メリオン・リサーチ・III・リミテッドにより出願された特許

1 - 4 / 4


本発明は、消化管に投与すると治療活性成分の治療上効果的な血中レベルを対象にもたらすのに効果的な医薬組成物を提供する。一態様では、前記医薬組成物が、治療上効果的な量の治療活性成分と、少なくとも1種の水溶性増強剤、例えば、中鎖脂肪酸または中鎖脂肪酸の塩、エステル、エーテルもしくは誘導体であり、炭素原子約4個から約20個の炭素鎖長を有する増強剤と、糖とを含む。
(もっと読む)


本発明は、被験体におけるビスホスホネート化合物に応答性である医学的状態を治療または予防する方法を提供する。本方法は、前記被験体に前記ビスホスホネートの治療有効量を含む医薬組成物を隔週1回以上の頻度の投与スケジュールで投与するステップを含む。一部の実施形態では、前記ビスホスホネート化合物はゾレドロン酸である。 (もっと読む)


本発明は、治療上有効な量の少なくとも1種類のペプチド、ポリペプチド、またはその類似体もしくは誘導体、および該ペプチド、ポリペプチド、またはその類似体もしくは誘導体の安定性を向上させるために十分な量の少なくとも1種類の安定化剤を含む組成物を提供し、少なくとも1種類の安定化剤は、約4〜約20炭素原子の炭素鎖長を有する中鎖脂肪酸塩、中鎖脂肪酸のエステル、中鎖脂肪酸のエーテル、または中鎖脂肪酸の誘導体であるか、または界面活性剤である。ペプチド、ポリペプチド、タンパク質、それらの類似体および/またはそれらの誘導体の調製のための方法も提供される。該方法は、前記ペプチド、ポリペプチド、タンパク質、またはその類似体もしくは誘導体と、前記ペプチド、ポリペプチド、タンパク質、またはその類似体もしくは誘導体の安定性を向上させるために十分な量の少なくとも1種類の安定化剤を混合することを含み、前記安定化剤は、約4〜約20炭素原子の炭素鎖長を有する中鎖脂肪酸塩、中鎖脂肪酸のエステル、中鎖脂肪酸のエーテル、または中鎖脂肪酸の誘導体であるか、または界面活性剤である。 (もっと読む)


本発明は、経口投与、注射投与および他の投与形態に好適な、GnRH関連化合物の組成物を提供し、組成物のゲル化特性が因子である。本発明の組成物は、1つ以上のGnRH関連化合物の治療的有効量と、少なくとも1つの抗ゲル化剤の、GnRH関連化合物のゲル化を低減させるために十分な量とを含む。本発明は、1つ以上のGnRH関連化合物の組成物の調製のプロセスも提供し、プロセスはGnRH関連化合物を1つ以上の抗ゲル化剤と混合するステップを含み、抗ゲル化剤は、中鎖脂肪酸塩、または中鎖脂肪酸のエステル、エーテルもしくは誘導体を含み、炭素原子約4〜約20個の炭素鎖長を有し、または界面活性剤である。 (もっと読む)


1 - 4 / 4