説明

ロス アラモス ナショナル セキュリティー,エルエルシーにより出願された特許

1 - 9 / 9


【課題】音響サイトメータにおける粒子分析の提供。
【解決手段】サイズにより粒子を分離するための方法であって、粒子をフロー流において流動させるステップと、半径方向音響放射圧をフロー流に向けるステップと、粒子をサイズにより音響的に分離するステップとを含む方法が本明細書に提供される。これらの方法を実行するためのデバイスも開示される。一実施形態において、装置は、粒子をその中に含む流体を流動させるためのキャピラリと、該粒子を音響的に操作するための音響信号生成トランスデューサと、流動停止デバイスとを備える。 (もっと読む)


【課題】除草剤へのストレス耐性を増大する、ピログルタメートのL及びD異性体を種々の比率で含む組成物を提供する。
【解決手段】L−及びD−ピログルタメートの立体異性体の、LのDに対する比率が80:20〜97:3の混合物を含む組成物により、上記の課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】X線蛍光(XRF)分光計により、タンパク質の特徴を測定し、生体認証解析に利用できるセキュリティシステムを含む装置を提供する。
【解決手段】X線蛍光(XRF)分光計は、タンパク質と小分子の結合現象を検出し、化学物質と受容体の間の結合選択性を測定するために使用される。XRFは、セキュリティシステムへの利用の他、タンパク質の純度を測定し化学物質の治療指数を推測するために、化学物質対化学物質類縁体の結合選択性を推測し、タンパク質の翻訳後修飾を測定するために、及び薬物の製造のためにも使用することができる。 (もっと読む)


サンプル中の対象分析物の存在を検出するシステムであって、細長い透明のサンプル容器と、該サンプルに光学的に接続される励起光源であって、該励起光源からの照射は該サンプルの長さ方向に配向され、かつ、該照射は該サンプルから放射される放射光を誘起する、励起光源と、該サンプルのホルダの周りに配置された少なくとも2つのリニアアレイであって、該リニアアレイがそれぞれ、第1および第2の末端を有する複数の光ファイバから構成され、該ファイバの該第1の末端は該容器の長さ方向に沿って、その近傍に配置され、各該アレイの該ファイバの該第2の末端は束ねられて1つの末端ポートを形成し、該複数の光ファイバは該放射光を受光し、該ファイバの該第1の末端からの放射光を該ファイバの該第2の末端から構成される該末端ポートに送るリニアアレイとを備える、ことを特徴とするシステム。
(もっと読む)


疑わしい生物試料におけるPrPScの存在又は欠失の検出のための方法であって、試料マトリックスからPrPScを実質的に分離することによって、試料中に存在してよいPrPScを濃縮する工程、少なくとも1つの分子標識で濃縮したPrPScを標識して、標識したPrPScを製造する工程、及びアトモル量の標識したPrPScを検出することができる装置上で、標識したPrPScを検出する工程を含み、その際前記PrPScの濃縮及び標識したPrPScの検出の間の時間が、48時間以下である方法。
(もっと読む)


サイズにより粒子を分離するための方法であって、粒子をフロー流において流動させるステップと、半径方向音響放射圧をフロー流に向けるステップと、粒子をサイズにより音響的に分離するステップとを含む方法が本明細書に提供される。これらの方法を実行するためのデバイスも開示される。一実施形態において、装置は、粒子をその中に含む流体を流動させるためのキャピラリと、該粒子を音響的に操作するための音響信号生成トランスデューサと、流動停止デバイスとを備える。
(もっと読む)


X線蛍光(XRF)分光計は、結合現象を検出し、化学物質と受容体の間の結合選択性を測定するために使用されてきた。XRFは、化学物質の治療指数を推測するために、化学物質対化学物質類縁体の結合選択性を推測するために、タンパク質の翻訳後修飾を測定するために、及び薬物の製造のためにも使用することができる。 (もっと読む)


向上した電子遷移を有する材料134(図1c)を含む、光電子デバイス。該電子遷移は、界面における電子状態を混合することによって向上される。界面は、ナノウェル、ナノドット、またはナノワイヤによって形成され得る。該材料は、フェルミエネルギレベルと、複数のキャリアポケットと、界面における混合された電子状態とを有し、混合された電子状態は、フェルミエネルギレベルのkT以下である初期の状態と、フェルミエネルギレベルのkT以上である第2の状態とを備え、kはボルツマン定数であり、Tはケルビン温度であり、該材料は、界面における所定の対称性の崩壊を有する。
(もっと読む)


本発明は、L対Dの比率が約80:20〜約97:3のL−及びD−ピログルタメート立体異性体の混合物と、L−及びD−ピログルタメート立体異性体を標的植物に撒布するためのキャリア媒体とを含む組成物について記載する。組成物は、発芽媒体として用いることもでき、発芽を補助するための種子被覆剤に混合してもよい。本発明は、さらに、L対Dの比率が約80:20〜約97:3のL−及びD−ピログルタメートの立体異性体の混合物と、L−及びD−ピログルタメート立体異性体のためのキャリア媒体とを含む組成物で標的植物を処理することによる標的植物の栽培性能を増加させる方法についても記載する。 (もっと読む)


1 - 9 / 9