サム・テクノロジーにより出願された特許

1 - 7 / 7


本発明は、コーティング材をスプレーするための回転式噴霧器(P)であって、固定された本体(2)、スプレー部材(1)、回転軸(X)を中心にした前記スプレー部材(1)の回転手段(T)、および、スプレー部材(1)にコーティング材を供給する手段(21)を備える回転式噴霧器(P)に関する。スプレー部材(1)は、コーティング材を受容する流面(11)と、コーティング材をスプレーするためのエッジ(12)とを含む。前記回転式噴霧器(P)は、流面(11)とエッジ(12)の上流とによって画定される空間内の半径方向(Y)に位置する所定領域内にエアを射出する手段(3)をさらに備え、該エア射出手段(3)は、コーティング材を供給する手段(21)から分離されている。前記エア射出手段(3)は、エア分配器を具備する前記流面(11)の中央領域(11.3)内にエアを射出する、前記流面(11)の上流部(11.1)内に配置される。
(もっと読む)


本発明は、静電気的噴霧器(P)に関するものであり、この噴霧器は、絶縁本体(1)と;回転動作可能な射出部材(2)と;回転駆動手段(7)と;高電圧供給手段(26)と;導電要素(2.1,6,22,23)と;噴霧部材(2)の回転速度を測定するための検出デバイス(40)と;を具備してなり、検出デバイス(40)は、回転構成要素上に配置された少なくとも1つのターゲット(41,42)と各ターゲットを検出するよう構成されたセンサ(43)とを含む。射出器(P)は、センサ(43)全体を導電要素(2.1,6,22,23)から絶縁するためにセンサ(43)を包囲するハウジング(51)を規定する少なくとも1つの壁(50)をさらに含む。センサ(43)は、本質的に軸線方向にある検出距離(H)によって回転するターゲット(41,42)によってスキャンされる空間(V)から離間されている。
(もっと読む)


バルブ(100)は、本体(101);流体の流れを流通させるための第1のチャネル(111);流体の流れを流通させるための第2のチャネル(112);各第1のチャネル(111)、第1のバルブ要素(130)のための第1のシート(123)を形成する本体(101)の開ポジションと閉ポジションとの間で第1の方向(X112)において横方向に移動可能な第1のバルブ要素(130);および各第2のチャネル(112)の開ポジションと閉ポジションとの間で第2の方向(X112)において横方向に移動可能な第2のバルブ要素(130);を備え、第1の方向(X112)および第2の方向(X112)は互いに平行であるかまたは一致している。第1のバルブ要素(130)は、第2のバルブ要素(120)のためのハウジング(140)を形成する。第1のバルブ要素(130)は、第2のバルブ要素(130)のための第2のシート(136)を形成する。
(もっと読む)


本発明のスプレーガン(1)は本体(11)を備えておりかつ本体(11)の近位部(11.1)に収容されており、タンク(10)が主軸線(X10)に沿って延在している。またスプレーガンは、本体(11)の遠位部(11.2)において、通常、噴霧方向(Y50)に被覆材料をスプレーするよう構成された噴霧部材(51)を有する噴霧手段(5)を備える。噴霧方向(Y50)とタンクの主軸線(X10)とは収束するようになっている。
(もっと読む)


本発明はタンク(10)が設けられた噴霧器(1)を詰め替えるためステーション(S)に関するものである。当該ステーションは:少なくとも1つの被覆材料サーキット(70〜79)を連結するための手段(121)と;噴霧器(1)を収容するための領域(250)を規定するクランプユニット(200)と;少なくとも1つのアキュムレータ(110,120,130,140,150)であって、その容積がタンク(10)の容積以上であり、連結部(121;170〜179)によって少なくとも1つの各サーキット(20;70〜79)に接続されたアキュムレータと;アキュムレータを加圧するための手段(125,120.1,120.2)と;クランプユニット(200)に各アキュムレータを接続するための手段(121,123〜153)と;タンクにクランプユニット(200)を接続するための手段(222)とを備える。
(もっと読む)


本発明の噴霧器(P)は:内側部分(20)と外側部分(70)とを備える本体(50)と;噴霧部材(1)と:被覆材料(J)が霧状体の形をとるように空気(J42)を放出するための、スプレー軸線(X)の周囲の放出チャネル(42)と;放出チャネル(42)と連通する放出チャンバ(324)と;放出チャネル(42)に空気を供給するための流入ダクト(201)と;を備える。当該噴霧器(P)は、さらに:スプレー軸線(X)に沿って並置されかつ延在する少なくとも2つの中間チャンバ(210,230,350)と;二つの並置された中間チャンバ(210.230,250)がスプレー軸線(X)の周囲に分散された中間チャネル(221−224,241−248)のセットを介して相互接続される、軸線方向中間チャネル(221−224,241−248)と;スプレー軸線(X)の周囲に分散されている流出ダクト(261−268)と;を備える。
(もっと読む)


この被覆製品を噴霧するための回転装置は、端部(12)を有し被覆製品の噴流を形成することができる噴霧部材(1)と、噴霧部材(1)を回転駆動する手段と、固定された本体(2)であって、回転軸線(X)を取り囲む第1の輪郭(C)上に配置され第1の方向に第1の空気噴流を噴射することが意図された第1のオリフィス、回転軸線(X)を取り囲む第2の輪郭(C)上に配置され第2の方向に第2の空気噴流を噴射することが意図された第2のオリフィスを含む本体(2)とを備える。各第1の方向及び各第2の方向のそれぞれの方向付け、並びに各第1のオリフィス及び各第2のオリフィスのそれぞれの位置によって、互いに関連する第1の空気噴流と第2の空気噴流の交差からそれぞれが得られる混合噴流(J46)が形成され、交差領域は端部(12)の上流に存在する。
(もっと読む)


1 - 7 / 7