説明

紀本電子工業株式会社により出願された特許

1 - 10 / 19






【課題】空気力学的粒径が特に2.5μm以下の浮遊粒子状物質を含む浮遊粒子状物質含有空気を安定して得ることができる浮遊粒子状物質発生装置の提供。
【解決手段】多数の浮遊粒子状物質を発生させる装置であって、浮遊粒子状物質の基となる粒子状物質を溶質とする溶液を供給する溶液供給部と、第1電位が付与され、溶液供給部から供給された溶液を液滴として先端の孔から放出する毛細管状の第1電極と、第1電位に対して所定の電位差を有する第2電位が付与され、孔に対し所定の間隔をおいて対向配置され、粒子状物質を含む液滴が通過可能な構造を有する第2電極と、第1電極と第2電極に所定の電位差を発生させる電圧印加部と、第1電極から第2電極に向かう空気流を発生させる空気流発生部とを備える。 (もっと読む)



【課題】浮遊粒子状物質の重量測定に供する空気を除湿する際、浮遊粒子状物質における水分以外の揮発成分の揮発を抑えることができる浮遊粒子状物質測定装置を提供する。
【解決手段】粒径が所定値以下である微小粒子と粒径が所定値を超える粗大粒子とからなる、大気中の浮遊粒子状物質のうち微小粒子を捕集して、捕集した微小粒子の質量を測定する装置であって、浮遊粒子状物質を含む試料大気を吸引し、吸引した試料大気から粗大粒子を除去して、微小粒子を含む微小粒子含有空気を得る分級手段と、微小粒子含有空気に、浮遊粒子状物質が除去され非加熱乾燥処理で生成された乾燥空気を混合器で混ぜ合わせて混合空気を生成することにより、混合空気中の微小粒子を非加熱で除湿する乾燥手段と、混合空気を第1のフィルタに導いて、微小粒子を第1のフィルタ上に捕集する捕集手段と、第1のフィルタ上に捕集された微小粒子の重量を測定する重量測定手段とを備える。 (もっと読む)



【課題】 大気中に含まれる硝酸イオンおよび硫酸イオンの含有量を、自動的に測定することができる浮遊粒子状物質測定装置およびこれを用いた浮遊粒子状物質測定方法を提供することである。
【解決手段】 浮遊粒子状物質測定装置10は、フィルタ12と、吸引部13と、抽出部14と、測定部16と、記録部17とを含んで構成される。吸引部13は、大気中の空気を一定流量で吸引することによって、大気中に含まれる粒子状物質11をフィルタ12に吸着させる。抽出部14は、フィルタ12に吸着された粒子状物質11を溶媒で溶解させることでその成分を抽出し、溶液として回収する。測定部16は、抽出部14で回収された溶液に含まれる硝酸イオンの量、および硫酸イオンの量の少なくともいずれか1つを測定し、測定結果を出力する。記録部17は、測定部16が出力した測定結果を記録する。 (もっと読む)



1 - 10 / 19