態において、内視鏡前進装置は、内視鏡の細長シャフトに固定される第1の繋留装置と、細長シャフトから軸方向に延出可能となるように細長シャフトの反対側に取り付けられる第2の繋留装置とを備える。
(もっと読む)


可溶性縮合ドナー−アクセプター共役ポリマー(fDA−CP)を製造した。該共役ポリマーは、ほとんどすべての可視波長域の光を吸収し、中性状態では肉眼では実質的に黒く見える。該共役ポリマーは複数の縮合ドナー単位により隔離されたアクセプター単位を有する。fDA−CPは、固体状態では近接する層と4.5Åより小さい距離で分離した密なπ−スタッキングを与えるとともに、高電荷キャリア移動度を促進する拡張共役を与える形態をとっている。fDA−DPは、少なくとも1個の縮合ドナー−アクセプターオリゴマー(fDA−オリゴマー)の重縮合により製造することができ、該fDA−オリゴマーは、平坦な内部アクセプター単位とオリゴマーに組み込まれた少なくとも1個の縮合ドナー単位を含み、必要に応じて、fDA−オリゴマーと共重合する別の共役芳香族モノマーまたはオリゴマーを含む。 (もっと読む)


厚く高透明性の硬質被膜である無機−有機ハイブリッド被膜を形成するためのゾルに関するものである。そのハイブリッド被膜は、少なくとも1種の加水分解可能なシランと少なくとも1種の加水分解可能な金属酸化物前駆体を含む複合水性ゾルから形成されたものであり、存在する有機溶剤は、該シランと該金属酸化物前駆体の加水分解により生成した有機溶剤のみである。一態様として、テトラエトキシシランおよびγ−グリシドキシプロピルトリメトキシシランを過剰の水を用いて加水分解して作製したゾルと、チタニウムテトラブトキシドおよびγ−グリシドキシプロピルトリメトキシシランを不足した水を用いて加水分解して作製したゾルとを組み合わせて、無機−有機ハイブリッド被膜を形成する。その複合ゾルでプラスチック基材を被覆し、該複合ゾルを少なくとも5μmの厚さまでゲル化させ、150℃より低い温度まで加熱する。
(もっと読む)


本開示は、妊婦における子癇前症のリスク増加を評価する方法に関する。本明細書に記載の方法は、妊婦の生体試料中のレラキシンレベルの測定、および場合によりC反応性タンパク質レベルの測定を用いる。開示はさらに、妊婦へのレラキシン医薬製剤の投与を介して、子癇前症のリスクを低下させる方法を含む。 (もっと読む)


11 - 20 / 38