説明

カール・フロイデンベルク・カー・ゲーにより出願された特許

1 - 10 / 19


【課題】低コストで製造可能でクランクシャフト端部に容易に組み付けられる、トルク変動吸収ダンパなどのクランクシャフト装備品を提供する。
【解決手段】クランクシャフト装備品は、インナーハブ2と、インナーハブを取り囲むアウターハブ3と、リム体4とを有する本体を備えている。リム体4はエラストマー5を介してアウターハブ3を外囲するようにアウターハブに接合されている。インナーハブ2は軸方向に延びて、締め付け体を収容するための中央貫通孔6を有する。アウターハブ3またはインナーハブ2にはトルクを受け止めるトルク受け手段が設けられ、トルク受け手段はアウターハブ3またはインナーハブ2から軸方向に棒状に突き出した複数の棒状部材7として形成されている。 (もっと読む)


【課題】高いボリューム感と心地よい手触り以外に、弾力性の点で改善された弾性特性および可逆的弾性を有するようにすると共に、この接着芯地が容易かつ低コストで製造可能な接着芯地の提供。
【解決手段】柔接合されて水噴射構造化されたパイル1またはフリースからなる担体を備え、担体は選択された面域のみが接合剤によって接合されているとともに少なくとも片面に粘着層4を備えており、担体は網目状の有孔構造2を有する、フロント接着芯地として使用可能な接着芯地。 (もっと読む)


【課題】多軸ダンピングが可能で、軸方向にコンパクトな構造の流体式マウントを提供する。
【解決手段】エラストマー材料からなる円錐台状の弾性体3によって重なり合って支持された受け台1および支持台2、ならびに、ダンパー流体で満たされた作用室4と調整室5とを備え、作用室4と調整室5とが隔壁7によって軸方向8で互いに空間的に分離されているとともに軸方向8に作用する振動を減衰させるための第1のダンパー手段9によって流体流通可能に接続されている。弾性体3は、中間筒部10によって接続された弾性体部3a、3bを含み、作用室4内には径方向12に作用する振動を減衰させるための第2のダンパー手段11が配置され、中間筒部10と第2のダンパー手段11とは互いにつながり形成されている。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

互いに隣接配置されるとともに互いの間に中間スペース(3)が形成された少なくとも2個のセル(1)からなるモジュール電池であって、容易に製造されてポジショニングされた後、当該材料が耐久的に保護されるようにしてセルがモジュール電池内に収容されるように構成したモジュール電池を提供しようとする課題のために、中間スペース(3)はセル(1)の温度調整を行うための多孔性を有する変形可能な補償材(4)で充填されていることを特徴とするモジュール電池。
(もっと読む)


接着剤でコーティングされた繊維担体から構成され、刺繍接着芯地として使用される芯地であって、前記接着剤は水溶性の熱可塑性ポリマーを有する芯地において、従来の技術から公知の接着剤を水溶性芯地とくに不織布に問題なく使用し得るように構成・改良しようとする課題のために、前記接着剤は水性ポリマー分散液またはポリマー溶液あるいはその両方として形成されている芯地。 (もっと読む)


【課題】通常運転時には高信頼度の密閉性を有するが、故障発生時には電解質を問題なくかつ指向性をもって逃がすことができるような電池構成を提供する。
【解決手段】電池用シール枠1が、枠本体2を含み、この枠本体2は開口3を包囲しかつ枠本体2は第1シール面4と当該シール面とは反対側の第2シール面5とを有する。第1シール面4または第2シール面5あるいはその両方は弾性圧縮可能に形成されている。 (もっと読む)


水中に良好に分散可能であって、特に、多彩な繊維製面状構造物の経済的かつできるだけ環境適合的な含浸および/またはコーティングに適した反応性ポリウレタン乳濁液ないし軟質ポリウレタンを製造するための方法が開示される。さらに、本方法により、特に、衣料品、クッション表面、ライニングおよび/または医療、工業または軍用利用されるテキスタイル用の、特に良好な着用感ないし扱い易さを意図したとりわけソフトな、触感の点でレザーに類似し、さらに、好ましくは耐光性も具えた繊維製面状構造物の製造が可能となる。本方法はさらに、均一な、特に洗濯に強い、耐久的な難燃性、抗微生物性、防汚性または親水性仕上げ加工にも適している。そのため、ポリオールがジイソシアネートと化学量論的不足下で反応させられる、またはポリオールがジオールおよび/またはトリオールと組み合わされてジイソシアネートと化学量論的不足下で反応させられて、中粘度の、OHを末端基とするプレポリマーが製造される。OHを末端基とするこのプレポリマーは外部乳化剤と混合され、OHを末端基とする該プレポリマーの後架橋反応のために、ジイソシアネート、トリイソシアネート、ポリイソシアネートのいずれかあるいはそれらを組み合わせたものが添加され、場合により前もって当該難燃剤、抗微生物剤、防汚剤または親水剤と混合されて、反応させられる。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1つのステープルファイバーフリースからなる接着層(A)であって、融解温度または軟化温度あるいはその両方の温度が60〜165℃の範囲にある、(層(A)を基準にして)少なくとも50重量%の割合を占める融着または非融着熱可塑性ステープルファイバーあるいはそれらが混在したステープルファイバーを有する少なくとも1つのステープルファイバーフリースからなる接着層(A)ならびに少なくとも1つのステープルファイバーフリースまたは1ステープルファイバー不織布からなる層(B)であって、170℃を上回る軟化・融解温度、またはそれが存在しない場合には170℃上回る分解温度を有する、(層(B)を基準にして)80重量%〜100重量%の割合を占める少なくとも1つのステープルファイバーフリースまたは1ステープルファイバー不織布からなる層(B)を含み、接着層(A)および層(B)は互いに結合されているように構成した熱接着性不織布芯地に関する。本発明はさらに、本発明による不織布芯地を製造するための方法ならびに該不織布芯地の好ましい使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、自動車内装材用の不織布と、その製造方法とに関する。製造方法は、不織布の表面又は裏面をプリントする工程と、その後、不織布の裏面をアルカリエッチングする工程とによって特徴付けられる。更に、製造方法は、プリント工程の前に、不織布の表面又は裏面をコーティングしてもよい。従って、本発明は、種々の形状を有し、優秀な成形性と吸音性とを備える自動車内装用の不織布を提供する。
(もっと読む)


1 - 10 / 19