ローム アンド ハース カンパニーにより出願された特許

1 - 10 / 524


【課題】混床系イオン交換樹脂として用いてもアグロメレーションを起こさず、表面がコーティングされているにもかかわらず一価イオンのみならず多価イオンの交換速度をも維持したカチオン交換樹脂を提供する。
【解決手段】カチオン交換樹脂は、水溶性カチオン高分子電解質で前処理されたカチオン交換樹脂であって、該水溶性カチオン高分子電解質は分子内に環状4級アンモニウム塩構造を有する。さらに該カチオン交換樹脂及びアニオン交換樹脂を含有する混床イオン交換樹脂を用いる。 (もっと読む)


【課題】コーティング組成物について改良された隠蔽性および低減された粗粒を提供する。
【解決手段】a)吸着性分散剤を含むTiOスラリーの水性分散物を吸着性ラテックスと接触させて混合物を形成する工程であって、前記TiOスラリーと前記吸着性ラテックスとの前記混合物のpHが前記TiOと前記吸着性分散剤との間の相互作用を抑制するのに充分高い工程、次いで、b)工程a)の前記混合物の前記pHを、前記TiOと前記吸着性ラテックスとの間の相互作用を促進させるのに充分に下げて、それにより複合体を形成する工程を含み、前記吸着性ラテックスがイタコン酸またはその塩の構造単位を含む方法。 (もっと読む)


【課題】天然皮革基材もしくは合成皮革基材を処理することで、低光沢を有する天然皮革もしくは合成皮革を得るための、水性コーティング組成物の提供。
【解決手段】下記A)、B)、C)を含む、水性コーティング組成物。A)水を含む水系溶媒を1〜95重量%;B)ポリマーバインダーを5〜80重量%;およびC)一般式[−CHCHO−](式中、n=1,000〜200,000)を有する水溶性ポリ(エチレンオキシド)樹脂を0.05〜10重量%。 (もっと読む)


【課題】フロアポリッシャー、仕上げ剤およびシーラー、並びに壁および床用塗料等として好適に用いることのできる、低光沢な水性コーティング組成物の提供。
【解決手段】A)水を含む水系溶媒を1〜95重量%;B)ポリマーバインダーを5〜80重量%;およびC)一般式[−CH2CH2O−]n(式中、n=1,000〜200,000)を有する水溶性ポリ(エチレンオキシド)樹脂を0.05〜10重量%;含む、床上に使用するためのコーティング組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明は、官能化イオン交換樹脂を使用して、退色を最小限にしつつ、ヘイズ形成化合物を除去する有効な方法を提供することにより、当該技術分野の課題を解決する。
【解決手段】本発明は飲料安定化に関し、より詳細には、イオン交換樹脂技術を用いてヘイズ形成物質を除去することによる飲料の安定化方法に関する。 (もっと読む)


【課題】(メタ)アクリル酸の製造プロセスにおける廃水流れから、酢酸のような有機化合物をを除去する方法を提供する。
【解決手段】特に、(メタ)アクリル酸、酢酸、プロピレンおよびアクロレインを含む混合生成物ガス1が分別吸収2にかけられて、(メタ)アクリル酸、水および酢酸を含む水性生成物流れ9と、プロピレンおよびアクロレインを含む吸収塔排ガス8とを生じさせる。この水性生成物流れは蒸留されて、精製された(メタ)アクリル酸流れ11と、水および酢酸を含む廃水流れ13,14とを生じさせる。次いで、吸収塔排ガスは廃水流れと接触させられて、そして酢酸の少なくとも一部分が廃水流れから吸収塔排ガスに移動して、ストリップされた廃水流れ17と、富化された吸収塔排ガス18とを生じさせる。 (もっと読む)


【課題】2−コンポーネント型ウレタンシステムの流動性を向上させる方法を提供する。
【解決手段】ヒドロキシ官能性アクリルポリマーを添加することにより、2−コンポーネント型ウレタンシステムの流動性を向上させる。 (もっと読む)


【課題】高固形分量で基体上にコーティングされうる低粘度2−コンポーネント型ウレタンシステムを提供する。
【解決手段】第1のコンポーネントはフタル酸、および60〜150のMを有する脂肪族ジオールの重合残基を含み、脂肪族酸の重合残基を15重量%を超えて有さないヒドロキシ末端ポリエステルポリオールである。第2のコンポーネントはジフェニルメタンジイソシアナートおよび/またはトルエンジイソシアナートと、90〜1000のMを有するグリコールまたはポリオールとの重合残基を含むイソシアナート末端プレポリマーである。 (もっと読む)


【課題】ポリプロピレン,ポリプロピレン共重合体などの熱可塑性半結晶質ポリオレフィン組成物の透明性を向上させる安価で性能が優れた新規透明化剤を提供。
【解決手段】熱可塑性半結晶性ポリオレフィンと、式:


(式中、Rはスペーサー基であり、各Rは周辺基であり、R及びR及びRのそれぞれは、独立してヒドロカルビル基から選択される)を有する1つ又はそれ以上のジ−アルキルビス−オキサルアミド化合物とを含む組成物である。 (もっと読む)


【課題】実用的で、用途の広い手段を持つ、PVCの配合で使用するためのワンパック添加剤パッケージの製造方法を提供する。
【解決手段】液体添加剤を、ある場合は、核に吸収させ、前記核を固体潤滑剤(1つ又は複数)とブレンドし、次いでそれを任意の固形添加剤および任意の乾燥剤とブレンドして自由流動性のドライブレンド粒状ワンパックを得る工程を含む。得られる層状ドライブレンド組成物は、次いで所望ならばペレット化してもよい。液体は、前記核に吸収され、この場合に温度は、潤滑剤のブレンド工程の間におよび後に、最も低い溶融潤滑剤ワックスの溶融温度よりも少なくとも5℃低く保持されるので、遊離の液体は存在せず、添加剤同士の間の可能な相互作用が避けられる。 (もっと読む)


1 - 10 / 524