説明

インターデイジタル パテント ホールディングス インコーポレイテッドにより出願された特許

81 - 90 / 229


方法および装置により、リソースの信号伝送を効率よく行い、リソースを効率よく使用して、CS(回線交換)およびPS(パケット交換)セッションをサポートするワイヤレス通信を行う。WTRU(ワイヤレス送信/受信ユニット)とモビリティ管理エンティティ(MME)、VLR(ビジターロケーションレジスタ)、および基地局(BS)などの様々なネットワークエンティティとの間の信号伝送および相互のやり取りを使用して、PSシステムにおけるCSFB(回線交換フォールバック)を実装する。

(もっと読む)


双方向中継無線通信の方法および装置が、1つのソースノードおよび2つのターゲットノードのために複数のビットストリームを合成し、ネットワーク符号化された、合成されたビットシーケンスをブロードキャストし、送信用のタイムスロットの数を削減することができる。第1のデバイスが、ソースノードおよびターゲットノードから、あるタイムスロットで同時に信号を受信することができる。第1のデバイスは、ソースノードおよび複数のターゲットノードから、次に続くタイムスロットで同時に後続の信号を受信することができる。受信された信号に、階層変調を適用することができる。第1のデバイスは、受信された信号を復号し、ブロードキャスト送信用の複数の中間ビットシーケンス(IBS)を生成することができる。生成されたIBSを、チャネル条件に従ってグループ化することができる。第2のデバイスは、ブロードキャスト送信を受信し、第2のデバイス向けであるブロードキャスト送信の一部分を復号するように構成することができる。
(もっと読む)


ユーザーは、1つまたは複数の別々のドメインがあり、それぞれのドメインが1つまたは複数の異なるローカルもしくはリモート所有者によって所有もしくは制御されうる、1つまたは複数のデバイスを備えるシステムを介して加入方式のサービスにアクセスすることができる。それぞれのドメインには、異なる所有者があってもよく、加入方式のサービスを提供するリモート所有者は、リモート所有者ドメインと称することもできる、ドメインの所有権を獲得しているものとしてよい。さらに、ユーザーは、ユーザードメインとも称することができる、ドメインの所有権を獲得しているものとしてよい。ユーザーが加入方式のサービスにアクセスするために、登録および資格証明ロールアウトが必要になる場合がある。例示的な登録および資格証明ロールアウトのプロセスは、ユーザーの登録、リモート所有者からの資格証明の取得、および資格証明の格納を含むことができる。
(もっと読む)


アップリンクにおける多重アンテナ送信の送信電力制御に対する技術を開示する。ワイヤレス送受信ユニット(WTRU)は、送信に対して少なくとも1つの入力ストリームを生成し、それぞれのチャネルに利得係数を適用する。利得係数は、基準チャネルの電力推定結果に基づいて決定される。WTRUは、複数のアンテナを介した送信のために入力ストリームから少なくとも2つのデータストリームを生成し、重みをそれらのデータストリームに適用する。利得係数および/または重みは、それぞれのアンテナ上の送信電力が最大許容値の範囲内となるように制御される。WTRUは、アンテナ上の送信電力が最大許容値を超えるという条件の下で電力スケーリングを実行することができる。WTRUは、他のチャネルの前に最初に拡張専用チャネル(E−DCH)個別物理データチャネル(E−DPDCH)をスケールダウンすることができる。複数のE−DCHストリームについて、WTRUは、多重ストリーム伝送による追加の電力オフセット係数に基づきE−DPDCH電力オフセットを計算することができる。
(もっと読む)


電力制御のための方法および装置を説明する。1つまたは複数のWTRUの電力増幅器(PA)で送信を行うことができる複数のコンポーネントキャリア(CC)をサポートすることを目的とする電力制御関係のデータの計算およびシグナリングための方法を含む。CC特有の電力制御関係のデータおよびPA特有の電力制御関係のデータの1つまたは複数の計算およびシグナリングための方法を含む。電力制御関係のデータは、最大電力、電力ヘッドルーム、および送信電力のうちの1つまたは複数を含みうる。交換すべき電力制御関係のデータを選択するための方法を含む。物理UL共有チャネル(PUSCH)、物理UL制御チャネル(PUCCH)、並びにPUSCHおよびPUCCH同時送信を目的とする電力制御関係のデータの計算およびシグナリングための方法を含む。
(もっと読む)


キャリアアグリゲーションシステム向けに、アップリンク制御情報およびフィードバックを送信するための方法およびシステムが開示されている。ユーザー機器デバイスは、1つまたは複数のアップリンクコンポーネントキャリアを使用していくつかのダウンリンクコンポーネントキャリア向けにアップリンク制御情報および他のフィードバックを送信するように構成されうる。ユーザー機器デバイスは、物理アップリンク共有チャネルではなく物理アップリンク制御チャネルを使用してそのようなデータを送信するように構成されうる。ユーザー機器デバイスは、送信するアップリンク制御情報およびフィードバックデータ、アップリンク制御情報およびフィードバックデータを送信するために使用する物理アップリンク制御チャネルリソース、およびアップリンク制御情報およびフィードバックデータを物理アップリンク制御チャネル上で送信する方法を決定するように構成することができる。
(もっと読む)


複数のコンポーネントキャリア(CC)上の伝送の伝送電力を制御または決定するための方法および装置が開示される。WTRUは、複数のCCにマッピングされた複数のチャネルの各々について送信電力を設定することができる。チャネルは、少なくとも1つの物理アップリンク共有チャネル(PUSCH)を含むことができ、さらに少なくとも1つの物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)も含むことができる。
(もっと読む)


周波数間測定および/または無線アクセス技術(RAT)間測定を実行するための技法が開示される。マルチ受信機無線送受信ユニット(WTRU)は、同時に複数のダウンリンクキャリアを介して、ダウンリンク送信を受信することができる。WTRUは、少なくとも1つの受信機が非アクティブである場合には、測定ギャップを用いずに、非アクティブな受信機を使用して、周波数間測定および/またはRAT間測定を実行することができる。WTRUが、使用不可キャリア上で測定命令を受け取った場合、WTRUは、使用不可キャリアの状態を使用不可に維持しながら、非アクティブな受信機を使用して、測定ギャップを用いずに、使用不可キャリア上で測定を実行することができる。WTRUは、トリガ条件が満たされ、少なくとも1つの受信機が非アクティブである場合には、自律的に周波数間測定および/またはRAT間測定を実行することができる。
(もっと読む)


マルチアンテナを使用したアップリンク送信のための方法および装置が開示される。無線送受信ユニット(WTRU)は、時空間送信ダイバーシチ(STTD)用に構成された物理チャネルの入力ストリームに対してSTTD符号化を実行する。各物理チャネルは、同相(I)ブランチまたは直交位相(Q)ブランチにマッピングすることができる。WTRUは、バイナリ領域または複素領域でSTTD符号化を実行することができる。さらに、WTRUは、E−DPDCHを含めた少なくとも1つの物理チャネルに対するプリコーディング重みによるプリコーディングと、プリコーディングされた出力ストリームの、複数のアンテナを介した送信とを実行することができる。プリコーディングは、拡散動作後または拡散動作前に実行することができる。
(もっと読む)


WTRU(無線送受信ユニット)のPUCCH(物理アップリンク制御チャネル)およびSRS(サウンディング基準信号)の送信のための電力制御方法を含む、複数の送信アンテナを有するデバイスの電力制御が開示される。PUCCHおよびSRSの電力制御方法は、MIMO(多入力多出力)モードを選択することと、選択されたMIMOモードに基づいてPUCCHまたはSRSの送信の電力を変更することとを含む。別の電力制御方法は、少なくとも2つの送信アンテナを有するWTRUのAGI(アンテナ利得アンバランス)を推定する。AGIは、各送信アンテナ上のRSRP(基準信号受信電力)を測定することに基づく。次いで各送信アンテナは、推定されたAGIに基づくAGI倍率によって変倍される。
(もっと読む)


81 - 90 / 229