ラボラトワール フランセ デュ フラクションヌメント エ デ バイオテクノロジーズ ソシエテ アノニムにより出願された特許

1 - 5 / 5


【課題】2つの課題を解決する生物学的接着剤。第1の課題は、生物組織上への塗布前にフィブリンを形成する危険のない、血漿凝固因子を含有するトロンビンフリーの生物学的接着剤を提供することである。第2の課題は、傷害性組織の止血能力を増加させ、更に結合組織の治癒を促進する、かかる接着剤の製造を可能にすることである。
【解決手段】第VIIa因子及びカルシウムイオン源を含んでなる、安定な、トロンビンフリーの、フィブリノーゲンベースの、単一液体製剤の、治療用の生物学的接着剤。 (もっと読む)


【課題】新規な因子Hの精製方法の提供。
【解決手段】溶血性尿毒症症候群(HUS)の治療用薬剤の調製のために、ヒト因子Hを使用する。薬剤が、典型的な形のHUSの治療を目的とするものであることが好ましい。また、ヒト因子Hが、細菌、酵母、菌類又は哺乳類の細胞からなる群から選択される細胞において、ヒト因子Hの遺伝子を発現させることによって、遺伝子工学的に調製されることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】2つの課題を解決する生物学的接着剤。第1の課題は、生物組織上への塗布前にフィブリンを形成する危険のない、血漿凝固因子を含有するトロンビンフリーの生物学的接着剤を提供することである。第2の課題は、傷害性組織の止血能力を増加させ、更に結合組織の治癒を促進する、かかる接着剤の製造を可能にすることである。
【解決手段】第VIIa因子及びカルシウムイオン供給源を含んでなる、安定な、トロンビンフリーの、フィブリノーゲンベースの、単一液体製剤の、治療用の生物学的接着剤。 (もっと読む)


【課題】不十分なウイルスの不活化と、十分なウイルスの不活化を区別する閾値を提供できる、測定可能な多因子性の物理化学的パラメータを提供すること。
【解決手段】乾燥状態の生物学的製剤に存在するか若しくは存在すると考えられるウイルスを乾燥加熱し、ターゲッティングすることによる、ウイルスの不活化方法であって、a)処理しようとする乾燥状態の生物学的製剤のガラス転移温度Tgを測定する工程と、b)工程a)において測定したガラス転移温度Tg以上の乾燥加熱温度Tで、工程a)に係る、処理しようとする乾燥状態の生物学的製剤を加熱する工程を含んでなる方法。 (もっと読む)


【課題】新規な因子Hの精製方法の提供。
【解決手段】血漿の寒冷型沈降物の上澄を調製してアニオン交換ゲル/樹脂上のクロマトグラフィに供し、非保持フラクションをヘパリンタイプのグラフト化リガンドを含むゲル/樹脂上のクロマトグラフィに供し、その後非保持フラクションのpHを調整し、ヘパリンタイプのグラフト化リガンドを含むクロマトグラフ担体ゲル/樹脂へH因子を結合させ、ゲル/樹脂の平衡化用バッファよりもイオン強度の強いバッファでH因子を溶出させ、溶出フラクションを希釈し、強酸性のカチオン交換ゲル/樹脂上のクロマトグラフィに供し、ゲル/樹脂の平衡用バッファのよりもイオン強度の強いバッファでH因子を溶出させ、溶出フラクションを希釈し、強酸性のアニオン交換ゲル/樹脂上のクロマトグラフィに供し、ゲル/樹脂を洗浄し、H因子を溶出させ、H因子の濃縮物を調製するステップを含む方法。 (もっと読む)


1 - 5 / 5