カヴァディス・ベスローテン・フェンノートシャップにより出願された特許

1 - 2 / 2


本発明は、心血管系イベントを発症するリスクの指標となるバイオマーカーが被験体からのエキソソーム中に存在することを判定するステップを含む、心血管系イベントを発症する被験体のリスクを予測する方法に関する。前記エキソソームは、血清、血漿、血液、尿、羊水、悪性腹水、気管支肺胞洗浄液、滑液、母乳および唾液から選択される体液、特に血清から適切に単離される。前記バイオマーカーは、ビトロネクチン、セルピンF2、CD14、シスタチンC、プラスミノーゲン、ナイドジェン2のタンパク質、またはこれらのタンパク質を2種類以上組み合わせたものから選択される。
(もっと読む)


本発明は、心血管イベントを発症する対象のリスクを予測する方法であって、前記対象の心血管系(の試料)中の少なくとも1つのバイオマーカーを検出するステップを含み、前記バイオマーカーが、腫瘍壊死因子α前駆体、リソソーム膜タンパク質(1)、インターロイキン5前駆体、インターロイキン6前駆体、C−Cモチーフケモカイン(2)前駆体、C−Cモチーフケモカイン(5)前駆体RANTES、カテプシンL1前駆体、アデニル酸キナーゼ(1)、ロイコトリエンB4受容体(1)、補体因子D、分泌性リン酸化タンパク質(1)、小分子誘導性サイトカインA17前駆体、C−X−Cモチーフケモカイン(10)前駆体、腫瘍壊死因子リガンドスーパーファミリーメンバー(11)(RANKL)、C−Cモチーフケモカイン(18)前駆体、72kDa IV型コラゲナーゼ前駆体、好中球コラゲナーゼ前駆体、脂肪酸結合タンパク質(4)、カルパイン(2)、(m/II)大サブユニット、マクロファージ遊走阻害因子、カテプシンS前駆体、インターロイキン(13)前駆体および可溶性ICAM−1からなる群から選択される少なくとも1種のタンパク質を含む方法に関する。
(もっと読む)


1 - 2 / 2