ソニー ディーエーディーシー ユーエス インクにより出願された特許

1 - 5 / 5


【課題】ディジタル媒体コンテンツを展示したり取引したり頒布したりする、ディジタルコンテンツ・キオスクにおいて、ディジタル媒体に関する窃盗による損失を防止する。
【解決手段】ディジタルコンテンツが記録されたディスク102において、平坦な上側表面110に所定のパターンで隠しセキュリティ情報を含む識別マーク106を設け、特定の波長の光を発光させるために隠し光源を発光させ、イメージセンサーを用いて識別マーク106の真正性を認証する。 (もっと読む)


【課題】光ディスクプレーヤを使用して開始されるオンライン対話を容易にする方法を提供する。
【解決手段】光ディスクプレーヤ105から開始されたユーザ要求から情報を引き出し、その後この引き出した情報を使用して既存のユーザ固有の情報を識別する。所望のオンライン対話に特化したものであるとともに引き出した情報及び既存情報に関連付けられた短符号がバックエンドサーバ150により生成され、光ディスクプレーヤ105に返送される。その後、この短符号がユーザにより第2の家庭用電子機器145からバックエンドサーバ150に戻され、これを使用して、所望の対話を実現するための対象ウェブサイト及び以前に識別された既存情報などの関連情報が取り出される。取り出した情報を使用して、ユーザがウェブサイトにリダイレクトされる前に対象ウェブサイト上のデータフィールドが埋められる。 (もっと読む)


1つ又はそれよりも多くの望ましい特徴部をポリマー基板上に印刷する方法。例示的な実施形態では、本方法は、生体反応性指標材料を含むインクを受け取る段階と、圧電プリントヘッドを使用してポリマー基板上にインクを堆積させる段階とを含む。インクが堆積したポリマー基板は、材料サンプルに検査を行う診断検査デバイスを表している。本方法は、更に、紫外(UV)光を使用してインクを硬化させる段階を含む。インクは、導電材料を含むことができる。UV光源は、圧電プリントヘッドに連結され、かつコントローラからの制御信号に応答して作動させ、ポリマー基板上に堆積した材料の硬化を促進することができる。 (もっと読む)


光学デバイスの不正使用の選択的抑制システム。説明のための実施形態では、上記システムは光学デバイス再生および複製防止システムを実施し、光ディスクのピット構造で符号化されるデータの第1組を含む。ディスクドライブなどの読み取りシステムは、データの第1組を読み取ることに適応する読み取りレーザを含む。ディスク上または内部に配置される第1の材料は、超音波など第1既定エネルギーに応じ、読み取りレーザ光への透明性を変える。ディスク上または内部に配置される第2の材料は、第2既定エネルギーに応じ、レーザ光への透明性を一時的に変える。第1および第2の物質の透明性の変化が、読み取りシステムに対するデータの第1組のアクセス可能性を変える。上記アクセス可能性に基づき、読み取りシステムによる光ディスクの読み取り、再生、および/または複製を有効または無効にする、読み取りシステムが実行可能な命令を上記システムはさらに含む。 (もっと読む)


光学デバイスの不正使用の選択的抑制システム。説明のための実施形態では、上記システムは光学デバイス再生および複製防止システムを実施し、光ディスクのピット構造で符号化されるデータの第1組を含む。ディスクドライブなどの読み取りシステムは、データの第1組を読み取ることに適応する読み取りレーザを含む。ディスク上または内部に配置される第1の材料は、超音波など第1既定エネルギーに応じ、読み取りレーザ光への透明性を変える。ディスク上または内部に配置される第2の材料は、第2既定エネルギーに応じ、レーザ光への透明性を一時的に変える。第1および第2の物質の透明性の変化が、読み取りシステムに対するデータの第1組のアクセス可能性を変える。上記アクセス可能性に基づき、読み取りシステムによる光ディスクの読み取り、再生、および/または複製を有効または無効にする、読み取りシステムが実行可能な命令を上記システムはさらに含む。 (もっと読む)


1 - 5 / 5