説明

ビー・エイ・エス・エフ、コーポレーションにより出願された特許

41 - 50 / 53


線状の不飽和無水物からの非ゲル化付加ポリマー、特にカルバマート官能性付加ポリマーの製造方法が開示される。前記方法は、不飽和の線状無水物と活性水素化合物とを反応させて、重合可能なC=C結合を含む2つのモノマーを提供し、その際前記モノマーの少なくとも1つは酸官能基を含み;前記の2つのモノマーの重合可能なC=C結合を重合して、酸官能性重合生成物を提供し;かつ前記酸官能性重合生成物とエポキシ官能性化合物とを反応させて非ゲル化付加ポリマーを提供することを含み、その際、この開示された方法は、いかなる酸官能性モノマー又は重合生成物の物理的な除去を含む工程を含まない。また、この生じるカルバマート官能性付加ポリマーを含有する硬化可能なコーティング組成物、また同様に、開示される硬化可能なコーティング組成物を設け、かつ硬化させることから生じる硬化したフィルムを含むコーティングされた基材も開示される。 (もっと読む)


クリヤコート組成物及び方法は、クリヤコートの塗膜上に雨が玉のように付く能力を低下させる。クリヤコートは樹脂、樹脂と反応性の架橋剤及び水溶性界面活性剤を含んでいる。雨への塗膜の暴露の際に、界面活性剤は塗膜上に雨が玉のように付く能力を低下させ、かつ特定の性質、例えば酸性雨からの腐食に対する耐性が改善される。 (もっと読む)


本発明は、式:
【化1】


で示されるランダムな繰返し単位を含んでなるアクリルポリマー又はオリゴマー、前記ポリマーの製造方法及び前記ポリマーを含んでなる硬化性塗料組成物を提供する。
(もっと読む)


本発明は、式(I)の第一級カルバメート官能性材料、該材料の製造方法及び本発明の第一級カルバメート官能性材料を含有する硬化性被覆組成物に関する。第一級カルバメート官能性材料は、(1)官能基Zと反応性であるが、モノマー型の反応性化合物(2)の第一級カルバメート基Xとは実質的に非反応性である1つ以上の官能基を有する少なくとも1種の材料及び(2)特定の式の1つ以上の構造を有するモノマー型の反応性化合物の反応生成物を有する。
(もっと読む)


より低いメタルピーク温度で優れた特性を有するコイル被覆を製造するコイル塗料組成物は(a)少なくとも約80mgKOH/gのヒドロキシル価を有する第一の分枝鎖状ポリエステル、(b)少なくとも約44mgKOH/gのヒドロキシル価を有する第二の実質的に直鎖状のポリエステル及び(c)架橋剤を含有する。 (もっと読む)


式:X−Cn(R1)(R2)−C(R0)(Y)−Cn′(R3)(R4)(R5)〔式中、Xは、第一カルバメート基であり、Yは、ヒドロキシ基またはハロゲン化物基であり、nは、2以上の整数であり、n′は、1以上の整数であり、R、R、R、R、RおよびRは、Hまたはアルキル基、脂肪族基、脂環式基、芳香族基またはこれらの混合物から選択された基であり、但し、この場合R基またはR基の少なくとも1つは、脂肪族基、脂環式基、芳香族基またはこれらの混合物から構成されている群から選択されたものであり、実質的に全ての構造において、第一カルバメート基Xは、官能基Yが結合している炭素原子よりも低い置換度を有する炭素原子に結合されている〕で示される1つ以上の構造を有する反応性化合物を有する硬化性塗料が提供される。
(もっと読む)


グラフトポリオール分散液を濾過するための、インデックス濾過方法が開示されている。この方法は、経済的な手段で大量のグラフトポリオール分散液を迅速に濾過することを可能にする。この方法は高度に自動化することが可能である。結果物である濾過されたグラフトポリオール分散液は、主に25ミクロンの粒子又はより小さい粒子を有し、そして変化させた条件下で少なくとも9週間安定であった。 (もっと読む)


8より大きい比較的高いモル平均官能価を有し、異なる官能価の複数種を含む第1の開始剤、及び任意に、低い官能価、即ち2〜8の名目官能価を有する第2の開始剤デカ縊死されたポリオール。本発明の別の側面は、ポリオールの製造方法である。本発明はまた本発明のポリオールをイソシアネートと反応させてポリウレタンを製造する方法、及びそれから製造されるフォームにある。 (もっと読む)


塗料組成物が、アミノプラスト架橋剤、アミノプラスト架橋剤との官能基反応性を有する固体ポリマー、および結晶質カルバメート−官能性添加剤の混合物の固体粒子を含有する。結晶質カルバメート−官能性添加剤は、少なくとも約30℃の融点を有し、かつ粉体塗料組成物の約15質量%までを占める。 (もっと読む)


本発明は、生鮮産物の貯蔵期間を延長させるための組成物および方法を提供する。その方法は、〜約3重量%のキトサンもしくは修飾キトサン、約0.1重量%の有機酸、約0.02〜約0.1重量%の界面活性剤、ならびに場合によって植物生長調整剤、抗菌剤、可塑剤および消泡剤の水溶液を含むコーティング組成物で生産物の外表面をコーティングすることを含む。 (もっと読む)


41 - 50 / 53