説明

広島県により出願された特許

41 - 50 / 101


【課題】未確立の状態であった,果樹の樹液流速の変化パターンからの水ストレスの判別方法を開発・提供し、生産者のより精密な灌水判断を促すことにある。
【解決手段】果樹において、該樹の樹液流速を測定し、該樹液流速の変化パターンから水ストレスの兆候を判別することを特徴とする果樹における水ストレスの判別方法であり、樹液流速の変化パターンは、日々測定・表示する樹液流速の測定値から得られた勾配の変化に基づくものであり、樹液流速の勾配は、午後の樹液流速値と午前の樹液流速値とを指標とした傾き値であり、樹液流速の勾配の傾き値が、午前中の最高の測定値上位3点の平均値を、午後の最高の測定値上位3点の平均値で除したものである。 (もっと読む)











41 - 50 / 101