説明

日本ゲームカード株式会社により出願された特許

101 - 110 / 144


【課題】表示ユニットを設けた遊技機の利点を活かした各種情報の表示を可能にしつつも、表示ユニットを設けていない遊技機の場合の各種の情報を表示できないという不都合を防止する。
【解決手段】遊技者の操作に応じてカードユニット側で実行される制御に応じた状況(カードの問合せ中や玉の移動中)をカードユニット側において表示するとともに、パチンコ機側においても表示させるべく、カード挿入処理中や加算要求玉数=5000などの動作指示をパチンコ機へ送信する。 (もっと読む)


【課題】当日のみ使用可能な持玉数を管理する持玉システムと当日及び翌日以降も使用可能な貯玉数を管理する貯玉システムとを導入するにあたり、該玉数を含む情報の確実なやり取りが担保できるような中継装置を提供する。
【解決手段】中継装置10は、会員カードが挿入(Sb01)された景品交換装置40から会員カード挿入通知(Sb02)を受信すると、カード受付装置30におけるビジタカードの受付を禁止するためのカード受付禁止要求(Sb03)を送信し、景品交換処理(Sb31)を行った景品交換装置から処理結果通知(Sb32)を受信すると、カード受付通知におけるビジタカードの受付を許容するためのカード受付許諾要求(Sb48)を送信する。 (もっと読む)


【課題】封入玉式の遊技機で獲得した持点の共有を行なう場合の稼働の低下を防止する。
【解決手段】遊技中に持点(遊技玉数)を共有するべく共有する持点を記録したストックカードBをカード挿入排出口から排出する前に、既に挿入されている遊技者のカードAの持点をCU側に移した上で、カードAを排出する。これにより、共有処理中であっても、CU側に移した持点(遊技玉数)を用いて遊技を続行できるようにした。 (もっと読む)


【課題】持点式の遊技機を導入している遊技場の経済的負担を軽減することである。さらなる目的は、通信の異常終了に伴う遊技用装置と遊技機との間でのデータの不整合の問題を解決することである。
【解決手段】持点式のP台(遊技機)と接続されるCU(カードユニット)は、P台で遊技に使用可能とされる遊技玉数を記憶する。P台からCUに対して、入賞等に応じた加算玉数および弾球に応じた減算玉数の情報を200ms毎に送信する。これを受信したCUは、遊技玉数を更新し記憶する。通信の異常終了後のリカバリ処理で、P台から送信されてきた前回玉関連情報と現在玉関連情報とに基づいてCUが遊技玉数を補正し、その補正後の遊技玉数合わせるための遊技玉補正ON、遊技玉=300を含む通信開始要求をP台へ送信する。 (もっと読む)


【課題】 浄化された十分な量の空気が遊技者の全身に届くようにするとともに、浄化された空気によって形成されるエアーカーテンが隣接する遊技台との間を確実に遮断する。
【解決手段】 ルーバー30の流体取り入れ口61,62の幅G1に対して、流体吐き出し口63,64の幅G1が小さく形成されている。 (もっと読む)


【課題】持点式の遊技機を導入している遊技場の経済的負担を軽減する。
【解決手段】持点式のP台(遊技機)と接続されるCU(カードユニット)は、P台で遊技に使用可能とされる遊技玉数を記憶する。P台からCUに対して、入賞等に応じた加算玉数および弾球に応じた減算玉数の情報を200ms毎に送信する。これを受信したCUは、遊技玉数を更新し記憶する。 (もっと読む)


【課題】持点式の遊技機を導入している遊技場の経済的負担を軽減する。
【解決手段】持点式のP台(遊技機)と接続されるCU(カードユニット)は、P台で遊技に使用可能とされる遊技玉数を記憶する。P台からCUに対して、入賞等に応じた加算玉数および弾球に応じた減算玉数の情報を200ms毎に送信する。これを受信したCUは、遊技玉数を更新し記憶する。CUとP台との間で通信不能状態が発生した後通信不能状態を解消させてCUとP台との間でのデータの整合性を回復させる復旧処理が実行されるまでの間において、P台での遊技データの変化量を特定可能なリカバリデータがCUに送信され、CUでは、そのリカバリデータ基づいて記憶している遊技データを更新する。 (もっと読む)


【課題】持点式の遊技機を導入している遊技場の経済的負担を軽減する。
【解決手段】持点式のP台(遊技機)と接続されるCU(カードユニット)は、P台で遊技に使用可能とされる遊技玉数を記憶する。P台からCUに対して、入賞等に応じた加算玉数および弾球に応じた減算玉数の情報を200ms毎に送信する。これを受信したCUは、遊技玉数を更新し記憶する。CUは、P台のガラス扉を開放させる場合、はじめに打球発射禁止指示を送信し、浮遊玉処理のためのウエイト時間経過後にロック解除指示を送信する。 (もっと読む)


【課題】持点式の遊技機を導入している遊技場の経済的負担を軽減する。
【解決手段】持点式のP台(遊技機)と接続されるCU(カードユニット)は、P台で遊技に使用可能とされる遊技玉数を記憶する。P台からCUに対して、入賞等に応じた加算玉数および弾球に応じた減算玉数の情報を200ms毎に送信する。これを受信したCUは、遊技玉数を更新し記憶する。P台は、先に送信した加算玉数および減算玉数の情報が未達の場合、未達の情報を次に送信する情報に合算して送信する。 (もっと読む)


【課題】持点式の遊技機を導入している遊技場の経済的負担を軽減する。
【解決手段】持点式のP台(遊技機)と接続されるCU(カードユニット)は、P台で遊技に使用可能とされる遊技玉数を記憶する。P台からCUに対して、入賞等に応じた加算玉数および弾球に応じた減算玉数の情報を200ms毎に送信する。これを受信したCUは、遊技玉数を更新し記憶する。CUは、加算される持点に相当する持点加算指示を行なうための持点加算情報をP台へ送信してもP台において持点の加算ができないことを判別したときに、P台に対し強制的に持点の加算を行わせる強制加算情報を送信して強制加算処理を行なう。 (もっと読む)


101 - 110 / 144