説明

石川県により出願された特許

31 - 40 / 70


【課題】 鉛の低減、あるいは鉛フリー化を図りながら、優れた摩耗摩擦特性や耐焼付性を実現することが可能な青銅合金及び摺動部材を提供する。
【解決手段】 本発明の青銅合金では、金属組織中にα銅と銅スズ系金属間化合物が積層された微細積層構造を有するとともに少なくともビスマスを含有する金属微粒子(微細ビスマス粒等)が分散析出した共析相が出現している。層状共析相の割合は10面積%〜70面積%である。また、組成の観点からは、銅とスズを主成分とする青銅合金であって、ニッケル、ビスマス、及び硫黄を添加元素として含有し、ニッケルの含有量は0.5質量%〜5.0質量%、ビスマスの含有量は0.5質量%〜7.0質量%、硫黄の含有量は0.08質量%〜1.2質量%である。スズの含有量は8質量%〜15質量%であることが好ましい。さらに鉛を4質量%以下の割合で含有していてもよい。本発明の青銅合金は、摺動部材(例えば油圧シリンダブロック)の摺動面に使用される。 (もっと読む)


【課題】ワークの加工の際に吸引手段を動作させなくてもワークをワーク載置部に吸着させてワークがワーク載置部からずれるのを抑制し、また、ワークを移動させる際には、ワークをワーク載置部に吸着させたまま移動させることができ、工作機械における加工部品の生産性を向上させる。
【解決手段】吸引孔11を有するパレット10の近傍にタンク部20が配設される。吸引経路12とタンク部20とが連通管40で接続される。パレット10及びタンク部20が支持部30で一体に支持される。そして、予め空気を真空ポンプPによってタンク部20を負圧にしておくことにより、連通管40を通じて吸引経路12を負圧に保持し、パレット10にワークWを吸着させる。 (もっと読む)


【課題】 魚醤油の含有するタンパク等の旨味成分を損なうことなく、効果的に魚醤油中の重金属類を除去し、調味料として、或いはこれを原料にして有効利用を図ることのできる魚醤油の重金属除去方法を提供することを目的とする。
【解決手段】 本発明の魚醤油中の重金属除去方法は、魚醤油に食品添加物のタンニン又はタンニンを含む食品添加物を添加し、固液分離をして、魚醤油から固形物を除去する。タンニンの量は、魚醤油1に対して重量比0.001〜0.5の割合で添加するのが好適である。 (もっと読む)


【課題】ワークの回転とレーザ光発生装置との制御を図りながら、ワークの外周又は内周を同時かつ均一、高速に溶接することが可能なレーザ溶接方法及びレーザ溶接装置を提供する。
【解決手段】 ワークWを回転自在に支持する回転テーブル9と、ワークWの外周の複数のレーザ光発生装置3の各々をワークWを中心位置とする放射状の内外に移動させる移動テーブル7とを備え、高速回転するワークWに対して複数のレーザ光発生装置3の各々のレーザ光を同一箇所に繰返し照射して溶接する。このとき、レーザ光発生装置3と回転ワークWとの距離が等しくなるように、ワークWの大きさや形状に合わせて制御する。 (もっと読む)


【課題】保持容器内における溶湯が輻射する熱の影響を受けにくく、溶湯面と距離センサとの距離を正確に測定することができ、この測定結果に基づいて差圧を制御し、仕上がりの良好な鋳物を製作する。
【解決手段】砂型を収納する収納容器30は、ストーク40の上端40aが貫通し、砂型を装着可能に上部が開口する本体31と、本体31の開口を閉塞可能な蓋体32とを有している。移動装置50は、蓋体32を、本体31の上方から退避する退避位置と、本体31の開口を閉塞する閉塞位置とに移動させるよう構成されている。そして、蓋体32を退避位置に移動して、次の砂型を収納容器30に収納する際、移動装置50と一体に移動する距離センサ60により、保持容器30内の溶湯面Mの距離Lを測定し、該測定結果に基づき、制御装置70が次の鋳造に際しての差圧を設定する。 (もっと読む)


【課題】 早期栽培であっても、蔓を損傷させたり、スイカに栄養分が十分に与えられなくなる等の問題を回避しつつ、スイカの皮の境目近くまで甘くし、果肉全体を甘くする。
【解決手段】 スイカの果実Kを取り囲むように配される上蓋12f又はカバー12を有する保温容器A1と、保温容器A1内に加温する加温手段が配され、夕方から翌日の早朝にかけての夜間は保温容器A1の上蓋12f又はカバー12を閉じて加温手段5による加温を行い、昼間の日の当たる時間帯は上蓋12f又はカバー12を外して加温手段5よる加温を停止する。なお、保温容器A1には上下に延びるスリット12cが設けられ、果実Kの成長とともに蔓Tが自由に移動できるようにしている。 (もっと読む)


【課題】植物ベンジルイソキノリンアルカロイドを産生する方法を提供すること。
【解決手段】ドーパミンを基質とし、モノアミンオキシダーゼ、ノルコクラウリン6-O-メチルトランスフェラーゼ、コクラウリン-N-メチルトランスフェラーゼおよび3'-ヒドロキシ-N-メチルコクラウリン-4'-O-メチルトランスフェラーゼを作用させることを含む、レチクリンを生産する工程、および、得られたレチクリンを出発物質とし、イソキノリンアルカロイド生合成酵素を作用させる工程を含む、イソキノリンアルカロイドの製造方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】エクストルーダー処理時における圧力を低圧で処理することにより、抽出効率の優れた栗皮処理物を得る。
【解決手段】栗の鬼皮および栗の渋皮の少なくともの1つの栗皮を含む組成物を、1軸または2軸エクストルーダーにより加工して栗皮処理物を得る栗皮の処理方法であって、そのエクストルーダー加工時において、組成物に作用する圧力が0kg/cm〜10kg/cm、組成物の加工温度が80℃〜130℃、組成物に含まれる水の含有量が30%〜50%である。 (もっと読む)


【課題】透明性と耐水性に優れたインク受容層を設けたインクジェット記録に好適な記録用シートの製造方法の提供。
【解決手段】支持体上に、ポリビニルピロリドンとエチレン性不飽和基およびカルボキシル基を含有するアニオン性モノマーと重合開始剤とカルボキシル基と反応しうる官能基を有する架橋剤とを含有する塗工液を塗布し、加熱重合することで、架橋したアニオン性ポリマーを含むインク受容層を設けるインクジェット記録用シートの製造方法。 (もっと読む)


【課題】各光成分の偏向調整作業が簡単で、出力されるレーザ光の各光成分の平行度を向上させることができ、ロール方向の位置偏差の測定精度を向上させる。
【解決手段】2枚の平面鏡4,5を有する反射鏡2と、互いに直交する2つの直線偏光を入力して分光する偏光ビームスプリッタ8及び分光した各光成分を平面鏡4,5に対して垂直に入反射するように屈折させるバイプリズム6を有し、各光成分をバイプリズム6と反射鏡2との間で2往復させてから出力するレーザ干渉部3とを備えたレーザ干渉計1において、レーザ干渉部3は、各光成分が最初に往復する際に一方の光成分が通過し、各光成分が次に往復する際に他方の光成分が通過するよう、偏光ビームスプリッタ8とバイプリズム6との間に配置され、通過する光成分の偏向方向を調整自在とする一対のウェッジプリズム15a,15bを有する偏向部15を備えた。 (もっと読む)


31 - 40 / 70