説明

ローム・アンド・ハース・エレクトロニック・マテリアルズ,エル.エル.シー.により出願された特許

201 - 210 / 270


【課題】光電子パッケージと光レセプタクルとの間の光学的および機械的接続を可能にする光学アセンブリを提供する。
【解決手段】光学アセンブリ1は、光電子部品9を含む光電子パッケージ3、光電子パッケージハウジング、光レセプタクル33からなり、光レセプタクルが光電子パッケージハウジングに溶接固定されている。位置合わせスリーブは、光レセプタクルおよび光電子パッケージハウジングに溶接され、溶接の前に光ファイバの長手方向および/または横方向に沿って光ファイバを光電子部品に整列させられるようにした。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】本発明は、ポリマー主鎖から間隔が空けられて位置するフェノール性基及びフォト酸不安定性基を含む、新規なポリマーを含むフォトレジストを提供する。
【解決手段】本発明は、ポリマー主鎖から間隔が空けられて位置するフェノール性基及びフォト酸不安定性基を含む、新規なポリマーに関する。本発明の好ましいポリマーは、化学増幅型ポジ型レジストの成分として有用である。 (もっと読む)


【課題】現在利用可能なフォトレジストは、多数の用途に対し好適であるが、現在のレジストは、また、特に高性能の用途、例えば、高度に解像されたサブ−ハーフミクロンおよびサブ−クォーターミクロン(sub−quarter micron)フィーチャーの形成において、顕著な欠点を示し得る。
【解決手段】本発明は、1種以上のフォト酸生成剤基を含有する単位を含む新規なポリマーおよびこのポリマーを含むフォトレジストに関する。本発明の好ましいポリマーは、短い波長、例えば、250nm未満または200nm未満、特に248nmおよび193nmで画像形成されるフォトレジストにおいて使用するために好適である。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】 本発明は種々の成分を単離すること無く、フォトレジストを調製する方法を提供する。
【解決手段】 本発明は、種々の成分を単離すること無く、フォトレジストを調製する方法、例えば、「ワン−ポット」製法に関する。本発明の好ましいワンポット製法は、選択されたフォトレジスト溶媒中でフォトレジスト樹脂バインダーを調製する工程、当該溶媒中から樹脂バインダーを分離することなく、感光性成分及び他の成分を当該樹脂バインダー混合物中に添加して、樹脂バインダーが調製された溶媒中でフォトレジスト組成物を調製する方法を包含している。また、本発明は、フォトレジスト樹脂バインダー、特に、酸不安定基又は不活性ブロッキング基などの基と共有結合することができるフェノール性−OH基を含有するフェノール性ポリマー、の新規な製造方法に関する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】改善されたレベリング性能および改善された均一電着性を有する金属メッキ組成物が必要とされている。
【解決手段】基体上に金属をメッキするための金属メッキ組成物が開示される。金属メッキ組成物は、金属メッキ組成物のレベリングおよび均一電着性に影響を及ぼす化合物を含む。基体上に金属を堆積させる方法も開示される。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】ポリイミド樹脂の表面に、過マンガン酸塩処理などによる樹脂の表面粗化処理および錫を含む触媒付着処理を必要とせず、均一かつ密着性に優れためっき皮膜を提供する。
【解決手段】ポリイミド樹脂を、陰イオン性界面活性剤、有機溶媒およびアルカリ成分を含む前処理溶液で処理し、その後、特定pH値の貴金属イオン含有溶液により処理し、無電解めっき処理を行う。 (もっと読む)


201 - 210 / 270