説明

レール・リキード−ソシエテ・アノニム・プール・レテュード・エ・レクスプロワタシオン・デ・プロセデ・ジョルジュ・クロードにより出願された特許

51 - 60 / 438


食料品の衛生化および保存のための方法は以下の工程を含む。食料品を含む容器が提供される。非熱プラズマが容器の内部に導入される。容器が密封される。 (もっと読む)


精製SiHCl3および/またはSiCl4を、多結晶シリコンリアクタからの排ガスを受け取るガス分離膜の透過側を横切るスウィープガスとして使用する。スイープガスと透過物とを合わせたものをリアクタにリサイクルする。 (もっと読む)


リチウム含有化合物およびその利用方法を開示する。開示する化合物は、アルカリ金属含有層を気相堆積法、たとえば化学気相堆積または原子層堆積などを使用して堆積させるのに使用できる。ある実施形態では、リチウム含有化合物は、配位子と、通常の置換基よりも高い自由度を有するように選択される置換基としての少なくとも1つの脂肪族基とを含む。 (もっと読む)


チャンバ表面に残った残留フッ素をプラズマデバイスの使用も昇温もなしに除去する方法が開示される。開示する方法は、堆積プロセスの次の工程がより迅速に行われることを可能にしうる。 (もっと読む)


本発明は気体酸素を吸着によって圧縮空気から製造する方法であって:a)所定の純度閾値(VPS)以上の純度を有する気体酸素を可変製造流量(Dp)で製造する少なくとも1つの吸着ユニットを使用することと;b)a)で製造した気体酸素を回収することと;c)工程a)で製造した気体酸素の純度(Pp)を測定してこれを設定純度閾値(VPS)と比較することと;d)酸素製造流量(Dp)を工程c)の比較に応じて:i)工程c)で測定した酸素純度(Pp)がVPS>Ppである場合には酸素製造流量(Dp)を下げ、またはii)工程c)で測定した酸素純度(Pp)がVPS<Ppである場合には酸素製造流量(Dp)を上げるように調節することとを含み、X<0.5%でVSP=Pp+X,ここでXは標準偏差である,となる気体酸素純度(Pp)を得る方法に関する。 (もっと読む)


【課題】ビシクロ[2.2.1]ヘプタ−2,5−ジエンを安定化する方法を提供する。
【解決手段】安定化剤として、キノン類、およびニトロオキサイド類を添加した安定化されたビシクロ[2.2.1]ヘプタ−2,5−ジエン組成物、およびこれの使用。 (もっと読む)


本発明は、第1の平均圧力蒸留塔(1)と、第2の低圧蒸留塔(2)と、第3の低圧蒸留塔(3)と、第1の凝縮−蒸発器(9,9A)と、第2の搭の槽に配置された第2の凝縮−蒸発器(5)と、第1の搭に空気を供給するパイプ(33)と、第1の搭の上部から第3の搭の上部に窒素豊富な液体を供給するパイプ(35)と、第3の搭の槽から第1の凝縮−蒸発器に液体を供給する少なくとも一つのパイプ(23)と、第1の搭から第3の搭に槽の液体を供給するパイプ(25)と、第1の凝縮−蒸発器から第2の搭に液体を供給するパイプ(21)と、第2の搭の上部から第3の搭の槽にガスを供給するパイプ(15,19)とを含み、第1,第2,および第3の搭が隣り合って配置される空気分離のための装置に関する。 (もっと読む)


速いガスは、ガス分離膜を用いて、速いガスおよび少なくとも1種の遅いガスを含む供給ガスから回収される。コントローラーは、供給ガスと組み合わせるため、膜からの浸透するガスの部分的な再利用に関連してコントロールバルブをコントロールする。コントローラーは、膜からの残余ガスの背圧に関連してコントロールバルブをコントロールする。
(もっと読む)


【課題】酸素富化燃焼炉により作り出される熱エネルギーを効率的に回収する方法およびシステムを提供すること。
【解決手段】空気分離ユニットが空気を酸素富化ガスおよび酸素貧化ガスに分離する。燃料ガスおよび酸素富化ガスを、高温の煙道ガスが流れる熱交換器で予備加熱する。前記予備加熱された燃料および酸素富化ガスの燃焼は、高温の煙道ガスをもたらす。その高温の煙道ガスは、熱交換器で冷却され、廃熱ボイラーを通って流れる。廃熱ボイラーを通って流れる水および/または水蒸気は、冷却された煙道ガス由来のエネルギーを吸収し、それにより、過熱蒸気を作り出す。その過熱蒸気は電力を作り出すためにタービンを通って流れる。その電力は空気分離ユニットに伝達され、そのようにして、空気を分離するのに必要とされる空気分離ユニットの電力要求を減少させる。 (もっと読む)


本発明は、危険な状況において加圧されたガスを放出するためのバルブを構成する安全装置に関し、加圧されたガス源(G)に接続される第1上流端と外部の大気に接続される第2下流端との間を長手方向に延びるガス流路を画定する本体を含み、装置は、平常状況で上流端と下流端の間のガスの流れを防ぐための流路に位置したプラグを含み、プラグは、所定の閾値を超える圧力および/または温度に晒される危険な状況の場合にガスのために経路を解放するように形成され、上流の方向から下流の方向へ、流路は、異なるそれぞれの横断寸法(d,D)を有している2つの上流及び下流の隣接流れ部をそれぞれ含み、下流部の横断寸法Dと上流部の横断寸法dとの間の比率D/dは1.4〜11であり、2つの隣接部の合流点は、流路の横断寸法において不連続を形成し、下流部の長さLとこの下流部の横断寸法Dとの間の比率L/Dは15〜100であることを特徴とする。 (もっと読む)


51 - 60 / 438