説明

フランス・テレコムにより出願された特許

71 - 80 / 290


【課題】検索クエリーが構成されるとき、検索クエリーについて生成された検索結果を処理する方法を提供する。
【解決手段】本発明は、最初の検索クエリーを構成するために検索クエリー内の文字を示す入力を受信するステップと、前記最初の検索クエリーに合致するレコードを識別するために前記データレコードの集合の各々を検査するステップと、前記最初の検索クエリーに合致するレコードを有するデータレコード集合について前記ディスプレイ内に選択可能なオブジェクトを生成するステップと、前記合致したレコードを対応する検索結果リストに追加するステップとを含み、複数のデータレコード集合が前記最初の検索クエリーに合致するレコードを有する場合に、選択された選択可能なオブジェクトに対応する表示モードは、前記選択された選択可能なオブジェクトに対応する検索結果リストに加えて、選択されていない選択可能なオブジェクトを表示する。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1つの現在の画像部分を伝送するための方法であって、少なくとも1つの第1のタイプの選択関数を適用すること(14)により、符号化関数の完成した組から符号化関数が選択され(10)、前述の第1のタイプの1つまたは複数の選択関数が、既に復号されている画像データを使用し、選択された符号化関数を用いて現在の画像部分が符号化され(20)、符号化された画像部分が復号器(6)に向けて伝送され(30)、第1のタイプの1つまたは複数の選択関数を記述する情報が復号器に向けて伝送される(34)ことを特徴とする方法に関する。本発明は、対応する復号方法にも関する。
(もっと読む)


本発明は、NRZ-DPSK形式で位相変調されるダウンリンク光信号を送信してアップリンク光信号を受信することができる、パッシブ光ネットワークの少なくとも1つのライン終端装置へ少なくとも1つの光ファイバによってリンクされる光交換器を含む前記ネットワークに関する。本発明によると、前記ライン終端装置は、NRZ-DPSK形式で位相変調される送信されたダウンリンク光信号をデュオバイナリ変調形式で振幅変調される光データ信号に変換する手段と、NRZ-DPSK形式で位相変調されるダウンリンク光信号からNRZ-DPSK形式で位相変調されるアップリンク光信号を生成する手段とを含む。光交換器は、NRZ-DPSK形式で位相変調されるアップリンク光信号をデュオバイナリ変調形式で振幅変調される光データ信号に変換することができる。
(もっと読む)


入力オーディオ信号(S(z))を中間帰還信号と組み合わせ、修正された入力信号を形成する組み合わせモジュールと、修正された入力信号のレートを拡張可能な量子化モジュール(91)と、を含み、所定のレートの量子化指数の2進数フレームを生成する入力オーディオ信号の符号化器に関する。符号化器は、再生信号(SPCM(z))を予め決定するために所定のレートよりも低いレートの指数に対応する2進数フレームの量子化指数の一部の逆量子化モジュール(93)と、少なくとも一連の量子化モジュールおよび逆量子化モジュールに由来する量子化雑音(QPCM(z))を決定するモジュール(94)と、再生信号からの量子化雑音のフィルタ処理関数の決定モジュール(111)と、中間帰還信号を得るためにフィルタ処理関数を量子化雑音に適用するように構成されたフィルタ処理モジュール(33)と、を含む。また、符号化方法および復号化方法に関する。
(もっと読む)


電気通信システムは、ホームゲートウェイノードを含む第1のホームアクセスネットワークと、訪問先サービングゲートウェイノードを含む第2の訪問先アクセスネットワークと、インターネットプロトコルを使用してモバイルノードにおよびそれからデータを伝達するように動作可能な無線アクセスゲートウェイとを含む。モバイルノードは、インターネットプロトコルを使用して無線アクセスゲートウェイを介してバインディングアップデートメッセージを第2の訪問先アクセスネットワークの訪問先サービングゲートウェイノードに伝達するように動作可能である。バインディングアップデートメッセージは、モバイルノードの一意の識別子、および、モバイルノードがあたかも第1のホームアクセスネットワークに接続されているかのようにモバイルノードのためのインターネットプロトコルアドレス(ホームIPアドレス)を求める要求を含む。
(もっと読む)


検証エンティティによりエンティティを認証する方法。前記エンティティは1対の秘密鍵XおよびYを共有している。秘密鍵XおよびYは、n × m (n, m > 1)のバイナリ行列であり、前記方法は、以下のステップ:・前記検証エンティティ(2)および前記認証されるエンティティ(1)によりそれぞれ無作為に抽出されたnビットのバイナリベクトルaおよびbを交換するステップと、前記認証されるエンティティ(1)が、mビットのノイズバイナリベクトルcを無作為に抽出するステップと、(I)であるmビットの応答ベクトルzを計算し検証エンティティ(2)に送信するステップと、・前記検証エンティティが、誤りベクトル(II)のハミング重み(220')を計算するステップと、・r個の誤りベクトルeのハミング重みが、確率ηの関数であるパラメータ(T, t)と、比較関係(230')を満たす場合に、認証を承認する(240')ステップと、をr回(r≧1)繰り返すことを特徴とする。
(もっと読む)


【課題】アプリケーションの修正や追加が極めて容易で、端末装置を永続的に使用可能な処理システムを実現する。
【解決手段】スマートカードと端末装置とを結合したシステムは、端末装置とカードとを含み、特定の処理を制御するマスター手段と、この特定の処理を実行するためのマスター手段への要求を仲介するスレーブ手段とからなり、前記マスター手段が前記カード内に設けられると共に、前記スレーブ手段が前記端末装置内に設けられることを特徴とする。したがって、両手段の階層構造は逆転する。これにより、端末装置側は変化せずに維持され、カード側を修正することによって処理を追加したり修正することが極めて容易になる。 (もっと読む)


本発明は、一組のデータの分散化した記録方法に関するものである。本発明の方法は、要求側装置が記録処理要求を送信するステップと、通信ネットワークを通して要求側装置に接続された、要求側装置とは異なる少なくとも1つの装置に記録を分散させるステップとを含む。
(もっと読む)


本発明は、多次元テクスチャを表現するデータを符号化するための方法であって、前記データが、少なくとも3である多数の次元上で最初は編成され、前記次元の少なくとも1つが、前記テクスチャを描画するためのパラメータに関連付けられている方法において、前記次元上で前記データをウェーブレット解析するステップ(C2)と、前記解析の結果から得られたデータを圧縮するステップ(C3)とを含むことを特徴とする方法に関する。
(もっと読む)


本発明は、信号をいくつかのサブバンドに符号化して復号化する方法に関するものであり、互いに隣接する少なくとも第1及び第2サブバンドは変換符号化される(601,602)。特に、少なくとも第2サブバンドに変換領域内で知覚的重み付けを適用するために、この方法は、第2サブバンドに適用する少なくとも1つのマスキングしきい値を決定するステップ(606)と;このマスキングしきい値を正規化して、上記第1及び第2サブバンド間のスペクトル連続性を提供するステップとを具えている。本発明の有利な応用は、規格G.729.1による階層コーダのTDAC変換符号化における高周波帯域の知覚的重み付けを含む。
(もっと読む)


71 - 80 / 290