説明

日本ゲームカード株式会社により出願された特許

71 - 80 / 144


【課題】不正に対するセキュリティを向上させた管理システム及び管理装置を提供する。
【解決手段】管理システム1は、自身の識別情報を記憶した集積回路を搭載した、遊技場に設置される遊技用装置と、集積回路の識別情報を照合用情報として記憶する、遊技場外に設置される第1の管理装置と、集積回路に設定されることによって集積回路が所定の処理を行うことを許可する許可情報を記憶する、遊技場に設置される第2の管理装置とを備える。管理システム1は、第1の管理装置が記憶する照合用情報と集積回路が記憶する識別情報とを照合する照合手段を備え、遊技用装置は、許可情報を第2の管理装置から取得する取得手段と、照合手段が照合用情報と識別情報とが同じ集積回路を識別すると判別した場合に取得手段で取得した許可情報を集積回路に設定する設定手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】遊技用装置自体への不正行為に基づいて遊技機識別情報の登録確認処理の結果の信憑性が低下する不都合を極力防止する。
【解決手段】遊技機チップ情報および通信制御IC情報が上位サーバに登録されているか否かのチップID認証と、CU通信制御部認証とを行ない、両認証処理の結果に基づいて前記遊技機による遊技を許容する。 (もっと読む)


【課題】遊技に係る価値情報に関する処理を行う第1処理部(玉貸発券制御部22)と第2処理部(計数制御部31)とを備え、該第1処理部から第2処理部に対して前記価値情報に関するコマンドデータの送信を行う遊技用装置において、セキュリティの高い通信を実現する。
【解決手段】玉貸発券制御部と計数制御部は同一の暗号キーを記憶しており、玉貸発券制御部は、送信するデータ要求[i]を該記憶している暗号キーで暗号化して(S2200〜S2203)、暗号化データ要求[i]を計数制御部に対して送信し(S2210)、計数制御部は、受信したデータ要求[i]を前記記憶している暗号キーで復号化し(S2220〜S2223)、玉貸発券制御部及び計数制御部は、該暗号化データ要求[i]の通信完了に応じて、前記記憶している暗号キーを、前記送受信した当該暗号化データ要求[i]に書き換える。 (もっと読む)


【課題】稼働状態中の遊技機から発生する遊技情報を予め設定された設定に基づいて判定してその遊技情報の数値が適正であるか否かの判断を行なうときの上位装置の処理負担を軽減する。
【解決手段】稼動中のパチンコ機のベースの値が適正か否か判定するための閾値を上位サーバがカードユニットへ送信してカードユニットが記憶しておき、カードユニットが稼動中のパチンコ機から発射個数情報と獲得個数情報とを受信して(S801〜S804)ベース値を算出し(S806)、そのベース値を閾値と比較して適正であるか否か判定する(S807〜S810)。 (もっと読む)


【課題】遊技用装置とサーバとが通信不可になった場合であっても集積回路のすり替えを検出する。
【解決手段】照合システムは、管理装置と、第1の遊技用装置と、第1の遊技用装置及び管理装置と通信する第2の遊技用装置と、を備える。第1の遊技用装置は、集積回路を備え、集積回路は、自身の識別情報を記憶する。第2の遊技用装置は、集積回路及び管理装置と通信可能な制御手段を備え、管理装置は、集積回路の識別情報を照合用の照合用情報として記憶する。管理装置と制御手段とが通信可能である場合、制御手段は、集積回路から識別情報を取得して記憶するとともに管理装置に送信し、管理装置は、送信された識別情報を予め記憶している照合用情報と照合し、管理装置と制御手段とが通信不可である場合、制御手段は、集積回路から識別情報を取得し、第1の処理で記憶した識別情報と照合する。 (もっと読む)


【課題】集積回路の出荷段階のすり替えを検出する。
【解決手段】管理システム1は、集積回路メーカーによって製造される集積回路に集積回路メーカーによって書き込まれる前記集積回路の識別情報を出力する第1の出力装置と、遊技用装置に使用されている前記集積回路の前記識別情報を含む遊技用装置の装置情報を出力する第2の出力装置と、前記第1の出力装置から出力された前記集積回路の識別情報と前記第2の出力装置から出力された前記装置情報とを取得する取得手段と、前記取得手段が取得した、前記集積回路の識別情報と前記装置情報に含まれる前記集積回路の識別情報とを照合する照合手段と、を備える管理装置と、を備える。 (もっと読む)


【課題】集積回路の出荷段階のすり替えを検出する。
【解決手段】遊技用装置メーカーによって製造される遊技用装置に搭載される集積回路に情報を書き込む書込装置と、集積回路の識別情報を予め記憶する管理装置と、を備える照合システムであって、集積回路は、集積回路メーカーによって製造されて遊技用装置メーカーに出荷され、書込装置は、遊技用装置メーカーで使用され、情報を記憶する記憶手段と、記憶する情報を集積回路に書き込む書込手段と、集積回路が記憶する集積回路の識別情報を読み取る読取手段と、読み取った識別情報を出力する出力手段と、を備え、管理装置は、出力手段が出力した識別情報と、管理装置が記憶する識別情報とを照合する照合手段を備える。 (もっと読む)


【課題】暗号通信に使用される鍵が漏洩したとしても、簡単な処理によって暗号通信の安全性を保つ。
【解決手段】互いに暗号通信可能な第1の制御部及び第2の制御部のうちの少なくとも一方を有する遊技用装置であって、第1の制御部及び第2の制御部は、それぞれ、暗号通信に使用する鍵をそれぞれ記憶する第1記憶領域及び第2記憶領域を備える。第1の制御部及び第2の制御部は、第1の記憶領域に記憶する鍵を用いて暗号通信を行い、第1の制御部は、外部から新たな鍵を取得し、取得した新たな鍵を、第1の記憶領域に記憶するとともに第2の記憶領域に記憶している鍵を用いて暗号化して第2の制御部に送信する。第2の制御部は、第1の制御部から受信した暗号化された新たな鍵を第2の記憶領域に予め記憶されている鍵を用いて復号して第1の記憶領域に記憶する。 (もっと読む)


【課題】遊技用装置の新規の設置又は交換があったとしても集積回路のすり替えを適切に検出する。
【解決手段】管理システム1は、第1の装置と、第1の装置と通信する遊技用装置と、第1の装置と通信する第2の装置と、を備える。遊技用装置は集積回路を備え、集積回路は自身の識別情報を記憶する。第1の装置は、集積回路の識別情報を照合用情報として記憶し、第2の装置は、新たに製造された遊技用装置の集積回路の識別情報を照合用情報として記憶する。集積回路は、識別情報を第1の装置に送信し、第1の装置は、集積回路から送信された識別情報と同じ集積回路を示す照合用情報が第1の記憶手段に記録されていない場合に、識別情報を第2の装置に送信し、第2の装置は、記憶している照合用情報と第1の装置から送信された識別情報とを照合し、照合結果を第1の装置に通知する。 (もっと読む)


【課題】集積回路の出荷段階のすり替えを検出する。
【解決手段】管理システム1は、集積回路メーカーにより製造される集積回路に集積回路メーカーで書き込まれる集積回路の識別情報を出力する第1の出力装置と、遊技用装置メーカーで製造される遊技用装置の装置情報を出力する第2の出力装置と、第1の出力装置から出力された集積回路の識別情報と第2の出力装置から出力された装置情報とを取得する取得手段と、取得した集積回路の識別情報と装置情報に含まれる集積回路の識別情報とを照合する照合手段と、照合において両識別情報が同じ集積回路の識別情報であった識別情報を含む装置情報を出力する出力手段と、を備える第1の管理装置と、第1の管理装置の出力手段が出力した装置情報を取得し、取得した装置情報を、集積回路の認証に用いる認証用情報として、記憶部に記録する第2の管理装置と、を備える。 (もっと読む)


71 - 80 / 144