株式会社高山基礎工業により出願された特許

1 - 4 / 4


【課題】 場所打ちコンクリート杭を施工するための杭孔に残留しているスライムを地上側に汲み上げることが可能で、かつ重量物の移動を可能とするリフター装置付自走式スライム処理機を提供する。
【解決手段】 少なくとも水平方向に回動可能なブーム14を有し、進行方向の左右に設けられた無限軌道11によって地表GLを自走可能な自走装置本体10と、ブーム14に吊り具30を介して吊下げられ地表GLから地中に延びる杭孔90の底部に残留しているスライムSを地上側に汲み上げ可能な水中ポンプ40と、自走装置本体10における左右の無限軌道11の間に位置するロアフレーム13に取付けられ、地表GL側に位置する発電機100を持ち上げることが可能なリフター装置60と、を備え、リフター装置60の発電機100を積載する荷台80は、自走装置本体10の前進方向に移動した状態のブーム14に吊下げられた水中ポンプ40と無限軌道11の進行方向前端部11aとの間に位置する。 (もっと読む)


【課題】ケーシングが杭孔に強固に固着している場合でも油圧シリンダに過大な曲げ荷重が作用するのを回避すし、ケーシングを安全に引抜くことが可能なケーシング引抜装置を提供する。
【解決手段】地中に埋設され上部が地表Gに突出するケーシング102の直上に位置しクレーンと連結可能な水平横フレーム10と、横フレームの左右両端部で下方に延びる筒状の縦フレーム19と、横フレーム10の左右両端部側で縦フレーム19と上下に摺動可能に嵌合する筒状のガイド部22を有し、下端部を地表Gに設置するベース21と、横フレーム10の左右両端部側で上端部が横フレーム10に揺動可能に連結され、下端部がベース21に連結され、伸縮によりベース21に対して横フレームと10縦フレーム19とを上下方向に駆動する油圧シリンダ31と、横フレーム10に保持され地表Gから突出するケーシングの上部と連結可能な吊り具61とを備える。 (もっと読む)


【課題】 拡底率の大きな杭孔を掘削することが可能で、かつ上下方向の長さを短くすることが可能な拡底掘削用バケットを提供する。
【解決手段】平行移動リンク機構40の平行移動リンク部40Lの下側リンク部材43を第二の連結リンク部材41を介して第二の昇降フレーム30に連結することにより、油圧シリンダ60の上下方向の伸縮量に対して第一の昇降フレーム20の上下方向の移動量を大とする。 (もっと読む)


【課題】 スライムを周囲に拡散させることなく、杭孔の拡底部に沈積したスライムを確実に除去することが可能な自走式スライム処理装置およびスライム処理方法を提供する。
【解決手段】 水中ポンプ40を杭孔90内に巻上げ機23の吊り具30により昇降可能に吊下げ、吊り具30の下降により吊り具30または水中ポンプ40のいずれかに上部が揺動可能に連結される支持脚51の下端部を杭孔90の拡底部90bに着地させるとともに、支持脚51の下端部を中心として支持脚51を拡底部90bの内壁面側に傾倒させ、支持脚51の傾倒により水中ポンプ40を拡底部90bにて杭孔90の軸部90aの内壁面よりも半径方向外方に移動させた状態で沈積したスライムSを水中ポンプ40により吸込む。 (もっと読む)


1 - 4 / 4