説明

日本ゲームカード株式会社により出願された特許

11 - 20 / 144


【課題】状況に応じた適切な問い合わせを行うことが出来る遊技用装置を提供する。
【解決手段】遊技用装置の認証制御部は、所定の装置の識別情報を記憶する記憶手段と、所定の装置が送信する所定の装置の識別情報を取得し、取得した識別情報と、記憶手段が記憶する識別情報と、に基づいて所定の装置の認証を行う認証手段と、を備える。また、認証手段による認証が失敗だった場合には、所定の装置が送信する前記識別情報を所定の装置を認証する認証装置に対して送信し、認証装置に対して識別情報に基づく所定の装置の認証の問い合わせを行い、認証手段による認証が成功だった場合には、前記問い合わせを行わない。 (もっと読む)


【課題】2つの制御装置それぞれに情報を読み書きする場合の情報漏洩のリスクを低減した書込システムを提供する。
【解決手段】遊技用システム1は、第1の制御装置に対して情報を書き込む第1の書込装置と、前記第2の制御装置に対して情報を書き込む第2の書込装置と、を備える。前記第1の書込装置は、前記第1の制御装置に予め記録されている所定情報を読み取る読取手段と、前記読取手段が読み取った前記所定情報を前記第2の書込装置に送信する送信手段と、を備え、前記第2の書込装置は、前記送信手段から送信された前記所定情報を前記第2の制御装置に対して書き込む書込手段を備える。 (もっと読む)


【課題】状況に応じた適切な問い合わせを行うことができる遊技用装置を提供する。
【解決手段】遊技用装置の認証制御部は、所定の装置を識別する識別情報を記憶する記憶手段と、所定の装置が送信する所定の装置の識別情報を取得し、取得した識別情報と記憶手段が記憶する識別情報とに基づいて所定の装置の認証を行う認証手段と、所定の装置が送信する識別情報を認証装置に対して送信し、認証装置に対して識別情報に基づく所定の装置の認証の問い合わせを行う問い合わせ手段と、を有する。認証装置は、認証制御部に問い合わせ手段を制御するための制御情報を供給し、問い合わせは、制御情報の内容に応じて、行うか否かが決定される。 (もっと読む)


【課題】複数の制御装置間での認証を行なう上で必要となる認証用情報の漏洩を極力防止してセキュリティの向上を図る。
【解決手段】CU制御部とセキュリティチップと通信制御ICとの間でチャレンジレスポンス方式の認証を行なう。CU制御部がセキュリティチップをチャレンジレスポンス方式で認証するばかりでなく、セキュリティチップがCU制御部をチャレンジレスポンス方式で認証する。また、セキュリティチップが通信制御ICをチャレンジレスポンス方式で認証するばかりでなく、通信制御ICがセキュリティチップをチャレンジレスポンス方式で認証する。 (もっと読む)


【課題】実際に遊技をしている遊技者とは異なる遊技者のデータを集計してしまう不都合を防止する。
【解決手段】CUがP台と接続されて通信が開始された際にCUから送信されてきた遊技者特定情報としてのカードIDとカードリーダライタにより読取られたカードIDとにより同一の遊技者が特定されかつカード挿入時刻も一致すると判定されたときに、P台側において記憶されている持点を現時点での持点として記憶する。 (もっと読む)


【課題】遊技機の表示制御負担を軽減させるとともに、通信不能状態の発生に備えた強固なシステムを提供する。
【解決手段】P台に設けられた表示器をCUが制御する。P台とCUとが通信不能となった後復旧したときに、補正後の遊技玉数と最終送信通番を含むリカバリデータがP台から送信され、それを受けたCUが、CU通番とP台がわからの最終送信通番との比較結果に基づいて遊技玉数を補正して表示器に表示する。 (もっと読む)


【課題】或る種類の方式による相互認証のセキュリティが破られたとしてもそのことのみによって相互認証の監視をかいくぐる不正行為を許してしまう不都合を防止する。
【解決手段】基板シリアルID認証シーケンスと機器認証シーケンスとの相互認証処理を実行し、基板シリアルID認証シーケンスと機器認証シーケンスとの認証結果を総括して通知する。 (もっと読む)


【課題】遊技機の表示制御負担を軽減させるとともに、通信不能状態の発生に備えた強固なシステムを提供する。
【解決手段】P台に設けられた表示器をCUが制御する。P台とCUとが通信不能となった後復旧したときに、補正の後の遊技玉数を含むリカバリデータがP台から送信され、それを受けたCUが遊技玉数を補正して表示器に表示する。 (もっと読む)


【課題】出荷前処理段階で用いられている鍵が漏洩したとしても実稼動時段階におけるセキュリティを担保できるようにする。
【解決手段】遊技場出荷前の通信テスト電文の通信処理を実行するシーケンスを備え、遊技場に搬入された後に上位装置からダウンロードした基板認証鍵を利用して遊技機と業務伝聞通信を実行する。 (もっと読む)


【課題】第1制御手段と第2制御手段との間での相互認証を、セキュリティの担保以外の用途にも有効利用する。
【解決手段】遊技場に搬入されて最初の電源立上時に上位装置からダウンロードした基板初期鍵を用いて機器認証シーケンスを実行するものにおいて、遊技場出荷前の通信テスト電文の通信処理を実行するシーケンスを備え、電源投入後機器認証シーケンスを実行することにより、遊技場出荷前で基板初期鍵が未取得の場合には、前記機器認証シーケンスでNGの認証結果が出て、それにより通信テスト電文の通信処理シーケンスを実行するように制御する。 (もっと読む)


11 - 20 / 144