ユニバーシティー ヘルス ネットワークにより出願された特許

1 - 4 / 4


【課題】処置を必要とする被験体におけるスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)のミスフォールド型によって媒介される医学的状態、疾患、または障害を処置するための方法を提供する。
【解決手段】処置を必要とする被験体におけるスーパーオキシドジスムターゼ1(SOD1)のミスフォールド型によって媒介される医学的状態、疾患、または障害を処置するための方法であって、薬学的に許容される媒体と、(1)SOD1のミスフォールド型に選択的に結合する外因性の抗体またはその断片、および/または(2)SOD1のミスフォールド型に選択的に結合する内因性の抗体の産生を誘発する免疫原、および/または(3)(1)もしくは(2)をコードする核酸配列から選択される物質とを含む組成物を、被験体に投与する段階を含む、方法。 (もっと読む)


癌幹細胞は他の癌細胞とは異なる代謝特性を示し、従って、従来の化学療法薬を用いた処置に容易に応答しない。本明細書に開示されている研究は、現在のところ、グリシルサイクリン系抗生物質チゲサイクリン(テトラサイクリン誘導体)が癌幹細胞に対する活性を含む抗癌活性を示すことを実証する。この抗新生物活性は癌細胞におけるミトコンドリアタンパク質合成の阻害によるものと思われる。好ましい実施形態では、処置される癌は、白血病、リンパ腫または骨髄腫などの血液癌である。
(もっと読む)


本出願は、複数遺伝子シグネチャーを手段として、肺癌患者を生存不良群または生存良好群に予後診断および分類する方法、およびアジュバント化学療法の利得を判定するための方法を提供する。本出願はまた、本出願の方法に用いるためのキットおよびコンピュータ製品も含む。

(もっと読む)


本発明は、処置を必要とする被験体におけるスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)のミスフォールド型によって媒介される医学的状態、疾患、または障害を処置するための方法を提供する。本方法は任意で、薬学的に許容される媒体と、(1)SODのミスフォールド型に選択的に結合する外因性の抗体またはその断片、および/または(2)SODのミスフォールド型に選択的に結合する内因性の抗体産生を誘発する免疫原、および/または(3)(1)もしくは(2)をコードする核酸配列、から選択される物質とを含む組成物を被験体に投与する段階を含む。特定の態様において、本発明は、筋萎縮疾患特異的エピトープおよびこれらのエピトープが含まれる組成物を用いて、アルツハイマー病、パーキンソン病、または筋萎縮性側索硬化症のような疾患を処置する方法を提供する。本発明はまた、単量体またはミスフォールドSOD1に結合するが、天然のホモ二量体SOD1の分子表面上に存在しない抗体を提供する。さらに、本発明には、被験体におけるアルツハイマー病、パーキンソン病、または筋萎縮性側索硬化症を診断する方法が含まれる。同様に、本発明は、アルツハイマー病、パーキンソン病、または筋萎縮性側索硬化症を処置または予防するための物質を同定する方法、および本発明の結合タンパク質を用いるキットを提供する。

(もっと読む)


1 - 4 / 4