株式会社ナノにより出願された特許

1 - 1 / 1


【課題】パイル地からなる端縁部を処理するために、従来技術のようなヘム部を予め一体に織成することなく、また提案技術のような添糸等の他物を使用することなく、パイル地自体で端部処理したタオル製品を提供する。
【解決手段】パイル地20からなる端縁部21をパイル地本体側へ折曲げて折重ね部30を形成し、折重ね部30の上部から複数本の糸を扁平に縫着して端部25に扁平縫着部40を形成し、パイル地の端縁部21をパイル地原反から切り出された切断部22とすることができ、パイル地の端縁部21を扁平縫着部40の内側に位置するように折重ね、また扁平縫着部40の外側に折重ね部30からなる折曲縁部32を形成することができる。 (もっと読む)


1 - 1 / 1