説明

フランス・テレコムにより出願された特許

91 - 100 / 290


本発明は、少なくとも2つの装置の間で通信する方法であって、特に以下の、第1の装置と少なくとも1つの第2の装置とを接続するステップと、第1のマルチメディアストリームを前記第1の装置から前記第2の装置に対して転送するステップとを含み、更に以下の、その過程において、前記第1の装置、または前記第1の装置が接続されている第1の通信ネットワーク、または前記第2の装置が接続されている第2のネットワークが、N個のチャンネルを含むマルチメディアストリームの生成または転送に適しており、第2の装置が、P個のチャンネルを含むマルチメディアストリームを処理するための手段を備えることが指摘される判定するステップと、前記第1のマルチメディアストリームを転送するステップと並列に実行されると共に、前記第2の装置に対して第2のマルチメディアストリームをトランキングするステップとを含むことを特徴とする方法に関連する。
(もっと読む)


電気通信システムは、ネットワークセレクションマネージャおよび移動ノードを具備する。前記ネットワークセレクションマネージャは移動ノードが非アクティブ状態中に接続しうる好適なモバイルアクセスネットワークのリストを決定可能であると共に前記好適なモバイルアクセスネットワークのリストを前記移動ノードに送信可能である。選択のための前記好適なモバイルアクセスネットワークのリストは、オペレータが定めた条件に従って決定される(例えば、負荷,前記アクセスネットワークの混み具合,サブスクリプション情報,移動端末の位置,最後にモバイルステーションに送信してからの前記リストのなど)。前記移動ノードは、非アクティブ状態中にネットワークセレクションマネージャから移動ノードに送信されたな前記好適なモバイルアクセスネットワークのリストに従って接続するために使用可能な複数のモバイルアクセスネットワークから1つを選択可能である。
(もっと読む)


本発明は、ユーザの端末によって再生される、マルチメディア番組を管理するための方法に関する。本発明によると、そのような方法は:端末によって、前記マルチメディア番組を再生する(201)段階と;前記端末のユーザの命令によって生成されるマーキング要求に関連付けられる、前記マルチメディア番組の再生時に関するマーキングキューを取得する(205)段階と;前記再生時から開始するマルチメディア番組を後で再生するために前記マーキングキューを使用する(209)段階とを含む。
(もっと読む)


【課題】エンティティの真正性、及び/又はメッセージの完全性、及び/又は真正性を証明するように設計された方法、システム及びデバイスに関し、セキュリティおよび性能の両面で、従来のRSA技術の欠点を回避する。
【解決手段】秘密のQiと公開のGi=gi2によるm組の値(m≧1)と、f個(f>2)の素数の因子の積により形成される公開のモジュールnと、Giiv≡1mod nまたはGi≡Qivmod nの関係により関連付けされた、べきv=2k(k>1)とによって証明を行なう。 (もっと読む)


【課題】従来の行動管理アプリケーションでは、情報の管理単位が「時間」等に固定されていた為、データ検索等の情報管理が十分にできなかった。また、行動管理に複数のアプリケーションを併用する必要があった為、多大な管理負担、データ変換負担が生じていた。
【解決手段】行動管理システム1のデータ処理手段11が、入力された行動情報を、当該行動情報を構成する人情報、場所情報、時間情報、内容情報、メディア情報に分割し、参照値を用いてこれらに相関性を持たせて行動データベース12に保存し、中央システムで一括管理することにより、管理軸を「時間」に固定せず、任意の管理軸で情報を管理する。 (もっと読む)


移動通信ネットワークに接続された移動端末から屋内ゲートウェイを含む屋内ローカルエリアネットワークに接続された屋内機器にマルチメディアセッションを切り換える方法であって、移動端末および屋内ゲートウェイはマルチメディアセッションを設定するアプリケーションシステムに接続され、移動通信ネットワークを介して移動端末とアプリケーションシステムとの間で第1マルチメディアセッションを設定するステップを含み、移動端末が屋内ローカルエリアネットワークの接近を検出するステップと、移動端末において進行中の第1マルチメディアセッションをサポートすることが可能な屋内機器を選択するステップと、移動端末が選択された機器から屋内機器を有効にするステップと、有効にされた屋内機器とアプリケーションシステムとの間で第2マルチメディアセッションを設定するステップと、第1マルチメディアセッションを終了するステップと、をさらに含む。
(もっと読む)


本発明は、パッシブ増幅媒体24,28を含むネットワークの枝路24,26jによって伝送路終端装置27iに接続された光中央局(OC)を具備したパッシブ光ネットワークに関する。上記中央局は、第1光データ信号の送信/受信手段20と、第2増幅光信号の送信手段を含む第1増幅手段210,21とを具備する。上記第2信号は、増幅媒体を励起して、光信号の光出力を増幅する。上記伝送路終端装置は、第1光信号の受信手段R’と、第2増幅光信号の変調手段35と、上記変調された第2信号の上記ネットワークへの入力手段30とを具備する。
(もっと読む)


本発明は、伝送路を経由して少なくとも1つの送信機によって送信されたマルチキャリア信号に対応する受信信号を受信する方法に関する。上記マルチキャリア信号は、データ要素の集合からなる記号の時間継続によって形成される。上記データ要素の集合は、実数値を有する情報データ要素、及び少なくともある上記記号についてのパイロットを含む。本発明によれば、時間/周波数空間の隣接領域(22)にそれぞれ置かれる少なくとも2つのパイロット(P1、P2)のグループ(221)に起因して、そのような受信方法は、一度パイロットが伝送路を通過すると、隣接領域のグループのパイロットに対応する少なくとも2つの複素値を抽出するステップと、上記複素値に基づいて隣接領域内で上記伝送路を推定するステップとを備える。
(もっと読む)


ネットワークと、このネットワークに接続された個人識別情報グループを管理するための装置10との間にデータ転送リンクを確立するためにSIPプロトコルで実現されるインターネット型情報転送ネットワーク11において個人識別情報を管理するこの方法は、個人識別情報記録管理サーバ12において、上記管理装置10によって管理される数個の個々の個人識別情報のうちの少なくとも1グループを表す共通個人識別情報グループを登録する事前段階と、着呼を確立するためのリクエストを検証する段階と、記録された個人識別情報グループに対応するコンタクトアドレスに、上記リクエストを送信する段階とを有し、上記リクエストは、ナンバリングシーケンスを含み、上記検証は、上記シーケンスが記録された個人識別情報グループに対応するかどうかの照合を目的とすることを特徴とする。
(もっと読む)


本発明は、メトリックの各値に関連付けられている複数の通信ノード(2)を備えたネットワーク(1)内の無線チャネル(4)上の通信方法を提案し、(a)第1ノードから、無線チャネル上にリクエストを発信するステップと、(b)少なくとも1つの第2ノード(A)による前記リクエストを受信した後に、前記第2ノードに関連付けられたメトリック値の関数として決定された遅延を含む応答メッセージを発信するステップとを具備することを特徴とする。
(もっと読む)


91 - 100 / 290