説明

インテル・コーポレーションにより出願された特許

21 - 30 / 1,101


【課題】セキュアなサブスクライバ識別モジュールサービスのための方法、装置、システム、およびコンピュータプログラムプロダクトを提供する。
【解決手段】モバイルネットワーク経由の通信は、システムの通信サービスの起動要求がシステムのセキュアなパーティションで受信されると、起動する。要求を受信すると、セキュアなパーティションだけがアクセス可能な格納装置から許可サービスに対して鍵が取得される。この鍵は、通信サービスの起動を要求する許可に含められ、許可が通信デバイスのサービスプロバイダに送られる。サービスプロバイダは、許可サービスと通信して、許可のデジタル署名を取得する。セキュアなパーティションは、サービスプロバイダから署名された許可を受信して、署名された許可が許可サービスによるデジタル署名を含むことを確認し、署名された許可がデジタル署名を含むことが確認されると、システムの通信サービスを起動する。 (もっと読む)


【課題】携帯プラットフォームデバイス用のコンピューティング環境を変更するシステムおよび方法を提供する。
【解決手段】携帯プラットフォーム100は、ポリシーエンジン104に連結された感覚および位置判断エンジン102を含む。感覚および位置判断エンジンは、携帯プラットフォームデバイスの現在位置を判断し、ポリシーエンジンは起動すべきアプリケーション、起動すべきでないアプリケーション、および携帯プラットフォームデバイスの判断された位置に関して呼び出すべきコア利用を判断する。 (もっと読む)


【課題】1つ以上のマルチプロセッサまたはマルチプロセッサコアにより実行されている2つ以上の命令スレッド間の同期通信を管理する。
【解決手段】他のスレッドがそれらのメモリ位置に格納している値を修正した場合に通知されるべき一組のメモリ位置を識別するための機構をスレッドに提供する。通知は、マイクロプロセッサ101内のユーザレベル割込み/例外機構によりなされるか、または、コンピュータシステム内のいくらかの他のロジックまたはソフトウェアによりなされてよい。スレッド間同期通信は、1つ以上の他のスレッドによりアクセスされるキャッシュラインに関連する特定のキャッシュコヒーレンシーイベントをスレッドが通知されるようにすることにより実現する。 (もっと読む)


【課題】無線ネットワークにおけるチャネルアクセスの方法を提供する。
【解決手段】実施形態は、無線通信デバイスにおける送信を円滑化するべくトラフィック優先度を定義しているとしてよい。多くの実施形態は、ビーコンフレーム、アソシエーション応答フレーム、再アソシエーション応答フレーム、および、プローブ応答フレーム等の管理フレームを生成および送信するMAC副層ロジックを含む。管理フレームは、低消費電力局またはセンサ局のアクセスカテゴリを含む。低消費電力局またはセンサ局のアクセスカテゴリは、トラフィックについての複数のアクセスカテゴリについて定義されている複数のコンテンションウィンドウのうち最初に開くコンテンションウィンドウであるコンテンションウィンドウをコンテンションウィンドウと定義しているパラメータレコードを含む。 (もっと読む)


【解決手段】 一部の実施形態によると、ユニバーサルシリアルバスケーブルは、バス信号を送信する第1の差動対と、第1の差動対が送信するバス信号と同一方向にバス信号を送信する第2の差動対とを備え、ユニバーサルシリアルバスケーブルの帯域幅は、同一方向において倍増する。他の実施形態も記載および請求する。 (もっと読む)


【課題】NmodMを決定するための技術を提供する。なお、Nはn−ビット幅を有する数値で、また、Mはm−ビット幅を有する数値である。
【解決手段】モジュール演算の高速化は、一般に、N’=NmodM+Nを決定することに続いてN’modMを決定することを含む。一例では、フォールディング操作を用いた畳み込み技術により、モジュール演算のコストを削減する。 (もっと読む)


【課題】1GHzまたはそれ以下の周波数帯域で動作する直交周波数分割多重(OFDM)システムを提供する。
【解決手段】物理層論理が、データストリームの部分を繰り返して、データストリームの検知及び復号を、受信デバイスがし易いようにする繰り返し論理を実装することができる。繰り返し論理は、トレーニングフィールドおよび/または信号フィールドを繰り返すプリアンブルリピータを含んでよい。繰り返し論理は、ペイロードを1回以上繰り返すペイロードリピータを含んでよい。送信デバイスからの通信を検知するために、繰り返されたプリアンブルシンボル同士を相関させる相関器を含む受信デバイスを含む。受信デバイスはさらに、データストリームのペイロードの複数の繰り返しに基づいて、通信信号からのデータストリームを補正する補正論理も含んでよい。 (もっと読む)


【課題】無線でコンテントを提供する。
【解決手段】第1の無線通信装置は、第1の受信可能範囲を有する第1の無線通信プロトコルに従う第1の通信リンクを介して第2の無線通信装置から、第1の無線通信装置から第2の無線通信装置へと転送されるべき要求コンテントを示す要求を受信すると、第1の通信リンクを介して第2の無線通信装置に、第1の受信可能範囲より大きい第2の受信可能範囲を有する第2の無線通信プロトコルに従う第2の無線通信リンクを規定する1つ以上のリンク関連パラメータを含むセッション引継ぎメッセージを送信し、第2の無線通信リンクを介して要求コンテントを第2の無線通信装置に送信する。 (もっと読む)


【課題】MIMO機能の性能が向上したアンテナ動作のためのシステムおよび方法を提供する。
【解決手段】システムは、第1方向に偏光された第1信号を通信する第1アンテナエレメントと、第1アンテナエレメントと同一の場所に設置され、前記第1方向に直交する第2方向に偏光された第2信号を通信する第2アンテナエレメントと、第1アンテナエレメントおよび前記第2アンテナエレメントに連結され、前記第1信号および前記第2信号を処理して、無線通信リンクの信号ダイバーシティを達成するドライバ回路とを備える。 (もっと読む)


【課題】1GHzまたはそれ以下の周波数帯域で動作する直交周波数分割多重(OFDM)システムを提供する。
【解決手段】物理層論理が、新たな信号フィールドを有する新たなプリアンブル構造を実装する場合もある。新たなプリアンブル構造に基づいて、プリアンブル構造及び/またはプリアンブルを機械アクセス可能な媒体に格納することができる。新たなプリアンブル構造との通信の生成及び送信が行われて良い。新たなプリアンブル構造との通信の受信及び検知が行われてもよい。 (もっと読む)


21 - 30 / 1,101