説明

エヴォニク ゴールドシュミット ゲーエムベーハーにより出願された特許

61 - 70 / 100


【課題】リゾスフィンゴ脂質を酵素的にアミド化する方法に関する。
【解決手段】本発明は、スフィンゴ脂質の酵素的合成、およびリゾスフィンゴ脂質とカルボキシルエステル由来のスフィンゴ脂質を含む組成物、ならびに、前記スフィンゴ脂質または組成物を含む、化粧用製剤、皮膚用製剤または医薬製剤に関する。 (もっと読む)


【課題】リゾスフィンゴ脂質を酵素的にアミド化する方法に関する。
【解決手段】本発明は、スフィンゴ脂質の酵素的合成、およびリゾスフィンゴ脂質とカルボニックエステル由来のスフィンゴ脂質を含む組成物、ならびに、前記スフィンゴ脂質または組成物を含む、化粧用製剤、皮膚用製剤または医薬製剤に関する。 (もっと読む)


【課題】ビタミンCを輸送し、安定化させるために使用する油中ポリオール組成物を提供する。
【解決手段】組成物はそれぞれ組成物全体の質量を基準として、0.5重量%〜5重量%の乳化剤類、0.1重量%〜5重量%の安定剤、0.01重量%〜20重量%のビタミンC、10重量%〜40重量%の油成分および40重量%〜80重量%のポリオール類を含み、組成物全体中の水の割合が1重量%未満であり、ビタミンCがポリオール類に溶解している組成物および該組成物の使用に向けられている。 (もっと読む)


【課題】有機変性シロキサンブロックコポリマーを含む乳化剤システムを提供する。
【解決手段】本発明は、有機変性シロキサンブロックコポリマーを含む乳化剤システム、それらの使用、特に、化粧用製剤、皮膚外用製剤または医薬製剤の調製、ならびにケアおよび洗浄用組成物の調製、また該乳化剤システムの助けを借りて調製される製品そのものにも関する。 (もっと読む)


【課題】ケア有効成分としての、有機変性シロキサンを提供する。
【解決手段】本発明は、ヒトまたは動物の身体部分のケアのためのケア有効成分としての、有機変性シロキサンブロックコポリマーの使用に関する。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、毛髪を身体の一部と考えて、高い抗酸化能を有し、容易に処方でき、ヒトまたは動物の体の一部のケアに必要なさらなる特性を有する、ケア有効成分を提供することである。
【解決手段】本発明は、ヒトまたは動物の体の一部をケアするためのケア有効成分としての、新規な方法で調製されたシスタスからの抽出物の使用、ケア処方物および該ケア処方物の使用に関する。 (もっと読む)


【課題】複合金属シアン化物(DMC)触媒でのエポキシ官能性(ポリ)オルガノシロキサンのアルコキシル化によるオルガノシロキサン基を有する新規シリコーンポリエーテルおよびその製造方法を提供。
【解決手段】エポキシ官能基を有する(ポリ)オルガノシロキサンを、複合金属シアン化物触媒の存在下で、この物質群の特徴的な加水分解、縮合または転位反応などの望ましくない副反応が観察されることなしにアルコキシル化することができ、さらに、酸化アルキレンなどのエポキシ化合物およびグリシジル化合物を、末端位にブロックで累積させ、シリコーンポリエーテル鎖を有するポリマーが得られる。 (もっと読む)


【課題】ポリエーテル鎖のオキシアルキレン単位の配列内にアルコキシシラン官能基を有する新規なポリエーテル構造および新規な複数アルコキシシリル末端ポリエーテル構造、ならびにこれらの調製のための新規なアルコキシル化反応の提供。
【解決手段】1つ以上のエポキシ官能性アルコキシシランを、またエポキシド化合物もしくはコモノマーとの混合物で、ブロックまたはランダムで、少なくとも1つの反応性ヒドロキシル基を有する連鎖開始剤R−H(式中、Rは、飽和もしくは不飽和の任意選択で分枝鎖の基、または炭素鎖が酸素原子によって介在されていてよいアルコキシ、アリールアルコキシ、アルキルアリールアルコキシ型のポリエーテル基、あるいは、ポリエーテルアルコキシ基または縮合フェノール基に相当する)に加えることを特徴とするアルコキシシリル基を有するポリエーテルアルコール、その使用、およびDMC触媒反応によるその調製方法。 (もっと読む)


【課題】ポリオール混合物の貯蔵安定性を改善するための新しいタイプの相溶化剤を提供する。
【解決手段】A.少なくとも1種のジイソシアネートおよび/またはポリイソシアネートを、B.(a)少なくとも1個のOHおよび/またはNHおよび/またはNH官能基をランダムに保有する少なくとも1種の親水性ポリエーテルと、(b)少なくとも1個のOHおよび/またはNHおよび/またはNH官能基をランダムに含む少なくとも1種の疎水性ポリエーテルと、(c)任意選択によりさらに、少なくとも1個のOHおよび/またはNHおよび/またはNH官能基および/またはカルボン酸もしくはエポキシド官能基などの他のイソシアネート反応性基を保有する化合物と反応させることによって得られる相溶化剤としてのウレタン基または尿素基を含有するポリエーテル。 (もっと読む)


【課題】イオン液体を効果的に消泡すること。
【解決手段】少なくとも1種のイオン液体と、少なくとも1種の消泡剤と、適切な場合には溶媒および/またはさらに助剤もしくは添加剤とを含有する組成物。 (もっと読む)


61 - 70 / 100