説明

レイトラム,エル.エル.シー.により出願された特許

1 - 10 / 43



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

ベルト移動方向に進むコンベアベルト上で物品を測定するためのコンベアおよび方法。ベルトの物品支持ローラが、上流加速ゾーンを画定する静止支持表面によって作動され、物品をコンベアベルトに沿って前方に加速する。コンベアベルトよりも速い速度でベルト移動方向に進む起動ベルトが、下流減速ゾーンにおいてベルト移動方向と反対に回転するようにベルトローラを作動する可動支持表面を提供する。コンベアベルトはまた、規則的に離間された格納可能なフライトを有し、フライトは、加速ゾーンでの静止支持表面との接触によって格納され、減速ゾーンでの可動支持表面との接触によりブロック位置に延出する。減速ゾーンの物品は、フライトの前面に対して測定位置までローラの上で後方に押される。 (もっと読む)


2つの互いに垂直なコンベアベルト(12、16)の間で物品を移動するための自動クリア式コンベア移動システム。移動システムの1つの変形が、隆起リブベルト(12)の端部に延在する一端のフィンガ(56)と、フィンガに垂直な軸の周囲を回転する反対端の動力駆動式ローラ(62)とを有するフィンガ移動プレートを含む。隆起リブベルトに対して垂直な第2コンベアベルト(16)が、ローラ軸(64)と平行に進む。物品が1つのベルトから他方のベルトへ、フィンガ移動プレートを横切って移動する。ローラが動力駆動式のため、遅れをとった物品が移動プレートに残留しない。 (もっと読む)


物品を上流側コンベア(30)から下流側コンベア(31)へ間隙(38)を横切って移動させるためのコンベア移動システムおよび移動プラットフォーム。移動プラットフォーム(40)は、端部が向かい合うように配置される2つのコンベア(30、31)間の間隙(38)内に収まる。コンベアの少なくとも1つが、間隙において反転要素(46)の周囲で方向を反転するコンベアベルト(36)を含む。移動プラットフォーム(40)は、間隙内で浮き、コンベアフレームと直接連結することなく、コンベアベルト(36)またはその反転要素(46)によって支持される。 (もっと読む)


熱処理プロセスを通して連続的に製品を搬送するセンサ搭載コンベアベルトを含む環境制御されたコンベアシステム、およびセンサの瞬間位置を特定する方法に関する。温度センサまたは他のセンサはコンベアベルトの幅にわたって、その長さに沿って組み込まれ、殺菌装置トンネルを通るような熱処理プロセスを通る製品と共に進行する。センサの測定結果は、システムをモニタまたは制御するためにベルトから遠隔システムコントローラに無線送信される。環境またはベルトの状態を測定するセンサからのデータを用いてセンサの瞬間位置を特定し、センサのデータをセンサ位置と連動させる。 (もっと読む)


コンベアベルトを突き合わせ溶接するためのベルトスプライサー及びその動作方法。ベルトスプライサーは、クランプジョー(12、13)を有し、クランプジョーは、2つのベルト部分(26,27)の突き合わせ縁部を加熱ワンド(60)の対向端に接触させ、互いに溶接するとき2つの溶融された突き合わせ縁部を一緒に保持するように閉鎖する。トグルリンク機構組立体(36)は、クランプされたジョーを閉鎖状態に係止し、エネルギーをばね機構(56、57)に蓄積する。トグルリンク機構組立体は、ばねのエネルギーを迅速に解放させ、クランプジョーの開放を加速させて、溶融された突き合わせ端部を、くっつかないようにワンドの側から遠ざかる方へ迅速に引き離す。別の形態では、スプライサーを閉鎖し迅速に開放するため、トグルリンク機構組立体及びばね機構の代わりに、エアシリンダが使用される。 (もっと読む)


1またはそれ以上の中間駆動ベルト(60)でコンベヤベルト(66)を駆動するための中間駆動システムである。中間駆動ベルト(60)は、当該中間駆動ベルト(60)の長さに沿って間隔を空けて設けられた回転可能な歯(44)の横方向の列を含む。歯(44)は、搬送路の一部に沿ってコンベヤベルト(66)内に延び、搬送方向にコンベヤベルト(66)を駆動する。歯(44)が接触する中間駆動ベルト(60)の外部の唯一の構成要素が、中間駆動ベルト(60)である。コンベヤベルト(66)との歯(44)の係合および離脱は、歯に対してカムを使用することなく達成される。 (もっと読む)


チェックポイントシステムと、チェックポイントシステム用のホイール付容器と、ホイール付容器に入った物品をチェックポイントシステムに通して搬送する方法である。各容器は、当該容器の平坦な底面の下に延在しない4つのホイールを具える。これにより、容器は中身が入れられるときに、その底部で浅い樋が設けられた取り外しテーブルに沿ってスライドされ、その底部でチェックポイントを通して搬送され、そのホイールでより深い樋を有する取り出しレーンに沿って転がる。取り出しレーンの下の容器返却部が、容器を取り外しテーブルの下の容器保存キューに戻す。チェックポイントの出力側のソータが、例えば容器の内容物が問題のないレーンと怪しいレーンといった1またはそれ以上の取り出しレーンに容器を選択的に偏向させる。 (もっと読む)


二重螺旋の螺旋コンベヤ(42)、螺旋コンベヤの上下に物品を運搬する方法、及び、螺旋コンベヤのための駆動ドラムを組み立てる方法。二重螺旋の螺旋コンベヤ(42)は、ベルトの外縁に係合することによって螺旋ドラムの内側を上に、及び、ベルトの内縁に係合することによってドラムの外側を下に、コンベヤ上で物品を運搬する。ドラムの底部の回転ドライブがコンベヤを駆動する。 (もっと読む)


1 - 10 / 43