説明

大同メタル工業株式会社により出願された特許

21 - 30 / 179





【課題】 樹脂製レンズ及び金属製ケースを用いながらも、集光効率の低下や密閉性の劣化がし難い集光型太陽光発電ユニット及び装置を提供する。
【解決手段】 保持部材5にホモジナイザー3及び太陽光発電素子4が組み付けられた後、ケース6の上端部の開口を塞ぐようにフレネルレンズ2が組み付けられ、ケース6の下端部の開口を塞ぐように保持部材5が組み付けられることにより、内部に太陽光発電素子4が収容された1つの集光型太陽光発電ユニット1を製作することができる。1つのケース6ごとに1つのフレネルレンズ2を組み付けてユニット化することにより、樹脂製のフレネルレンズ2と金属製のケース6との熱膨張差によってフレネルレンズ2に反りや歪みが生じたとしても、他の集光型太陽光発電ユニット1に影響が及ぶことがない。 (もっと読む)








21 - 30 / 179