説明

バイエル・アニマル・ヘルス・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツングにより出願された特許

11 - 20 / 32


本発明は、少なくとも1種の殺虫性有効成分、セルロース繊維およびポリマーまたはポリマーマトリックスを含む殺虫性防除デバイスに関する。セルロース繊維とポリマーの組合せは、殺虫性防除デバイス内の液体殺虫性有効成分の高負荷量を可能にし、輸送、保管および取扱い中に、有効成分を防除デバイス内に維持し、処置中に高い効力または害虫の防除をもたらす。殺虫性防除デバイスは、耳タグ、首輪またはビーストリップであり得る。 (もっと読む)


本発明は、針状医薬活性物質の粒径とストランド径との比が少なくとも1:15である少なくとも1種の針の形の医薬活性物質を含む押出物、および、医薬を製造するための該押出物の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、特にイヌおよびネコにおける、ジアルジア症の処置のためのニフルチモックスの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、トリコモナス目に起因する疾患、例えば、特にシチメンチョウにおけるヒストモナス症の処置のための、ニフルチモックスの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、アミノフェニルアミジン誘導体と環状デプシペプチドの組合せ、この組合せを含む製品、および、ヒトおよび動物の内寄生生物と闘うための、これらの組み合わせた物質の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、特に動物での使用に適する、活性物質の遅延放出を伴う固体医薬製剤に関する。 (もっと読む)


本発明は、心疾患を有する動物の電気生理学的な心臓のリモデリングを逆転させる方法に関する。より具体的には、本方法は、それを必要としている動物にβ−アドレナリン受容体遮断薬を投与することを含む。 (もっと読む)


本発明は、疎水性ケイ酸を含有する油をベースとする流体の懸濁液の安定化、および、そのタイプの懸濁液をベースとする医薬に関する。 (もっと読む)


本発明は、新規置換6−フェニルニコチン酸誘導体、それらの製造方法、疾患の処置および/または予防のためのそれらの使用、並びに、心血管疾患、特に異脂肪血症、動脈硬化症および心不全の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。

(もっと読む)


本発明は、動物で使用するための医薬製剤に関し、それは、動物の毛皮または皮膚に適用され、その後その有効成分は経皮吸収を受ける。 (もっと読む)


11 - 20 / 32