説明

ヤンセン バイオテツク,インコーポレーテツドにより出願された特許

41 - 50 / 77


本発明は、ヒトインターロイキン−13(IL−13)タンパク質又はその断片に対して免疫特異的である改変抗体、並びに、治療指示を含むその製造及び使用方法に関する。
(もっと読む)


本発明は、多能性幹細胞を分化させる方法を目的とする。具体的には本発明は、多能性幹細胞を胚体内胚葉系に特徴的なマーカーを発現している細胞へと分化させるのに十分な量のGDF−8を含有する培地中で、多能性幹細胞を培養することを含む、多能性幹細胞を胚体内胚葉細胞に特徴的なマーカーを発現している細胞へと分化させるための方法及び組成物を目的とする。
(もっと読む)


本発明は、多能性幹細胞を分化させる方法を目的とする。具体的には、本発明は、多能性幹細胞を胚体内胚葉系に特徴的なマーカーを発現している細胞へと分化させるための方法及び組成物を目的とする。本発明はまた、胚体内胚葉系に特徴的なマーカーを発現している細胞へと多能性幹細胞を分化させ得る剤を、生成及び精製する方法も、提供する。
(もっと読む)


真核細胞の流加培養における生存率を高める方法を開示する。 (もっと読む)


細胞内のMDM2のD300A変異型を過剰発現することによって、真核細胞の流加培養において分泌タンパク質の生存度及び産生を増加させる方法が開示される。 (もっと読む)


メラノコルチン受容体結合ミメティボディポリペプチドが開示される。これらのポリペプチドをコードするポリヌクレオチド、これらのポリヌクレオチドを含む又はミメティボディを発現する細胞、並びにこれらの製造方法及び使用方法もまた開示される。 (もっと読む)


本発明は、多能性細胞を処理するための方法を目的とし、GSK−3Bの酵素活性阻害剤で多能性細胞を処理することによって、多能性細胞を培養液中で効率的に増殖させ、かつ分化させることができる。 (もっと読む)


本発明は、タンパク質又は細胞外マトリクスで前処理されていない組織培養基質上の培養物中で容易に増殖することができ、フィーダー細胞株を必要としない多能性細胞を目的とする。本発明はまた、ヒト胚幹細胞から多能性細胞株を誘導する方法を提供する。
(もっと読む)


TNFRSF1A SNP rs4149581(配列番号1)、TNFRSF1 B SNP rs3766730(配列番号2)又はTNFRSF1 B SNP rs590977(配列番号3)のSNPのうちの少なくとも1つと対応するヌクレオチド配列を構成する群からの少なくとも1つの構成要素の少なくとも一部からなる核酸断片を備えるパネルと接触する試料に対応する、1つ以上の遺伝子の発現の存在、不在及び/又は規模を評価する、患者の、例えば重症の又は持続型の喘息などのTNF媒介性疾患についての標的治療の適合性及び/又は有効性を評価するための方法であって、これは連鎖不平衡(LD)にある試料中の1つ以上のかかるSNPの判定をもたらす。本方法は、患者対してかかる治療の前又は後に標的となる治療法の有効性の同定を可能にする。 (もっと読む)


本発明は、貧血を治療するためのEPO模倣ペプチドを含む組成物を使用する方法に関する。本発明は、骨髄異形成症候群(MDS)による血液中の赤血球及びヘモグロブリンの不十分な量によってか、又はアルファ若しくはベータサラセミア、又は鎌状赤血球病等の異常ヘモグロビン症に特徴がある疾患を治療する方法に関する。 (もっと読む)


41 - 50 / 77