トモソウ・ジャパン株式会社により出願された特許

1 - 3 / 3


【課題】30分単位で計測され、見える化された使用電力量の30分単位で把握される使用動向を用いることによって個々の電力需要居住者の健康維持状況の把握と各種の健康障害発生状況を推定する。
【解決手段】入力された30分ごとの使用電力量を時間順に集積して一日の使用量変化に基づいて形成された使用電力量変化データパターン図を用いて、当該使用電力量変化データパターン図を集積し、一日ごとの使用電力量変化データパターン図と格納された個々の健康維持状態に対する健康障害発生推定状態変化パターン図と比較することで30分ごとの使用電力量変化が反映された変化パターンの度合いから近似する健康維持状態に対する健康障害発生推定状態パターン図を選択し、健康維持状態に対する健康障害発生状態を推定する。 (もっと読む)


【課題】観光を行おうとする多くの利用者が高速道路を利用して観光を行うことになることに着目し、高速道路が持つ利便性、地図上の位置の判明さ、サービスエリア間に存在する距離を活用することによって蓄電池への充電に長時間を要するという課題を解決し、観光地という不慣な地域において簡便に当該課題を解決することのできる電気自動車の走行を支援する。
【解決手段】地図情報から取得された地図上に、予め特定された高速道路EV中継点が付加表示されることで、各サービスエリアに関連して高速道路EV中継点地図を形成する高速道路EV中継点地図形成手段及び設定ドライブルート情報と、この設定ドライブルート情報から取得された設定ドライブルートが備えた高速道路を含んで形成された高速道路中継点地地図とを組み合わせて画面表示することで高速道路EV中継点付加表示の設定ドライブルートを画面表示する画面表示手段を備える。 (もっと読む)


【課題】サービス利用者であるユーザーのネット情報サービス利用者が有料とされている場合に、サービス利用者の利用を無料として利用者の便宜を図ると共に、当該利用者がローカルエリアに滞在する期間が料金条件に反映されて利用に際して当該ローカルエリアへの集客、契約代理者の活用の増大を図る。
【解決手段】制御中継手段が、通信許可がなされた時に、通信可能なローカルエリア情報に基づいて通信可能とされたローカルエリアをポインタ指示するポインタ指示マークを情報通信端末に送信し、前記ローカルエリア滞在情報とローカルエリア滞在期間情報の双方の情報が登録されているときに、情報通信端末を通信ネットワークへの通信許可操作をなし、ローカルエリア滞在情報とローカルエリア滞在期間情報のいずれかについての登録がないときに通信不許可操作とする。 (もっと読む)


1 - 3 / 3