説明

フランス・テレコムにより出願された特許

41 - 50 / 290


本発明は、通信ネットワーク内のデータパケットをルーティングする方法に関し、前記データパケットはプライマリあて先アドレスとあて先ポート番号とを備える。前記パケットの受信の際に、あて先ポート番号が属するポート番号の範囲を規定するポートのマスクを決定するステップと、ポートマスクに基づいて前記あて先アドレスに関連する複数の装置識別子の中からパケットのあて先装置の識別子を選択するステップと、前記識別子に基づいてあて先装置にパケットをルーティングするステップとが実行される。
(もっと読む)


呼を終了する本発明の方法は、IPネットワークコア(2)に登録されたボイスオーバーIP端末(3A、3B)によって使用されると共に、前記呼の間に前記端末(3A、3B)がハングアップすることを検出するステップと、前記IPネットワークコア(2)の装置に対して、前記呼に割り当てられた資源を解放するためのメッセージを送信するステップと、前記検出ステップの後に、前記資源解放メッセージを送信する前に所定時間待機するステップとを含む。本発明によれば、もし前記端末(3A、3B)がピックアップされることが前記所定時間の間に検出されないならば、前記資源解放メッセージが、前記待機ステップの終わりに送信される。
(もっと読む)


本発明は、少なくとも2つの符号の連結を使用して少なくとも2つの送信機と少なくとも1つの受信機間にディジタル信号を送信する方法であって、−該送信機において、少なくとも2つの第1の符号語を出力する第1の符号化ステップと、−少なくとも2つの異なる送信チャネルを介する該第1の符号語の第1の送信ステップと、−少なくとも1つの中継デバイスにおける、中間符号語として既知の該第1の符号語のうちの少なくとも2つの受信ステップと、−インタリーブされたビットを出力する該中間符号語の該ビットの少なくとも一部をインタリーブするステップと、−該中継器において、該中間符号語を考慮して、少なくとも1つの第2の符号語を出力する該インタリーブされたビットを符号化する第2のステップと、−該中継デバイスを介して該第2の符号語を送信する第2のステップとを備え、該受信器において、該第1の符号語と、該第2の符号語によって形成された冗長性とを考慮して反復復号を可能にすることを特徴とする方法に関する。
(もっと読む)


通信システムは、ホームゲートウェイ(GWA,GAB)に各々接続された2つの端末(STBA,SVB)間にマルチメディアセッションをセットアップし、これらゲートウェイは遠隔通信ネットワーク(R)によって相互に接続され、少なくともこれらゲートウェイ(GWB)のうちの第1がこれらゲートウェイ(GWA,GWB)に接続された端末(VIPA,VIPB)間にセットアップされたボイスオーバーIPセッション(SVIP)のシグナリングプロトコルを使用してこれらゲートウェイのうちの第2に第1ゲートウェイ(GWB)に接続された少なくとも1つの第1端末(SVB)の能力を送信し、第2ゲートウェイ(GWA)は前記能力の関数として第1端末(SVB)によって提供される少なくとも1つのマルチメディアサービスを判断し、かつ第2ゲートウェイ(GWA)はそれが接続される少なくとも1つの第2端末(STBA)に第2端末(STBA)の能力がそれを許可する場合にマルチメディアサービスにアクセスするため第1端末(SVB)と共にマルチメディアセッションをセットアップするのに必要な情報を提供する。
(もっと読む)


本発明は、物体(MOB)の位置を特定する方法に関し、物体の位置を特定するステップと、物体の位置と、物体(MOB)と関連する少なくとも1つの場所(S1, S2)との間の予め設定された関係の存在を検証するステップとを有している。検証結果が肯定である場合に、検証ステップから生じる少なくとも1つの場所(S1, S2)に依る情報項目(I1, I2)を提供するステップを有している。
(もっと読む)


【課題】 任意のグラフィックシーンを簡単に遠隔的に修正できるようにする。
【解決手段】 端末のスクリーン上に表示されるグラフィックシーンを変更する方法であ
って、グラフィックシーンはグラフィックオブジェクトの集合からなっており、グラフィ
ックオブジェクトは、グラフィックシーンに対応してスクリーン上に表示すべき画像を構
成するよう前記端末において使用されるものであり、グラフィックオブジェクトのそれぞ
れはフィールドにより定義されており、前記方法は、グラフィックシーンを修正するため
のデータ信号を伝送するステップを含み、該データ信号は、グラフィックシーンの更新た
めのフレームを含み、該フレームは、新たなグラフィックシーンによって既存のグラフィ
ックシーンを置換する置換指令を含むことを特徴とする方法及び装置を提供する。 (もっと読む)


本発明は、行列(M)の形態で表すことのできる秘密鍵を使用する、平文メッセージ(x)の要素の確率的対称暗号化のための方法に関する。その方法は、ランダムベクトル(a)によってパラメータ化された行列(M)を使用して、ランダムベクトル(a)に結び付けられた暗号化されたメッセージ要素(y)を得る、平文メッセージ要素(x)の暗号化ステップ(E4)を含む。その方法は、さらに、所与の訂正能力(t)を有する誤り訂正符号を使用して、平文メッセージ要素(x)をエンコードして符号語(C(x))にするステップ(E1)と、ノイズベクトル(ε)の付加ステップ(E6)とを含む。誤り訂正符号およびノイズベクトル(ε)は、ノイズベクトル(ε)のハミングの重みが訂正符号の訂正能力(t)以下となるように構成される。
(もっと読む)


送信先エンティティ(EC2)にソースエンティティ(EC1)により送信されるFDDデータ信号を事前等化する本方法は、ソースエンティティに、送信先アンテナ(A2)を介してパルスを送信するステップ(E1)と、送信先アンテナが、送信先アンテナと送信元アンテナ中の参照アンテナ(A1ref)との間の第1伝播チャネルと、送信元アンテナ(A1)と送信先アンテナとの間の第2伝播チャネルとを通じたパルスの連続的通過を表す結合インパルス応答をソースエンティティに送信するステップ(E6)を含み、該ステップ(E6)は送信元アンテナについて反復され、パルスを送信するステップと時間反転されたインパルス応答を反復送信するステップは送信先アンテナについて反復され、本方法は、更に、ソースエンティティにより受信される時間反転された結合インパルス応答のセットの組合せから事前等化係数を決定するステップ(E9)を含む。
(もっと読む)


本発明は送信側アンテナセットを備える送信側通信エンティティにより受信側アンテナセットを備える受信側通信エンティティに送信されるデータ信号の事前等化方法であって、送信側アンテナセットの参照アンテナが第1の伝搬チャンネルを通して受信側アンテナによって送信された第1のパルスを受信するステップと、参照アンテナが送信側アンテナと受信側アンテナとの間の第2の伝搬チャンネル及び第1の伝搬チャンネルを経由する第2のパルスの経路を表す複合インパルス応答を受信するステップと、複合インパルス応答の時間を反転させるステップと、時間反転後の複合インパルス応答と第1のパルスの経路を表すインパルス応答とを結合するステップとを含み、上記ステップが受信側アンテナセットの一部及び送信側アンテナセットの一部に関して繰り返され、前記方法がインパルス応答の結合体からデータ信号の事前等化係数を決定するステップを含む方法に関係する。
(もっと読む)


【課題】ディジタル信号の符号化/復号化において、置換符号の符号化および復号化が引起す問題を改善する。
【解決手段】本発明は、ディジタル信号の符号化/復号化に関するものであり、特に、結合表現の計算にかかわる置換符号を使用するものに関するものである。本発明によれば、前記結合表現は、素因数累乗分解によって表されるとともに、選択された整数の事前記録表現を事前に読み出すことによって判断される。 (もっと読む)


41 - 50 / 290