説明

JFEテクノリサーチ株式会社により出願された特許

21 - 30 / 52


【課題】再生音の音質を向上させた音響機器及び音響機器に用いる制振材を提供する。
【解決手段】音響機器を構成する部品と、前記部品に設置される制振材とを備え、前記制振材は、互いに対向する第1及び第2の板材と、前記第1及び第2の板材の間に介在する中空の金属体を備える。 (もっと読む)


【課題】繊維、樹脂、皮革、毛皮等へ付着した臭気の原因となる汚染物質の内部へ高密度な作用が短時間で行われて臭気を軽減し、さらに汚染物質が付着した繊維、樹脂、皮革、毛皮等に大きな損傷を及ぼさない処理を行うことができる水系消臭薬剤の提供。
【解決手段】過酸化物、陰イオン界面活性剤および塩酸を含み、前記過酸化物の濃度が過酸化水素として0.001〜20mass%であり、pH値が2.0〜9.0であることを特徴とする繊維、樹脂、皮革、毛皮用水系消臭薬剤。 (もっと読む)


【課題】本発明は、プラトー領域のストロークが大きく衝撃吸収エネルギーに優れた衝撃エネルギー吸収体を提供する。
【解決手段】隣接する中空金属球が接着または接合した、複数の中空金属球の集合体からなることを特徴とする衝撃エネルギー吸収体であり、または、中空金属球の集合体の側面が樹脂、紙または布で覆われ、あるいは、複数のスリット部または薄肉部を有する金属薄板で覆われていることを特徴とする衝撃エネルギー吸収体である。 (もっと読む)


【課題】雑草の発生を抑制・防止でき、水に濡れてもハンドリング性に優れ、かつ使用後の回収・廃棄作業を必要としない、マルチシートを提供する。
【解決手段】平均厚み:20〜60μmで、かつ幅方向および長手方向に所定の間隔で、複数の穴部を有する鉄箔製マルチシートとする。これにより、水田等、水分供給が充分に行われるような農地に敷設しても、含水によるハンドリング性の低下がなく、作業性に富み、かつ雑草の発生を顕著に抑制・防止できる。また、除草作業の削減と農薬使用量の大幅な削減が可能となり、稲作において、減農薬農法、無農薬農法を容易に適用可能となる。また、マルチシートの、使用後の回収・廃棄作業を必要としないという効果もある。また、マルチシートの穴部に、紙または布で挟持された種子を装着することにより、育苗作業を省略でき、農作業時間の短縮、労力の削減が期待できる。 (もっと読む)


【課題】フレームの強度を維持しつつ軽量性、作業性、利便性を向上させることができるウェーハのダイシング用あるいは搬送用フレームを提供する。
【解決手段】ウェーハを収納するフレームであって、コア材料を金属製薄板で挟持し、接着剤で固定して成るクラッド構造としたことを特徴とするウェーハ用フレーム。 (もっと読む)


【課題】積層板の剛性を大幅に向上するとともに、振動吸収性、軽量性及び導電性を有する積層板およびその製造方法を提供する。
【解決手段】板面を対向させて平行に配された複数枚の平板と、隣接する前記平板間に層状に介在する複数の中空金属体とからなることを特徴とする剛性、振動吸収性及び導電性に優れた積層板である。 (もっと読む)


【課題】多量の酸素原子を含む低品位炭を、水を多量に発生させることなく改質する方法、およびこれを用いた製鉄用コークスの製造方法を提供すること。
【解決手段】 低品位炭を重質油類で処理して改質炭を製造する方法において、多量の酸素原子を含む低品位炭に、金属および/または金属化合物を担持する触媒担持工程と、触媒担持後の前記低品位炭を乾燥した後、不活性雰囲気または微酸化性雰囲気下で300〜1200℃の温度に加熱することにより多孔質化する多孔質化工程と、多孔質化工程後の前記多孔質低品位炭を、重質油類と共に不活性雰囲気または還元性雰囲気下で300〜500℃の温度に加熱し、該多孔質低品位炭表面に重質油類の分解生成物を付着させる改質工程と、を経ること。 (もっと読む)


【課題】歩留まりが高く、かつ省エネルギーであり、しかも工程の簡略化を可能とした重質炭化水素類の水素化分解用触媒の製造方法、およびこの製造方法によって得られた触媒を用いた重質炭化水素類の水素化分解方法を提供すること。
【解決手段】低品位炭に金属および/または金属化合物を担持させ、これを窒素雰囲気下で400℃以上、900℃未満の温度範囲で加熱焼成して炭化処理することにより、多孔質炭からなる触媒を得ること。 (もっと読む)


【課題】多量の酸素原子を含む低品位炭を、水を多量に発生させることなく改質する方法、およびこれを用いた製鉄用コークスの製造方法を提供すること。
【解決手段】低品位炭を重質油類で処理して改質炭を製造する方法において、多量の酸素原子を含む低品位炭を加熱処理し、酸素含有量を15質量%以下に低減する脱酸工程と、脱酸後の低品位炭を、重質油類と共に300〜500℃の温度で加熱し、該低品位炭表面に、重質油類の分解生成物を付着させる改質工程と、を経ること。 (もっと読む)


【課題】人の排泄物処理などにおいて発生するアンモニア性臭気を効果的に防止する消臭組成物の提供。
【解決手段】Znイオン、Cuイオン、Niイオン、CoイオンおよびAgイオンからなる群から選ばれる少なくとも1種の金属イオンと、アルコール、クレゾール、二酸化塩素、次亜塩素酸および塩素からなる群から選ばれる少なくとも1種の抗菌成分とを含有し、pHが3.5〜8.4であることを特徴とするアンモニア性臭気の消臭組成物。 (もっと読む)


21 - 30 / 52