説明

エヴォニク ゴールドシュミット ゲーエムベーハーにより出願された特許

41 - 50 / 100


【課題】 DMC触媒を使用してポリエーテルアルコールを調製する方法、並びに化粧品製剤および/又は皮膚用製剤におけるその使用を提供する。
【解決手段】 ポリエーテルアルコールを使用して調製される化粧品製剤および/又は皮膚用製剤であって、ポリエーテルアルコールの調製に関して、
a)DMC触媒を使用すること、および
b)このようにして得られるポリエーテルアルコールを更に処理しないこと、
を特徴とする、化粧品製剤および/又は皮膚用製剤。 (もっと読む)


本発明は、添加剤、乳化剤、分散剤および/またはケア有効成分としてのシリコーン部分が分枝状の有機変性シロキサンブロック共重合体、及びその使用、特に、化粧品製剤、皮膚用製剤または医薬製剤、及びケアおよび/または清浄用製品を製造するためのその使用、並びに製剤自体に関する。 (もっと読む)


本発明は、ヒトまたは動物の身体部位を洗浄およびケアするための組成物に関し、前記組成物はソルビタンカルボン酸エステルを含み、前記ソルビタンカルボン酸エステルが由来するカルボン酸のカルボン酸部分が、6〜10個の炭素原子を含むカルボン酸に由来し、かつ前記ソルビタンカルボン酸エステルが、350より高いヒドロキシル価(OH価)を有することを特徴とする。本発明は、また、洗浄およびケア配合物における、ソルビタンカルボン酸エステルの使用にも関する。 (もっと読む)


【課題】ポリオール混合物の貯蔵安定性を改善するための相溶化剤を提供する。
【解決手段】ポリエチレングリコール等のキャリア媒体中の分散したシリカ等粒子を含むことを特徴とする、互いに混和しないポリエステルポリオール、ポリエーテルポリオール、植物油ベースポリオール等の複数種のポリオール組成物のための相溶化剤およびその製造方法、およびこの相溶化された複数種のポリオールの組成物をポリウレタンフォームに使用したもの。 (もっと読む)


本発明は、i)0.5〜10質量%の少なくとも1種のスルホサクシネート界面活性剤と;ii)0.5〜10質量%の少なくとも1種の両性界面活性剤と;iii)遊離OH官能性化合物であって、使用される前記スルホサクシネート界面活性剤のエステルのアルコール成分と同様の化合物とを含む水性組成物であって、i)のスルホサクシネート界面活性剤と遊離OH官能性化合物との質量比が100:1〜100:20である、水性組成物に関する。本発明は、さらに、特に皮膚および毛髪のクレンジング用の、クレンジング組成物の製造のための、またはクレンジング組成物としての、そのような組成物の使用、ならびにそのような組成物を含む皮膚および/または毛髪クレンジング剤に関する。 (もっと読む)


【課題】帯電防止特性を有する平板構造のための人造石、その使用、およびその製造方法を提供する。
【解決手段】イオン性液体またはイオン性液体中の金属塩の溶液を帯電防止成分として含有する、平板構造のための人造石。イオン性液体が、アンモニウム、ホスホニウム、スルホニウム、イミダゾリウム、ピリジニウム、ピリダジニウム、ピリミジニウム、ピラジニウム、ピラゾリウム、ピラゾリニウム、イミダゾリニウムのうち少なくとも1つの陽イオンを含む。金属塩は、有機、無機のアルカリ金属塩の少なくとも1つである。 (もっと読む)


【課題】 表面改質方法を提供する。
【解決手段】 表面の改質剤としての組成物の成分としての1種以上の混合された硬化性ヒドロキシル含有シリルポリエーテルの使用。このシリルポリエーテルは、エポキシ官能性アルコキシシランのDMC触媒アルコキシル化により調製される。 (もっと読む)


本発明は、安定な油相高含有O/Wエマルジョンの製造方法、この方法により製造されたO/Wエマルジョン、およびその使用に関する。この方法で製造されたエマルジョンは、油相含有率が高く、パーソナルケア製品および化粧品に広く使用することができる。O/Wエマルジョンは、乳白色のクリーム様外観を有するか、所望するなら、透明なゲル状外観とすることができる。このエマルジョンは、皮膚に塗布すると、皮膚軟化性オイルを速やかに放出し、メイキャップ除去、マッサージ、または湿潤などの機能を発揮し、またベビーオイルの代替として使用することができる。 (もっと読む)


アルコキシシリル官能性ポリエーテルシロキサン、および、SiH基を有する水素シロキサンと、アルコキシシリル基を有する不飽和ポリエーテルを貴金属触媒を用いてSiC結合することによる、または複合金属シアン化物触媒の存在下でポリエーテルシロキサンまたはポリシロキサンをエポキシ官能性アルコキシシランでアルコキシル化することによるその製造方法。 (もっと読む)


本発明は、水性媒体を消泡するための材料に関する。当該材料は、式(I)の尿素誘導体を固体粒子の形態で消泡剤として含む。式(I)において、Rは、4〜30個の炭素原子を有する炭化水素基、4〜24個の炭素原子および1つの窒素原子を有する炭化水素基、または4〜30個の炭素原子および1つのカルボニル基を有する炭化水素基であり、Rは、水素原子、または1〜24個の炭素原子を有する炭化水素基であり、Rは、水素原子、または1〜24個の炭素原子を有する炭化水素基であり、Rは、2〜30個の炭素原子を有する有機基であり、nは0〜5である。当該尿素誘導体は、キャリア媒体中でのイソシアネートとアミンとの反応によって得られる。本願発明は、前記反応が、式(VI)R−OH(式中、R=6〜10個の炭素原子を有する線状または分枝状のアルキル基である)の一価アルコールの存在下で行われることを特徴とする。
【化1】

(もっと読む)


41 - 50 / 100