説明

ジーイー−ヒタチ・ニュークリア・エナジー・アメリカズ・エルエルシーにより出願された特許

1 - 10 / 101


【課題】タービン自体の電力を使用して緊急時のタービン速度を制御するための方法およびシステムを提供する。
【解決手段】発電機500はタービン100に設置され、タービンの力学的エネルギーを電気に変換することによって、タービンから電力を供給する。生成された電力は、タービンの制御器55,60に電源供給するために使用することができ、その結果、タービンはそれ自体のエネルギーによって使用状態に留まることができる。タービンは原子力発電所の中の安全に関係するタービンであることができ、発電機を介して、発電所の電力の喪失によりタービンおよびタービンが電源供給する安全に関係する機能が使用されないようにはならない。適切な電気回路および電気的な接続は発電機を調整して、制御器に安全に電力を供給するのに必要な特性を電力に提供しながら、存在するその他の電力源と協力して働く。 (もっと読む)


【課題】つかみ具を使用して、沸騰水型原子炉(BWR)制御棒を把持し、引き上げるための方法および装置を提供する。
【解決手段】つかみ具40は、制御棒の制御棒ブレード、燃料支持金具および制御棒案内管を把持して、これら3つの構成要素のすべてを一体に引き上げ、移動させることができる。つかみ具40は、フレーム42と、制御棒ブレードフック55と、燃料支持金具フック70と、制御棒案内管フックとを備える。制御棒案内管フックは、燃料支持金具の側方流オリフィスを通って、制御棒案内管流オリフィスの制限を越えて延在して、制御棒案内管を把持する遠位端を有することができる。制御棒案内管フックの遠位端は、内側降着面および外側降着面を備えることができ、燃料支持金具および制御棒案内管用にそれぞれ支持を提供する。 (もっと読む)


【課題】原子力発電所内の原子炉冷却水側流の酸素濃度を調節する方法を提供する。
【解決手段】脱塩水を使用して原子炉冷却水サンプルの酸素濃度を調節する。原子炉冷却水側流202中に脱塩水214を注入して、酸素濃度の上昇した酸化流224を作る。原子炉冷却水側流202より酸素が少なくとも20倍多い、既知の酸素濃度の前記脱塩水214を添加する。原子炉の下流かつ浄化システムまたは再循環システムの上流の位置で、脱塩水214を添加する。 (もっと読む)


【課題】原子力容器の外観検査のためのシステムおよび装置を提供する。
【解決手段】システムは、原子力容器101の中の領域へ移動可能である、潜水可能に遠隔作動される車両(SROV)システム105を含む。SROVシステム105は、原子力容器コンポーネントの外観検査のための操縦可能な検査カメラ組立体を含み、検査カメラ組立体は、SROVシステム105に関連して操縦可能である。また、システムは、原子力容器の中の領域から離れた領域に配置された制御システム115も含む。制御システム115は、SROVシステム105の移動および検査カメラ組立体の操縦を制御するように構成されている。 (もっと読む)


【課題】BWRジェットポンプインレットミキサの流体励起振動(FIV)およびスリップジョイントの漏洩を軽減する方法、装置を提供する。
【解決手段】インレットミキサのコンプライアントストッパは、BWRジェットポンプアセンブリのライザー管とインレットミキサとの間のポケット領域内に設置することができる。コンプライアントストッパは、本体22および、本体および脚部を連結するために使用される1つまたは複数のジャッキングボルト30を締結することによって離間される、脚部を含む。本体に取り付けられたコールドスプリング22aは、インレットミキサがライザー管の中心線から離れるように、インレットミキサに加えられる横力を提供する。本体の前面の対向するボス間の隙間の幅およびコールドスプリング22aの遠位端を測定することによって、正確な横力をインレットミキサに加えることができる。 (もっと読む)


【課題】原子炉システム内の水化学を監視する電気化学的腐食電位プローブアセンブリを提供する。
【解決手段】高流速原子炉配管内のECPを監視するための電気化学的腐食電位(ECP)プローブアセンブリ110は、ECPセンサ100を越える、又はその周囲の流線を改善するエアフォイル形状のECPカバー114を含む。エアフォイル形状のカバーは、ECPカバー114の表面に垂直に穿孔されるフローホールを含む。従って、ECPプローブアセンブリ100内への炉水の流れ方向が変更され、ECPプローブ110への損傷を防止するのに十分にECPカバー114内部の流速を低減する。後付け部品として使用し易くするため、ECPカバー114は、既存のプローブウェルとプローブサブアセンブリの幾何形状に適合する円形セクションに隣接する楕円セクションを有してもよい。 (もっと読む)


【課題】圧力容器上部ヘッド内における非凝縮性気体の集積を防止しさらにプラントテスト及び停止においてRPVが充満された時における空気逸出のためのベントを形成する。
【解決手段】上部ヘッド29に配管を設け、該配管は、上部ヘッド29から下向きに延びかつ原子炉の外部に通り抜けて、該上部ヘッド29上に外部配管がない状態で気体が原子炉の外部に逸出するか又は強制的に通気されるのを可能にする。配管は、取外し可能に噛合う上部及び下部セクションを含むことができる。取外し可能な噛合せは、圧縮可能ベローズ及び対応するファネルを含むことができる。配管は、炭素鋼、ステンレス鋼及び/又はNi−Cr−Fe合金を含む原子炉安全材料で製作される。 (もっと読む)


【課題】ジェットポンプ三点滑り継手クランプ用の方法および装置を提供する。
【解決手段】沸騰水型原子炉(BWR)ジェットポンプ三点滑り継手クランプ(10)を設けてBWRジェットポンプ組立体(8)の滑り継手漏れ流体励起振動を軽減する。カラー(12a/12b)が、1つのシームレス構成部材として設けられるかあるいは数個に分離されて設けられ、ディフューザ(2)の上部クラウン(2a)上に設置される。カラーは、それぞれ入口ミキサ(4)およびディフューザに接触して入口ミキサをディフューザの内部の固定位置に水平方向において安定させる下部の1組の締結部材(14)および上部の1組の締結部材(16)を含む。上部締結部材は、カラーを軽量構成にするボス(18)によって固定することができる。(片持ち梁型張り出し部材(20)およびリップ(22)を含む)任意の片持ち梁型シールが滑り継手界面からの漏れを軽減する。 (もっと読む)


【課題】BWRジェットポンプ組立体(8)のインレットミキサ流体励起振動を緩和するためにインレットミキサ(4)およびディフューザー(2)を拘束するための沸騰水型(BWR)ジェットポンプ・インレットミキサ一体型スリップジョイント・クランプ(20)を設けるための方法および装置を提供すること。
【解決手段】このスリップジョイント・クランプは、インレットミキサの最下部の遠位端(4b)に向かって突出する垂直側壁(10b)を備える水平方向に突き出るフランジ(10)を有する。フランジを貫通する締結具(14)が、締められて上側冠部分(2a)をディフューザー上に押圧することにより、ディフューザー上に付勢荷重を加える。1つまたは複数のフランジが使用されてよい。フランジ間の、横方向に配置される隙間(P)が、ディフューザーのガイドイヤーをフランジ間に嵌め込むためのクリアランスを形成していてよい。 (もっと読む)


【課題】新たな構造のリストレーナブラケットを提供する。
【解決手段】ハードストップ200は、原子炉内で、リストレーナブラケットとインレットミキサとを分離して押圧し、リストレーナブラケットを把持するリップクランプ250と、インレットミキサを押圧するウェッジ部材とを含む。ウェッジ部材及びリップクランプ250は互いに摺動して、リストレーナブラケット及びインレットミキサを押圧できる方式で係合される。リップクランプは、リストレーナブラケットの面を把持するクランプアーム251及び係合部材252を含む。ラチェットアセンブリは、ハードストップの各種の部品の選択的位置決め状態を維持する。 (もっと読む)


1 - 10 / 101